映画「本能寺ホテル」~出演者・キャスト情報一覧(2017年劇場公開)


スポンサーリンク
スポンサーリンク

映画・本能寺ホテルは、日本史上最大の謎と言われる「本能寺の変」の前日の1日を描き、その謎に迫る完全オリジナルストーリーの新作で、2017年1月14日公開予定です。
2016年7月上旬にクランクインし、8月下旬に撮影を終了。
撮影は全編が京都・滋賀にて行われました。

スポンサーリンク



結婚を控えた現代の女性が、ふとしたきっかけで宿泊することになる本能寺ホテル。
そして「本能寺の変」の前日にタイムスリップし、織田信長に会ったら、果たして信長を救うことができるのか?という歴史ミステリー映画となっています。

本能寺ホテルの出演者(キャスト)

敬称略・順不同

綾瀬はるか–倉本繭子
堤真一–織田信長
濱田岳–森蘭丸
風間杜夫–本能寺ホテルの支配人
平山浩行–吉岡恭一(繭子の恋人)
田口浩正–大塚(織田家家臣)
高嶋政宏–明智光秀
近藤正臣–吉岡征次郎

監督–鈴木雅之
脚本–相沢友子

と言う事で「本能寺ホテル」を映画館にて拝見して参りました。

本能寺ホテル

本能寺ホテルは、本能寺があった跡地と言う設定で、ホテルの予約日を間違えていた綾瀬はるかさん演じる倉本繭子が、宿泊先を探していて見つけたホテルとなります。
倉本繭子は、結婚の準備で、相手・吉岡恭一の実家がある京都を訪ねていたのです。

そして、本能寺ホテルのエレベーターに乗った際、ある条件が整うと、本能寺の変が起こった1582年6月1日(前日)の「本能寺」にタイムスリップしてしまうと言う設定になっています。

織田信長にひかれた倉本繭子は、最終的に明智光秀が襲撃することを教えて、逃げるように言いますが・・。

このあたりで、ストーリーはやめておきましょう。

どうぞ、映画館にてお楽しみ頂けますと幸いです。

織田信長と言う人物に迫る~【織田信長】の性格・人柄は?
森蘭丸~将来を嘱望された織田信長の小姓
明智光秀とは?数奇なその生涯~本能寺の変と最後の地「明智藪」~詳細年表
本能寺の変と織田信長・明智光秀の関係に迫る

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る