とと小橋竹蔵を演じる西島秀俊さんの紹介【とと姉ちゃん】大橋武雄さん


スポンサーリンク
スポンサーリンク

次期の放映作が決定したNHK連続テレビ小説の「とと姉ちゃん」ですが、登場する俳優さんも若手から大御所まで多くの俳優さんがご出演されます。
女性が中心として描かれている作品ですが、出演する男性俳優さんはイケメン揃い!!
中でも今回は、俳優の西島秀俊(にしじま-ひでとし)さんについてご紹介していこうと思います!

まずは「とと姉ちゃん」での役柄についてです。

西島秀俊さんは、主人公・小橋常子の父親である小橋竹蔵を演じます。
この小橋竹蔵は、奥さんの小橋君子との間に3人の娘を持ちます。
小橋竹蔵は家族からは愛称として「とと」と呼ばれています。
ドラマの名前である「とと」はここから来ているのですね!

小橋竹蔵は染物工場の営業部長という肩書きもありますが、性格は穏やかで優しく家族を大切にする良きお父さんとの設定です。
暮らしに対する大切さを、高畑充希さん演じる小橋常子に教えてあげる存在でもあります。
そんな小橋常子が11歳の時に、肺結核を患うことになり、娘3人と奥さんを残して心半ばに生涯を終えます。

小橋竹蔵のモデルとなる大橋武雄さんも、同様に結核で命を落としていました。
長女・大橋鎮子さん(小橋常子のモデル)に対して「一番大きい鎮子が妹達の面倒を見て、お母さんを助けなさい」という趣旨の遺言を残したそうです。

暮らしに対する考え方、結核で亡くした父の想いを通じ、大橋鎮子さんは雑誌「暮らしの手帖」にて医療に関する情報も載せていたと言います。
長女・小橋常子にとって、偉大な「とと」を受け継ぐ覚悟が芽生えると言う、重要な場面が描かれる事になりそうですね。

実在した大橋武雄さんは、もともと岐阜・大垣の名家の出でしたが、次男であり、また父親が10歳の時に結核で亡くなったため、養子に出されました。
その養子先が、大橋谷吉・大橋きんさんの深川の材木問屋と言う事になります。
一人息子として大事に育てられ、北海道帝国大学に入学しました。
その北海道の小樽にて、ドラマに出て来る小橋君子の実在モデル・宮原久子さんと知り合い、卒業後に一旦東京の実家に戻ると2人は結婚したのです。
そして、東京で仕事にもつきましたが、北海道に転勤すると工場長にも昇進した大橋武雄さんですが、結核と診断されたため、治療の為に一家で東京に移ったそうです。
入院先は鎌倉など転々としたようですが、家族の懸命な看護の甲斐も無く、発病から5年後に大橋武雄さんは亡くなりました。

スポンサーリンク



西島秀俊さんとは

役柄を紹介したところで、次は気になる西島秀俊さん。
178㎝の高身長に精悍な顔立ちが素敵な清潔感のある俳優さんですね!

2014年には一般女性と結婚をされておられますので、枕を涙で濡らした女性ファンの方も多かったのではないでしょうか‥。

19歳の時に先輩からの勧めでオーディションを受けると見事に合格。
当初はアイドル系として俳優業をしていましたが、事務所を移して演技派俳優として下積み時代を送ります。
西島秀俊さんが一躍有名になったのは北野武監督の映画「Dolls」でしょうか。
人気のドラマ「MOZU」の劇場版では俳優としての武さんと共演をしていますね。
男としての渋い魅力が発揮された役柄を演じている事が多い様に感じます。

今回のとと姉ちゃんでは、営業部長として働く男性と、家族の長として頼れる父親の2つの面を活かした魅力ある役を演じて頂ける事を、お茶の間より期待しております!

困った役どころである小橋鉄郎と向井理さんをご紹介
高畑充希さんが演じる小橋常子のモデル「大橋鎭子さんの生涯」
小橋君子役は演技派女優の木村多江さん
大橋芳子さんとは~小橋美子を演じる杉咲花さんの演技力にも注目
花森安治の天才編集者としての人生とは【とと姉ちゃん・花山伊佐次】
とと姉ちゃん~キャスト・出演者一覧リスト【朝ドラ】
真田丸の出演者キャスト【NHK大河ドラマ2016年】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

注目の情報

  1. 2017年の大河ドラマ「おんな城主直虎」の主人公で、柴咲コウさんが熱演する井伊直虎(いい-なおとら)…



 スポンサーリンク

Twitter

ページ上部へ戻る