半沢直樹2 (2020年7月26日放送) 第2回「あらすじ」物語のストーリー

半沢直樹2あらすじ





2020年7月からTBSで放送開始されたドラマ「半沢直樹2」の来週、第2回目(第2話)のあらすじです。
初回は視聴率22%と、大変好調でした。

半沢直樹 第2話 あらすじ

大手IT企業・電脳雑伎集団から依頼された買収アドバイザーの依頼を、親会社の東京中央銀行に横取りされた半沢直樹(堺雅人さん)たちですが、逆襲を誓いました。

改めて、電脳雑伎集団を訪れるも、追い返されてしまい、森山(賀来賢人さん)は、電脳の買収相手であるスパイラル社長の瀬名(尾上松也さん)に接触を試みます。

しかし「銀行の子会社なんか信用できない」と門前払いにあいました。



一方、半沢たちを裏切って銀行に戻った三木(角田晃広さん)は、希望していた営業ではなく、伊佐山(市川猿之助さん)や、諸田(池田成志さん)から、雑用ばかり言いつけられ、不遇な毎日を過ごしていました。

なお、スパイラルを救う救世主として、IT業界のカリスマ・フォックス社長である郷田(戸次重幸)が突如名乗りを上げます。
瀬名社長は、太洋証券の広重(山崎銀之丞さん)のアドバイスを受けて、新株発行にて、難局を乗り越えようとしていました。

しかし、これも、銀行による卑劣な罠だったのです。

第3回(2020年8月2日放送予定)のあらすじ・展開ストーリーも、分かり次第、新たな記事にてご紹介申し上げます。

半沢直樹2の出演者・キャスト一覧リストはこちら
半沢直樹2 (2020年8月2日放送) 第3回「あらすじ」

たかだドラマ研究家

投稿者プロフィール

テレビドラマ研究家のたかだと申します。
このかた、30年以上、ドラマの研究を行っております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA




Twitter

ページ上部へ戻る