尼子真之介とエグザイルAKIRAさん~映画「たたら侍

たたら侍

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年5月20日公開予定の映画「たたら侍」(たたらざむらい)に登場する武将に尼子真之介がおります。

今回、映画「たたら侍」に登場する尼子真之介と言う武将は、実在した武将なのか?、またどんな武人なのか?を調べてみました。

まず、EXILE(エグザイル)のダンサーであるAKIRAさんが、尼子真之介を演じらる訳ですが、AKIRAさんは、過去にも戦国時代劇にて武将を演じられたご経験があります。
それは、NHKの大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」(2011年)での、豊臣秀勝役です。
豊臣秀勝と言うのは「岐阜宰相」とも呼ばれた、豊臣秀次の実の弟にあたります。

スポンサーリンク



今回は、尼子真之介(あまこしんのすけ)と言う事ですが、AKIRAさんは甲冑姿もお似合いです。
この尼子真之介は、尼子一族の残党と言う設定で、尼子勢として、たたらの村を守ってきたと言う事になります。
そして、村を出ようとする青柳翔さんが演じる伍介に対して「玉鋼」を生み出す、たたら吹きの技術を守るため、村下(むらげ)に残るべきだと訴えるようです。

さて、映画の中での尼子真之介はと申しますと、たたらの村と四周隣村を領した尼子一門最後の領主と言う事です。
尼子真之介の家は、尼子家中の中でも、鋼(はがね)の尼子と称されていました。
しかし、尼子一門でありながら、領地はわずか五ヶ村と、馬廻衆と同等の小規模領主にすぎませんでした。
そして、嗣子がない場合には、尼子宗家から養子を迎えるのがしきたりでしたが、一目おかれる家であると言う事です。

やがて、毛利元就らの軍勢に攻められて尼子家が降伏すると、家を継いだばかりの尼子真之介も村を去っていきます。

その後、尼子牢人衆は京に逃れると、織田信長を頼り、山中鹿之介らが尼子宗家の血をひく尼子勝久と蜂起して、旧領回復へと反撃します。
この時、尼子真之介も、一時は村に戻ってくると言う設定になっているようです。

しかし、播磨・上月城の戦いにて、尼子勝久は敗れて自刃、山中鹿之介は捕まったあと殺害されますが、尼子真之介も行方知れずとなりました。

そのため、たたら村は、村人たちが独自に守っていくしかなくなるのですと言うのが、映画「たたら侍」のストーリーのようです。

と言う事で、尼子真之介と言う武将は、どうやら架空の人物(創作)のようですので、実在はしなかった模様です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作

戦国浪漫・戦国グッズ

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり。
戦国武将シャツ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販
ページ上部へ戻る