山口達也さん書類送検「最新情報」新事実と記者会見の要点と「契約解除」

山口達也さん

スポンサーリンク
スポンサーリンク

人気アイドルグループ「TOKIO」のメンバー山口達也さん(46歳)による、強制わいせつ容疑の事件(2018年2月)ですが、初日の報道以降、新しくわかってきたことを、できる限り簡潔にまとめたいと存じます。
各出典元は記事の最後に一覧としてリストアップさせて頂きます。

被害者は「Rの法則」共演者の女子高生

キスを迫られた被害者は、NHKのEテレにて放送されていた教養バラエティー「Rの法則」に出演している女子高生であることが報道されています。
NHKは「Rの法則」の4月25日と26日の放送中止を発表し、その後は未定としました。
しかし、知り合ったきっかけがこの番組だったことから、単に司会者を代えれば良いと言うことでもなく深刻な状態ですので、番組は再開されることなく、打ち切りが濃厚だと言う報道が目立ちます。

事件当日の新たな情報

事件当日の状況が詳しくわかってきました。

サンケイスポーツや日刊スポーツなどの報道をまとめますと、事件当日は「Rの法則」の打ち上げのあとだったとのことです。
※この打ち上げは別の日で誤報である可能性もあります。
いずれにせよ、東京都港区麻布辺りに住む山口達也さんは自宅となる高層マンションの部屋に、女子高生を呼びました。
読売新聞の報道によると、女子高生の体を両手で押さえつけたり、無理やりキスしたりしたとされます。
被害に遭った女子高生は山口達也さんから迫られたため、トイレに駆け込んだと言います。
そして、携帯電話で母親に助けを求め、部屋に駆けつけた母親が、娘たちを連れ出しました。

FNNの情報によりますと、女子高生が部屋に入るなり、卑わいな言葉を投げかけて、2人は驚いて立ちすくんでいたと言います。
トキオ山口達也さんは、当時、酩酊(めいてい)状態で「何もしないなら帰れ」などと怒鳴りつけたとも報道されています。

記者会見によると、肝臓を休めると言う治療で2018年1月15日頃より約1ヶ月間「入院」していたと言います。
その間、病院から仕事に通っていました。
退院することになった2月12日(祝)の当日、山口達也さんは「入院先」からZIP!の仕事を終えたあと、仕事が入っていなかったため、昼ご飯を購入して自宅に戻ったと言います。
しかし、昼くらいからちょっとお酒を飲もうかなとなり、夕方まで、ひとりで、お酒を飲んでいたと言います。
焼酎1本くらい飲んだと本人が述べていますので、かなりの量だと存じます。
そして、被害者に電話したところ、家に来ないかな?と言うことになり、彼女が「友人を連れて行っていいか」と言うので「もちろんいいよ」と友人を連れて来ると言う話になったといいます。
その時間は、警察からあとで言われたのは20時頃だったとの本人の話です。(※泣きながらの発言で聞き取りにくかったため、一部の新聞社などでは2時とも掲載されています)
未成年ということは分かっていたと述べていますので、酔っていたとは言え、その点はきちんと理解していたようです。
こうして、女子高生2人を呼び出して、リビングにて30分~60分ほど3人で話をしているうちに、被害女性にキスをしたと、弁護士と本人より説明がありました。
キスをしたことは、間違いないということになります。
ただ、酒に酔っていた本人はよく覚えておらず、目がさめたら2人はすでにいなかったと言い、事件性があることをしたとは、警察から3月末に連絡があるまで思っていなかったと述べています。



なお、麻布署が検察に書類送検したのは、先週と言いますので、2018年2月の事件のあと、加害者と被害者の双方から事情聴取したうえで、送検したのは2018年4月15日~4月21日くらいの間と言うことになり、そのあと示談が成立したと見られます。
ただし、女子高生の両親が激怒しており、当初、示談には応じない意向だったと言います。

番組の打ち上げは、事件のあと3月26日にも放送終了後にあったと言うことでして、頻度はわかりませんが、月1以上はあった模様です。

→警察からの事情聴取は3回、書類送検は4月20日、示談成立は4月23日と判明しました。

呼び出された女子高生は2名

山口達也さんの自宅マンションの部屋に呼び出された女子高生は「2名」だったようです。
被害にあったのが共演者で、被害に合わなかったもう1名も共演者だった可能性がありますが、そのあたりは不明瞭です。

被害女性は16歳なのか?

