あらすじ 花燃ゆ 第31回(第31話) 命がけの伝言


スポンサーリンク
スポンサーリンク

桂小五郎 京を離れて丹波に潜伏している桂小五郎です。
 さて、今回は、NHK大河ドラマ花燃ゆ」第31話のあらすじを参ります。

 当初のタイトルは「義兄への告白」でしたが「命がけの伝言」になっているの気が付きましたので、修正致しました。
 かなり予定の脚本も変わっているようですので、一部修正も入れています。

 小田村伊之助殿は野山獄であったため、心配しながらも久坂美和殿(杉文殿)は銀姫さまの御側役として忙しい毎日を過ごしていました。
 毛利都美姫は銀姫の懐妊に上機嫌でしたが、園山殿は、御側役に抜擢された久坂美和殿が松下村塾の関係者である事から、奥も闘争などに巻き込まれないか心配になります。

 実際、奇兵隊などの諸隊は解散命令が出ても、若者らは未だに三条実美さまの警護を名目に陣を張っていました。

 長州征伐の幕府から出された条件は「毛利敬親さまと毛利元徳さまの謝罪と蟄居」「山口城の破却」「公家5人を筑前への移送」の3つでした。
 しかし、諸隊が三条実美ら公家の近くにいたので、長州藩も手が出せなかったのです。

 藩命に従って解散するのか、このまま公家を警護するのか?
 山県有朋(山県狂介)殿が指揮する奇兵隊では、赤禰武人殿、前原一誠殿、杉敏三郎殿、野村靖殿らも揺れに揺れていましたが、力士隊を率いる伊藤利助(伊藤博文)殿も加わって議論をするも結論は出ません。

スポンサーリンク



 その頃、命を狙われている高杉晋作殿は、筑前にてその名を知られる勤王の歌人・野村望東尼さまの元で匿われていましたが、決起する覚悟を決めます。

 諸隊は解散命令には従わないと決め、五卿と共に「功山寺」に終結します。
 これに対して、長州藩の実権を握っていた椋梨藤太殿は諸隊への見せしめとして、捕縛していた改革派の松島剛蔵(小田村伊之助の兄)ら6名を処刑します。
 そして、小田村伊之助の処刑も決定しました。

 この話を小田村寿殿から聞いた、久坂美和殿は愕然とします。
 あの気の強い姉様である小田村寿殿が、旦那様の命乞いを、美和殿にまで頭を下げて頼んで来たのです。

 さて、功山寺では突然、高杉晋作が現れ、挙兵するのか恭順するのかでまた意見が割れますが、その一方で小田村伊之助殿の斬首が決定したと美和殿は知ります。
 また、奥には銀姫様の出産に関する祝賀行事をすべて控えるようにとの達しもでますが、それに怒ったのは銀姫様ではなく、毛利都美子様でした。
 椋梨藤太を呼び寄せて、直接抗議をした際に、その場にいた久坂美和殿は思わず、小田村伊之助殿の助命を願い出てしまいます。
 この無礼に、都美姫は憤り、美和殿を座敷牢に入れてしまいます。

 あと、どのタイミングになるかわかりませんが、久坂美和の事を快く思わない、日出殿が椋梨藤太殿の「毒殺」を持ちかけると言うシーンもあるようです。

 そんな美和殿を助けたのは他でもない銀姫様でした。
 美和殿は野山獄の小田村伊之助殿を訪問し「告白」しますが、すでに小田村殿は死を覚悟していたと言います。

 そして、処刑の日、偶然にも高杉晋作殿が下関にて挙兵し、藩役所に攻め入るのです・・。

> 花燃ゆに登場する志士・人物一覧リスト

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 7月 27日

 スポンサーリンク

注目の情報

  1. 2017年前期の朝ドラ(2017年4月3日スタート)であるNHK・朝の連続テレビ小説「ひよっこ」のヒ…



 スポンサーリンク

Twitter

ページ上部へ戻る