花咲舞が黙ってない【第2期】第9話のあらすじ


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 日本テレビ系列にて放送されている視聴率好調ドラマ「花咲舞が黙ってない」第2期の第9回放送(2015年9月2日放送予定)「あらすじ」です。

 第9話では、三鷹支店が舞台となります。

 三鷹支店にて1000万円の手形が紛失する事件が起き、さっそく臨店班の花咲舞(杏さん)と、相馬(上川隆也さん)が駆けつけます。
 すると、支店では行員が総出で、ゴミ箱や机の下など、手形を探していました。

スポンサーリンク



 花咲舞は、三鷹支店で偶然にも再会した、先輩行員である香澄(中村ゆりさん)らと、一緒に手形を探しますが、結局見つかりません。

 そこで、手形をなくしたとされる融資課員・堀田(和田正人さん)から話を聞くと、昼前にカワバタ機械を訪ねて手形を預かり、寄り道せずに支店に帰ったが、すぐに処理せず、別の業務をし、そのあと気づいた時には集金袋の中の手形が亡くなっていたとのとこです。
 そのため、堀田の当日の行動とその足取りをたどることにします。

 すると、堀田が、カワバタ機械から手形を預かって三鷹支店に戻るまでに、空白とも言える1時間があることがわかりました。

 と言うのが、第9話のあらすじです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

注目の情報

  1. 2017年の大河ドラマ「おんな城主直虎」の主人公で、柴咲コウさんが熱演する井伊直虎(いい-なおとら)…



 スポンサーリンク

Twitter

ページ上部へ戻る