あらすじ 花燃ゆ「第16回(第16話)」涙松の別れ 吉田松陰が江戸に送られる


スポンサーリンク
スポンサーリンク

shinsaku 高杉晋作でございます。
 今日は、われら松下村塾の門下生にとっては、大変衝撃的で、とても悲しい出来事であった、吉田松陰先生が江戸で打首になる話へと、いよいよ突入して行きます。
 今から、涙が溢れそうですが、最後までご覧頂けますと幸いに存じます。

 NHK大河ドラマ「花燃ゆ」の16回「あらすじ」は下記の通りとなります。

 脱藩して捕まった野村靖と、自分が首謀者だとして自首した入江九一の兄弟は岩倉獄に入れられました事もあり、松下村塾の塾生は江戸に行って情報収集したりしたため、松下村塾は荒は果てたと言います。
 そんなところへ、江戸幕府から吉田松陰を江戸に送致するようにと言う命を、江戸藩邸から長井雅樂が萩へもたらしました。

 江戸では私・高杉晋作や、周布政之助様らが、露見してしまった吉田松陰先生の老中・間部詮勝暗殺計画に対して、どの程度の事を知っているのか探りを入れましたが、不明なままでした。

 吉田寅次郎の身柄の江戸送致には、さすがの父・杉百合之助殿も、寅次郎は死罪となることを覚悟していると見抜いていておられたです。

 吉田松陰先生は、江戸に送られる直前、門下生の松浦松洞に自分の肖像画を何枚も描かせました。その肖像画は門下生などに分けられ、現存するのが良く知られる松陰先生の肖像画です。

 syouin

 久坂玄瑞杉文殿らは野山獄に集まって、高須久子さんらと先生に最後の別れをしました。

スポンサーリンク



 そして、人が非常に良い牢番・福川犀之助殿のご配慮もあり、江戸に送られる前の日の晩、一夜だけ先生は杉家に戻る事ができました。

 萩から江戸に送られる途中には、護送人の心遣いにより「峠」で、籠から出る事を許されて、萩のご城下を見収めました。
 有名な「涙松の別れ」です。

 以上、16話のあらすじでしたが、17話からはいよいよ、江戸での尋問が始まり、吉田松陰先生は堂々と隠さず間部詮勝の暗殺計画を練った事も述べ、大老・井伊直弼の政策を批判してしまいます。
 そのため、打首となりましたが、その4か月後、井伊直弼も桜田門外の変で水戸浪士に討たれると言う混沌とした時代に入ってきます。
 そして、いよいよ、坂本龍馬殿が杉家に手紙を届けに来ると言うシーンも登場して参りますので、これからも楽しみですぞ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

注目の情報

  1. 2017年前期の朝ドラ(2017年4月3日スタート)であるNHK・朝の連続テレビ小説「ひよっこ」のヒ…



 スポンサーリンク

Twitter

ページ上部へ戻る