一路【BS時代劇】第6回と第7回あらすじ・ストーリー


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 NHKのBS時代劇(金曜20時~)の「一路」第6話と第7話のあらすじです。
 2016年には地上波「土曜時代劇」にて35分編集版として放送されます。

 この「一路」は、放送を見る回を重ねるたびに、おもしろくワクワクしますね。
 しばらくしたら、再放送も是非お願いしたいと思いますし「花燃ゆ」も、こんな感じのスピンオフ・ドラマが別にあると、相乗効果もあるのではと勝手に思っています。

一路「第6回」放送

 9月4日(金)放送予定の6話のストーリー行きます。
 難所だった和田峠をなんとか越えた小野寺一路(永山絢斗さん)ら参勤行列は、予定より行程が送れている為、先を急いで岩村田宿に到着します。

 しかし、何者かに旅費を盗まれてしまい、出発できないと言う状況に陥ります。

 小野寺一路らは容疑者を探す一方で、宿場の商家に頼んで金策に走りますが、充分な資金が集まりません。

 その窮状に、主君である蒔坂左京大夫(渡辺大さん)は、ご当地の領主・内藤志摩守(濱田龍臣さん)を訪ねて、お金を借りる決意をします。
 この内藤志摩守はまだ17歳の若殿でしたが、かたくなな性格であり、なかなか「うん」と言いません・・・。

 以上が、第6回のストーリーです。

 もともと、出発した領地の西美濃田名部郡と言う架空の地は、岐阜県中津川市辺りなのかな?と推測しますと、どう考えても中山道ではなく「東海道」で江戸を目指した方が良いと思うのですが、まぁ、細かいことを申し上げますと、浅田次郎さんに怒られてしまいますね。

スポンサーリンク



一路「第7回」放送

 第7回(9月11日放送予定)は、殿の蒔坂左京大夫(渡辺大さん)が体調を崩してしまいます。
 そのため、参勤行列に同行していた医師・辻井良軒(坂田聡さん)が、手当にあたりますが、回復には休養が2日程必要だと診断し、その間、宿場にて留まるべきだと進言します。
 しかし、江戸到着が遅れるのは許されることではありませんので、蒔坂左京大夫は翌朝出発するように小野寺一路(永山絢斗さん)に指示します。
 トラブルが続いていたこともあり、蒔坂左京大夫の容態が心配な小野寺一路は、夜通しで側に仕え、警護に当たろうとします。
 ところが・・・。

 と言う事で、また次回のお楽しみでございます。

一路の第8回・そして第9回(最終回)あらすじはこちら

2016年9月28日スタートの「あさが来た」出演者・キャスト情報はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 オリジナル書籍
柳生一族
2016年10月、書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

2016年8月、戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る