あらすじ 花燃ゆ 第36回(第36話)ストーリー 高杉晋作の遺言


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 NHK大河ドラマ花燃ゆ」のあらすじ、第36回です。
 9月最初の放送である9月6日放送予定ですね。

 この回では、志半ばで結核に倒れた「高杉晋作」に焦点が当たります。

 奥の中臈格である美和(井上真央さん)は、小田村伊之助(大沢たかおさん)から、高杉晋作(高良健吾)が病に倒れている事を知らされます。

 そんな中、山口から下関にて静養している高杉晋作のお見舞いに行きます。

 そこで、意外な事実を告げられます。

 それは亡き夫である久坂玄瑞に「隠し子」がいると言う話です。

 驚いて、動揺する美和ですが、高杉晋作からはその子を引き取ることを勧められます。
 しかし、思いがけない話に、美和は、とまどうばかりです。

 やがて、高杉晋作は29歳と言う早い生涯を閉じます。
 高杉晋作の愛人・おうのも少しは登場するものと推測致しますが、あまり詳しくは描かないようです。

 そして、いよいよ、京で戦が始まるとの知らせが届きます。

 放送の最後の方は「明治時代」に入るとの事で、どうやら戊辰戦争はかなり簡略化されてしまうようです。

 以上、次回のあらすじも、判明次第UP致しますが、しばらく、今回のように直前になりますこと、ご容赦願います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

ページ上部へ戻る