滝裕可里さんとは~NHKべっぴんさん「高西悦子」のモデルは田村光子さん

高西悦子

スポンサーリンク
スポンサーリンク

滝裕可里(たき-ゆかり)さんは、大阪市の十三出身のタレントで女優さんでもあります。
13歳のときにスカウトされ、ファッション雑誌「ラブベリー」の創刊時から専属モデルとして活躍なさっていました。
女優さんとしての経験も豊富で、例えば「花咲舞が黙ってない」でも出演しており、とても演技力も豊かで笑顔が素敵な方と言う印象です。
朝ドラは「てるてる家族」「瞳」についで3回目のご出演になるそうです。

そのNHKの2016年後期・朝ドラ「べっぴんさん」では「悦子さま」と呼ばれる高西悦子(たかにし・えつこ)を演じます。

この高西悦子は、ヒロイン・坂東すみれが女学校に通っていた際の同級生で、何かにつけて坂東すみれを意識すると言う設定です。

しかし、そんなお嬢様も戦争と言う渦に巻き込まれ、高西悦子(滝裕可里さん)は、家も夫も戦争で失います。
そのため、戦後は子供を養うためにキャバレーで働きますが、やがて子供用品店「キアリス」の開店を準備している板東すみれ(芳根京子さん)と再会するのです。
そして、大急百貨店に出店するため、ファッションショーを開催するのですが、そのモデルとして高西悦子(滝裕可里さん)が貢献すると言う事になります。
その後、キアリスにて接客を担当します。

戦後まもない頃は、ファッションショーに出るようなプロのモデルさんはいません。
その頃は、キャバレーで働いていた女性がショーに抜擢されることがおおかったそうなので、このような設定になったと考えられます。
麗子と言うお店に出入りしていた派手な女性客が、ショーに出演するモデルとして連れて来た友人が、高西悦子(滝裕可里さん)となります。

そんな、高西悦子の実在モデル・モチーフは、田村光子さんと言う女性です。
ちなみに、キャバレーでは働いていません。
実在の田村光子さんのご主人は、高島屋を創業した飯田家の田村陽(飯田陽)さんで、戦争でも戦死はしていませんので、念のため記載しておきます。

この田村光子さんは主人公の実在モデルである、坂野惇子さんより11歳上で、ファミリア創業メンバーのひとりです。
田村光子さんは、大阪の洋反物問屋である「田村駒」を創業した初代・田村駒治郎の長女で、もちろんお嬢様でした。

しかし、戦後には生地が手に入らず、自分の服を解いて子供の服を作っていました。
このように田村光子さんは洋裁家から学んだ洋裁はプロの腕前で、頼まれて縫製の仕事を引き受けるようになったと言います。

なお、田村光子さんの義理の妹(夫の妹)にも手芸と洋裁が得意な田村枝津子(田村江つ子)さんがおります。
この田村枝津子さんは、ドラマの中ではモモクロの百田夏菜子さんが演じる多田良子となります。

そのような腕も見込まれて、坂野惇子さんと、田村江つ子(田村枝津子)さんから、手芸店を創業したいと相談を受け、田村光子は「ベビーショップ・モトヤ」の創業に加わりました。、
そして、創業時から生産責任者を務めていますが、商売に明るかったのは、商家出身の田村光子だけだったので、頼れる存在でもあったようです。

田村光子さんは、長年のあいだ生産責任者としてファミリアの品質を守り、満70歳である昭和52年(1977年)3月29日に名誉顧問へと退きました。

その後、阪神大震災が起きたあと、1995年10月26日に入院中の病院で亡くなっています。享年88。

スポンサーリンク



ドラマの中では、主人公・坂東すみれの成長に魅了され、協力するようになる高西悦子を演技する滝裕可里さんにも注目ですね。

坂東すみれのモデル坂野惇子さんとは~子ども服専門店ファミリアの創業者【べっぴんさん】
NHK朝ドラ「べっぴんさん」のヒロインに選ばれた芳根京子さんとは?
谷村美月さんとは~NHKべっぴんさん「小野明美」のモデルは大ヶ瀬久子さん
土村芳さんとは~NHKべっぴんさんで田坂君枝を演じる将来有望な新鋭女優さん
多田良子の実在モデルは田村枝津子(田村江つ子)さん~キアリス創立メンバー
ぺっぴんさんで水商売風のお得意様「麗子」を演じる女優「いちえ」さんとは?
田坂君枝の実在モデルは村井ミヨ子(中井ミヨ子)さん【ぺっぴんさん】
ぺっぴんさん放送の「今後のあらすじ」ストーリー・展開・ネタバレ
べっぴんさん~キャスト・出演者一覧リスト【朝ドラ】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 オリジナル書籍
柳生一族
2016年10月、書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

2016年8月、戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る