あらすじ 花燃ゆ 第34回(第34話)ストーリー


スポンサーリンク
スポンサーリンク

shinsaku 高杉晋作です。どうも、皆様こんにちは。
 さて、今回のNHK大河ドラマ花燃ゆ」のあらすじは、萩城から長州藩の本拠を山口城に移したところから始まります。

 久坂美和殿は興丸様の守役となり、また銀姫様が自ら興丸様を入浴させるなど、慣例を破った子育てをします。
 美和殿は「男を育てるのは母である」と説いて、銀姫様を勇気づけます。

 小田村伊之助殿は密命を受けて、大宰府に赴いて五卿に面会し、理解を得ますが、五卿は幕府に対抗するため、他藩かせ協力を得ると言う時節がどうもわかっていなかったようです。
 そんな折、土佐藩の脱藩浪人が訪ねてきます。
 そうです。
 坂本龍馬殿ですね。

 坂本龍馬殿は、幕府を倒す算段として「薩長同盟」を提案します。
 禁門の変など、宿敵とも言える薩摩藩が長州藩と手を組むとは考えられませんでしたが、坂本龍馬殿によると、すでに薩摩の大山格之助(大山綱良)殿から確約を得たと言います。

 坂本龍馬殿の突拍子もない考えと、ずば抜けた行動力に驚きながらも、小田村伊之助殿は「きっと藩を説得する」と約束しました。
 そして、長州藩に戻っていた桂小五郎殿と坂本龍馬殿を下関にて引き合わせます。

 藩の会議では、宿敵の薩摩と手を結ぶなど考えられんと、紛糾しなかなか結論はでません。
 当然、美和殿も最初は反対の立場を取りました。亡き夫・久坂玄瑞殿の仇敵ですからね。
 そこに、逃亡していた椋梨藤太殿を捕縛したとの報告が入り野山獄に繋がれると、小田村伊之助殿は「斬首」に処します。

 最終的に、小田村伊之助殿の意見を、藩主・毛利敬親さまと、毛利元徳さまも受け入れ、薩長同盟に向けて動き出し、改めて幕府との戦いも避けられない状況になって行きます。

 そして、美和殿の父・杉百合之助殿が亡くなったとの知らせが届きました。
 銀姫様は一時帰宅を進めましたが、美和殿は大変な時に奥を離れる訳には行かないと、辞退します。

 1865年11月、幕府は再び長州征伐の軍を起こすと、高杉晋作らだけでなく、毛利都美子さまを中心に奥でも薙刀を用意するなど戦いの準備を進める一方で、小田村伊之助殿は薩長同盟成立を急ぎます。

 以上が、第34話の内容ですが、大奥編に入ってから脚本変更が多いようで、内容が一部異なる可能性が有ります。
 その時はごめんなさい。 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

注目の情報

  1. 2017年の大河ドラマ「おんな城主直虎」の主人公で、柴咲コウさんが熱演する井伊直虎(いい-なおとら)…



 スポンサーリンク

Twitter

ページ上部へ戻る