あらすじ 花燃ゆ「第14回(第14話)」松下村塾の秘密


スポンサーリンク
スポンサーリンク

shinsaku 高杉晋作にございます。
 皆様、お久しぶりです。

 さて、今回は、NHK大河ドラマ花燃ゆ」の第14回の「あらすじ」と言う事ですが、そのタイトルは「松下村塾の秘密」です。

 松下村塾に秘密なんてあったかな?と思うのですが、このような事らしいです。

 大老・井伊直弼が朝廷の許可なく「日米修好通商条約」を結んでしまいましたが、それに反感した孝明天皇は、勝手に調印するなと言う勅諚を、幕府ではなく「水戸藩」に対して出します。

 すごいですね。天皇が政治に口出しする事じたい、異例とも言えるのですが、それを水戸藩と言う「藩」に対して指示した訳ですからね。

 これに怒った井伊直弼は、老中・間部詮勝に「幕府の政治に異議を唱える者は、全員捕縛しろ」と命じるのです。
 いわゆる「安政の大獄」です。

スポンサーリンク



 そして、京都では梅田雲浜殿と赤禰武人が幕府に捕まってしまったのです。
 ちなみに、京にいた久坂玄瑞も行方不明となってしまいました。

 これには、吉田松陰先生も、こんな幕府の強硬なやり方をほっておいては、いよいよ日本の行く末が本当に危ないと感じたようで、長州藩に意見書を毎日のように提出しました。

 でも、罪人・吉田寅次郎の身を案じた、周布政之助様と小田村伊之助様は、長井雅樂に反対されたこともあり、意見書を留め置いていたのです。

 「僕の思いは届かない・・」と、吉田松陰先生は感じて、松下村塾の塾生たちに「討つべきは、京で志士を弾圧している老中・間部詮勝だ」として、塾生に同志を募ります。

 そして、同志の血判書を吉田稔麿が代表して周布政之助様に提出しましたが、今はまだその時ではないと感じていたようで、逆に吉田稔麿もお役御免となってしまいます。

 要するに、松下村塾は、単なる勉強の場から、尊王攘夷を志す同士が実行を計画する場へと変化してしまったのですね。
 これが「秘密」だったのです。
 私は、そうは感じていなかったのですけど・・。

 そして、そんな計画を知る事となった藩は、吉田松陰の行動を塞ぐために、再び野山獄に入れる事となったのです。

 ここまでが、14話の流れです。

 以上、ご覧頂きまして、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

ページ上部へ戻る