夕刊紙各社などの報道によると、被害女性は16歳の女子高生とされています。
また、一緒に部屋に行ったもう1名は17歳の女子高生ともされています。
ただ、年齢に関しては、まだ正確性に乏しいような気も致しますので、17歳であり、16歳ではない可能性もあるようです。
今後も継続して確認してみたいと存じますが、被害者の心情を考慮致しますと、被害者が誰かまで、名前までは当初より追求しておりませんので、ご確認申し上げます。

記者会見では、なんども会ったことがある女性だったと本人が述べています。

下記は2月末に発売された実話ナックルズと言う雑誌に掲載された記事に関して報じた報道内容です。

「2018年2月28日発売の『実話ナックルズ』(ミリオン出版)が、『朝の情報番組「ZIP!」に出演するメンバーZ』について、“若手芸能人が多数出演している番組のレギュラーも務める中、共演者である当時17歳のJKアイドル・A子と『男女の関係』になっていた”と報じていたんです。
番組サイドにバレたことで、A子はしれっと降板させられていたそうですが、Zはその後も“エモノ”を狙い続けていたとか。
関係者の間では、当時から『Zは山口ではないか』とする声もありました」(芸能記者)

上記の報道が事実であれば、被害者は17歳と言う可能性が高くなります。
なお、当サイトでは、雑誌・新聞などの報道を客観的にまとめているに留め、本人が特定できるような内容までは当初より一貫して掲載致しておりません事、ご容赦願います。

山口の知人も同席していた?

トキオ山口達也さんの部屋には、知人も同席していたと、スポーツ報知が報道しています。
ただし、その知人が男性なのか女性なのかなど詳細は現時点では不明です。
もしかしたら、被害女性と一緒に部屋にいた女性である知人も、山口さんと共演していたのであれば、山口さんとも顔見知りで知人と言うことになりますので、そのような意味での知人なのかも知れません。

その後の記者会見にて弁護士からの説明によりますと、女性2人と山口さんの3名だけだったと説明がありました。

しかし、夕方のフジテレビ「プライムニュース・イブニング」の中で夕方5:58分頃「速報」として、説明では山口達也と女性2人だったが、警察の調べで男性がもう1人居たことが判明したと報じました。
ただし、もう1人の男性もいたと報じたことは事実ではなかったと、この日夜の「FNNプライムニュースα」で訂正し、フジテレビは謝罪しています。

酒は飲ませていない?

当初の報道では「山口達也メンバーが女子高生に酒を勧めた」と報道されていました。
しかし、ジャニーズ事務所の見解ですと、勧めたかどうかは明言をさけていますので、不明です。
ただし「山口本人は酒を飲んでいたが、女子高生は酒を飲んでいない」とは名言しています。
これが事実だとすると、未成年に飲酒を勧めた可能性はありますが、実際に口にすることはなかったとも考えられます。

犯罪は2月下旬で被害届が受理されたのは3月上旬

事件があった日は当初2018年2月だけとの報道で、具体的に何日だったのかは不明でしたが、2月下旬だと読売新聞が報じました。
のち記者会見で2月12日だったと正式に発表されました。
被害届を警視庁・麻布署?が受理したのは2018年3月上旬とも報道されていますので、最初は相談と言う形をとり、充分に話を聞いてから受理したのでしょう。
そして、山口さんは3月末に初めて警察から連絡があり、そこまで事件性があったと認識していなかったと言います。
こうして複数回、任意で事情聴取を受けたと記者会見で述べています。
当初は「酒に酔っていて覚えていない」などと供述しましたが、その後、大筋で容疑を認めたと言います。
捜査に関しては、殺人・強盗などの凶悪犯罪を扱う、警視庁捜査1課が行ったとスポニチが報じています。
こうして、2018年4月15日~21日の週に、検察に書類送検されました。
山口さんがジャニーズ事務所にこんな事になっていると報告したのは、4月のはじめ頃だったと記者会見で述べています。
ただし、その後、被害者と示談が成立したと言うことになり、被害届は取り下げられました。

