あらすじ 花燃ゆ 第30回(第30話) お世継ぎ騒動


スポンサーリンク
スポンサーリンク

桂小五郎 桂小五郎でございます。
 さて、NHK大河ドラマ花燃ゆ」の第30回あらすじを参ります。

 長州藩は「朝敵」となってしまっており、幕府軍が長州を目指して進軍してきます。
 いわゆる「第1次長州征伐」です。

 この危機的な状況となったため、長州藩内では保守派が巻き返してきており、椋梨藤太殿は幕府への恭順を示すため、攘夷派の静粛を始め、小田村伊之助殿の兄・松島剛蔵殿は野山獄へ送られました。
 そして、高杉晋作や私・桂小五郎の捕縛命令も出ます。

 また、3家老の切腹と4人の首謀者の斬首も行われていますが、その辺りはドラマでは描かれないのかも知れません。

スポンサーリンク



 久坂美和殿(杉文)は銀姫さまが拒否した御萩づくりをして、毛利元徳さまに「うまい」と言うお言葉を賜ったり、奥で頑張っている様子ですが、椋梨藤太殿と中川宇右衛門殿が、吉田松陰殿の命日に高杉晋作が墓参りに現れるのではと推測して捕縛する計画があることを久坂美和殿は知ります。
 でも、城の外と連絡する手段がない久坂美和殿は銀姫さまに力を貸してほしいと頼みますが、思いは通じません。

 そんな中、小田村伊之助殿は捕まって野山獄に投獄されました。

 考えに考え抜いた久坂美和殿は、銀姫付きの老女・殿に「毛利元徳さまの大好物である羊羹づくりを銀姫様に教える」と言う事で、銀姫様と毛利元徳様の親密度を上げてもらい「お世継ぎを」と言う作戦を考えたのです。
 その「羊羹」の一部を、子供が生まれた高杉雅殿への祝いの品として届けさら、その中に「手紙」を潜ませたのです。
 この羊羹は、吉田松陰殿の命日での供養物にと杉家にも届けられましたが、杉家への羊羹には手紙は入れず、待ち構えていた保守派の役人も肩透かしを食らいます。

 その手紙を受け取った高杉晋作殿は、捕縛の手に見つからないよう野山獄を訪れて、小田村伊之助殿に面会すると、小田村伊之助殿は「雄藩を結び付けて日本を動かす」と言う方針を打ち明けます。
 そして、高杉晋作殿は父・高杉小忠太殿から縁を切られて、九州へと逃亡します。
 途中で、ずっと高杉を斬ると言っていた品川弥二郎殿に出会いますが、2人はお互いに切らずに、別れます。

 高杉晋作殿が萩から出たことを知った椋梨藤太殿は、美和殿の仕業だと悟り、毛利都美姫さまに「奥の者が手を貸したからだ」と進言すると、都美姫さまは犯人捜しを園山殿に命じます。

 そして、都美姫さまの前に引き出された美和殿は「暇」を出されます。
 すなわち「クビ」ですね。

 でも、それを救ったのは銀姫様でした。
 なんと「子」ができたので、人手がいると言う申し出をしたのです。

 さて、それ以降はまた次週の放送なのですが、ちょっと拝見する限りは、なかなか面白いストーリーになっています。
 なぜかと言うと「奥」での出来事は、かなり創作の部分が多いからですね。

 それにしても、最近、思うのですが、やはり「大河ドラマ」は、60歳以上の方向けに作った方が良い気が致します。
 そんな内容が、60歳以下の視聴者にも受け入れられるのではないかと・・。

 →中川宇右衛門に関してはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

注目の情報

  1. 2017年前期の朝ドラ(2017年4月3日スタート)であるNHK・朝の連続テレビ小説「ひよっこ」のヒ…



 スポンサーリンク

Twitter

ページ上部へ戻る