花咲舞が黙ってない【第2期】第5話のあらすじ


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 日本テレビ系列の人気ドラマ「花咲舞が黙ってない」第2期のあらすじです。
 今回は、第5話でございます。

 2期放送の第5話にて登場するのは、デジタルブルー社長・青井省一(石黒賢さん)と、相馬の元妻・石原由美(財前直見さん)です。
 また、第1話で登場した成宮寛貴さん演じる松木も登場します。

 花咲舞は合コンに出席しますが、相馬(上川隆也さん)は大学の同窓会に出席します。
 その時に元妻である由美(財前直見さん)と、友人の青井(石黒賢さん)と再会します。
 この青井はIT企業を立ち上げていたため、今回の再会を機に東京第一銀行に融資を依頼することになります。

スポンサーリンク



 そこで、相馬は五反田支店の松木(成宮寛貴さん)に依頼して、松木が担当になる訳です。
 融資額は5億となり話は順調に進むように見えましたが、松木から融資の稟議書を見せられた相馬は、青井の会社が業績不審である事に気づき、舞(杏さん)もパソコンで評判が悪い事を見つけて「ウソ」があることに不信を感じ、共に詳しく調査をします。

 このように、友人との再会が相馬に事件をもたらすと言う展開になっています。

 しかし、友人である青井の事を相馬は疑いたくないのです。
 青井の疑いを晴らしたい相馬は、元妻の由美から青井の情報を聞きだしますが、真逆の話を青井の妻から聞いたと言います。
 青井は、家庭をかえりみず、帰りも毎晩遅いと言うのです。
 そして、会社じたいも2ヶ月前に縮小した事実を掴みます。

 青井の真実をどのように暴いていくのかが楽しみな放送回となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

ページ上部へ戻る