→警察からの事情聴取は3回、書類送検は4月20日、示談成立は4月23日と判明しました。

なお、注目すべき点は、警察が書類送検する際に、検察官に対して「処分に関する意見(処分意見)」をつけるのですが、これが一番重い「厳重処分」にしたと読売新聞が報じていることです。
厳重処分と言うのは、起訴を求める最も厳しい意見と言うことになります。
すなわち、その犯罪のたぐいにおいては、もっとも悪質な事案であったと警察は考えていた可能性があると言うことになります。

ただし、書類送検の時点で、被害者との示談が成立していなかったとも言え「厳重処分」が添えられたと考えられます。
その後でも、被害者と示談が成立したのであれば、起訴猶予・不起訴となる可能性が高くなると存じます。

→5月1日、検察は起訴猶予(不起訴)の判断を致しました。

事件が報道された時のTOKIO

2018年4月25日の夕方、NHKの「ニュース・シブ5時」の中で第一報が報じられた訳ですが、このとき、トキオの5人は、揃って、フジテレビ系「TOKIOカケル」の収録を行っていました。
番組収録は、18時30分ころに終わったようですが、楽屋に帰ると山口以外のメンバー4人だけが同じ場所で着替えている時に、マネジャーから「わいせつ行為があったということが、報じられています」と聞かされたと言います。
そして、山口さんを除いたメンバー4人でメールのやりとりなどをして「今後はどんなことがあっても連帯責任だと。どんな処罰も受けなければいけないという話をメンバーとした。」と言います、

アルコール依存症?

山口達也さんが司会を務めるTBS系生放送番組「ビビット」の中で、国分太一さんが「病院に行って、お酒と向き合っているという話は聞いたことがあります」と明かし、アルコールの過剰摂取にて通院していたことを明かしました。
以前、ジャニーズ事務所は、通院は認めていますが、アルコール依存症については否定しています。
もちろん、酒に酔って強制わいせつをしたのは重大な本人の過失で、許されない事実です。
しかし、もし、アルコール依存症と言う診断が出ていたのであれば、ウソをついていたと言うことになるだけでなく、治療が必要と考えられるタレントを、そのままフォローせずにテレビ出演させていたのであれば、事務所の管理責任も重大である可能性があります。
普通でしたら、刑事事件の書類送検ですので「解雇」となる事案です。
結果的に、被害女性はもちろん、他のTOKIOのメンバーと出演している各番組、CM、ラジオなど、多方面に多大な迷惑をかける結果になったと言えるのではないでしょうか?



その他最新情報

NHK「Eテレ」の番組「Rの法則」は、5月3日まで放送しないことは確定したとの事です。
ただし、単純に司会者を変えただけで良いのかと言う意見もあり、番組打ち切りが視野に入っていることも分かりました。
5月と6月は、海外ドラマ「100オトナになったらできないこと」を急遽放送します。
新番組としてリニューアルし再スタートするとも報道されていますが、その場合でも準備に時間がかかるため、早く7月以降となる見込みです。
今までは出演者同士ではLINEの交換を禁じたり、男女間のトラブル防止対策をしてきたと言います。

山口達也さんが月曜日と水曜日のレギュラーとして出演していた、日本テレビの朝の情報番組「ZIP!」に関しては下記の通りです。

他の曜日のパーソナリティーを担当する下記の3名が当面代役を務める方針になるとのことです。
三代目JSBの山下健二郎さん(32歳)、ココリコの田中直樹さん(47歳)、女優の鈴木杏樹さん(48歳)。
なお、今のところ、2018年5月末まで代役となる予定で、その後は、新しい出演者を起用するものと考えられます。

