真田4兄弟の話 真田昌幸の子供、真田幸村の弟たち


スポンサーリンク
スポンサーリンク

真田幸村 真田幸村にござりまする。
 本日は、ワシの兄弟の話をしたいと存じまする。

 さて、私・真田幸村は、父・真田昌幸の2男でございまする。
 兄が、のち松代藩主となった真田信幸(真田信之)なのですが、真田の兄弟と言うと、その兄と私だけに思われている節があるようです。

 しかし、実は、弟がおりました。

秀吉 そうなのか?
 ワシはしらんかったぞ。

真田幸村 これは豊臣秀吉様。 
 ごきげんうるわしゅう。
 実は弟が2人いたのでござりまする。
 1人は真田信勝、もう1人は真田昌親でございます。

 私も詳しい事はわからんのですが、母が違う異母兄弟にございます。
 よって、戦国の歴史にも、この弟たちはあまり登場しないしないのでございます。

スポンサーリンク



 でも、真田家一族として、関ヶ原の戦いに参戦したり、徳川秀忠様に従ったりと、ちょっとは活躍しておるのです。

 例えば、真田信勝は1605年2月、徳川秀忠の上洛に従大番組として従っています。
 大番組と言うのは旗本で、警護を担当する精鋭でござります。

 一方、真田昌親は兄・真田信之と共に関ヶ原の戦いでは徳川家康殿についており、ワシらが九度山に蟄居した際には、松代から生活費をわざわざ届けにきてくれたこともあるのです。
 
 ただ、私も関ヶ原以降は14年も九度山におりましたので、弟たちの詳しい同行は、よくわかりません。

 我ら真田家の家族についてはこちらをご覧くだされ。

 以上、ネタがだいぶ尽きかけておるが、質問などでも良いので何かあったら、下記へのコメント投稿、お願い申しまする。

 それでは、次回もお会い致しましょう。

 →真田幸村の詳細はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

ページ上部へ戻る