「Rの法則」で共演していたという匿名の女性が4月26日放送の情報番組「めざましテレビ」にコメントを寄せています。
その内容としては、下記の通りです。

山口さんはかなり私たちに優しくて、1人1人に『どこどこがよかったよ!』とか、『あのとき、すごい面白かったよ! 最高だったよ!と言ってくれて、細かいところも見てくれているなと感じました。
打ち上げでは私たちのために豪華な賞品まで用意してくれていたり、かなりいい人でした。
今回の一件は、なにかの間違いなのではと、今でも信じがたいです。
忘年会や『Rの法則』の女子とスタッフさんと山口さんでご飯にいったことがありました。
優しくて気配りのできるいい人でした。

しかし、このような事件を起こすと「酒癖が悪い」「遊び人だった」「女癖も悪い」「キャバ嬢を口説く時にはTOKIOの歌を歌う」「過去にも・・」など、根ほり葉ほりと、あること、無いことを言われているのも目にします。
被害者の感情を重く受けとめ警察も書類送検したわけですし、もちろん山口達也さんの行為は、とても許せることではありませんが、立場が逆転したようにここぞと色々と言う世間にもうんざり致します。

繰り返しますが、女子高生が家に行ったのが悪いのではなく、法律に触れる犯罪を犯したほうの過失です。
この点は、決して間違えてはいけません。



会見のあと、山口達也さんは再度、病院に「入院」したと報じられています。

5月1日、山口達也さんの起訴猶予(不起訴)が確定しました。
5月2日、TOKIOの4名が緊急会見すると報じられました。

今後の芸能活動は自粛するのか?

山口達也さんは、4月26日14時から記者会見を開くと報道があり、弁護士より、山口達也さんは「無期限の活動停止」と発表がありました。
これはジャニーズ事務所が下した処分となります。
他のTOKIOのメンバーに対しての思いを聞かれると、4名の名をそれぞれ挙げて、人生の半分くらい助けられて、23年間走って来ましたが、身勝手な行為で迷惑をかけたと、泣きながら、言葉を何度も詰まらせて述べました。

最終的には検察が起訴するのか?
起訴猶予(不起訴)にするのか?で、現在の無期限謹慎と言うジャニーズ事務所の判断が、変わってくる可能性はあります。
しかし、どのようになるのかは、その時にならないとわからないでしょう。
不起訴と判断が行われる時期も、不明です。
過去の例を見ても、1ヶ月後かも知れませんし、3ヶ月後、6ヶ月後、1年後かもしれません。
→5月1日に起訴猶予(不起訴)になったと報道がありましたので、世間への影響も考えて検察も異例となる早期判断をした模様です。

退職願 5月2日TOKIO緊急会見より

全員で被害者に対して謝罪会見を開くのが優先だと言う事で会見を開いたと説明。
冒頭にリーダーである城島茂さんが最初に説明し、4月30日に5名で集まって話し合いの場を設けたとの事です。
メンバーのスケジュール調整がついたのが、4月30日夜19時頃だったとの事で、5人以外にはスタッフなどもおらず、5人だけで会ったとの事です。
その時に、山口達也さんはメンバーに土下座して謝り、カバンからトキオを辞めると言う辞表(退職願いと記載されていた)を出したと説明しました。
ただし、辞表は事務所にはまだ渡っておらず(社長には連絡済)、リーダーの城島さんが預かっており、まだ、今後、どうするのかなど、正式に脱退などの答え(判断)は出ていないと事。
なお、退職願の意味は、グループを脱退すると言う事ではなく、ジャニーズ事務所じたいを退職すると言う意向であることが判明しました。

松岡昌宏さんは、山口さんが発言した「トキオに席があるなら戻りたい」と言う会見内容を「甘えている」と厳しく指摘し、もし、その甘えの要因が我々トキオにあるのであれば、トキオは1日も早く解散した方が良い旨を発言しました。
正直、山口さんは「病気」だと本人に話したとも会見で述べました。
長瀬智也さんは、山口さんが「お酒」のせいにしたり「トキオに戻りたい」と発言したことを非難し、また、被害者を責めたり、特定されることが無いことを心より願っていると発言しました。
国分太一さんは、自分の朝の番組で、複雑な気持ちで過ごしており、山口さんのニュースも報道するたびに苦労していると発言。山口さんからの辞表は、受け入れるべきだと言う考えも明かしました。

お酒の飲み方に関しては、メンバーとしても、過去に何回も注意を促したりしていましたが、複数の病院にかかっても、アルコール依存症と言う診断にはならず、メンバーとしての対処も苦慮していたと言う事です。
グループ存続に関して、TOKIOのメンバーとしては4名でも続けていくとの方針を示しました。
ただし、音楽活動は白紙になったとのことです。

ジャニーズ事務所解雇

ジャニーズ事務所によると保留になっていた「退職願」がメンバーの総意として事務所に提出され、更に5月6日、山口本人から直接、事務所に対して強い辞意表明があったと言います。
そのため、ジャニー喜多川社長とリーダーの城島さんが協議し、山口の申し出を受理する判断に至ったようです。



強制わいせつ罪は、裁判となれば、初犯でも懲役1年6ヶ月、執行猶予3年が相場となる、罪が重い犯罪です。
被害者の心情を考えても、とても許されることではありません。

今一度ご確認申し上げますが、女子高生が家に行ったのが悪いのではなく、法律に触れる犯罪を犯したほうの過失です。
この点は、決して間違えてはいけません。

また、新たなことがわかりましたら、追加・追記して参ります。

出典元

下記の報道各社の情報を元に参考掲載させて頂きました。
各掲載元の都合により内容が変更されたり削除されたりする場合もありますので、ご了承願います。
通例ですと数日経過すると記事が消滅することがあります。

TOKIO山口達也メンバー、強制わいせつ容疑 番組共演者にキス強要
山口達也「覚えていない」女子高生にキスで書類送検
山口達也、発覚当日メンバーに知らせず収録に参加
山口達也、アルコールの問題で通院 国分太一認めた
国分太一、山口書類送検知ったのは25日夕方「メンバー、頭真っ白」
山口達也 一両日中にも会見か 強制わいせつ容疑 自宅で16歳女子高生にキス
山口達也メンバー書類送検 女子高生に強制わいせつ容疑
TOKIO山口達也 16歳女子高生に強制わいせつ容疑で業界激震
芸能界に激震!「Rの法則」打ち切りも、「ZIP!」は降板必至
TOKIO山口達也メンバー 女子高生と知り合ったのはNHKの教育番組
「Rの法則」過去の共演者がTOKIO山口の印象語る
TOKIO山口 酒グセの悪さは業界で有名「性欲を我慢できなくなる」の声も
TOKIO山口 強制わいせつ容疑で書類送検、和解も広がる波紋
山口達也、女子高生に無理やりキス…強制わいせつ容疑で書類送検 TOKIOに激震
TOKIO山口容疑者、女子高生にわいせつ行為
山口達也 一両日中にも会見か 強制わいせつ容疑 自宅で16歳女子高生にキス
入室するなり卑わいな言葉 山口達也メンバー犯行詳細
TOKIO山口達也の強制わいせつ なぜNHKが“スクープ”したのか
山口達也書類送検「性犯罪かつ被疑者が有名人」1課が捜査、起訴猶予の可能性高い
山口達也「お酒の関係で体壊し」入院認める
女性2人のほかにもう1人男性がいたことが判明 嘘の会見になんの意味があったのか?
「共演者の17歳アイドル」と男女の仲だった説も?
山口達也が会見後に再入院、自宅で1人にしておけず
ジャニーズ事務所 山口達也と契約解除 本人が改めて強い辞意 ジャニー社長と城島が協議し受理

TOKIO「山口達也」さんが「強制わいせつ」相手はRの法則の16歳女子高生なのか?今後は?
山口達也(やまぐちたつや)さんの「書類送検」の意味とは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク



 スポンサーリンク

Twitter

ページ上部へ戻る