ひよっこ「あらすじ」~みね子と父・実との再会など知りたいとこが分かるドラマ展開情報【3】

ひよっこ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」のあらすじ・ストーリー展開です。
と言う事で「今後はどうなっていくのか知りたい」と、あらすじをご希望される皆様に、ストーリーを掲載させて頂く予定です。

ひよっこ~来週も見よう今後のあらすじ・展開などの情報【2】からの続きです。

ひよっこのあらすじは、最終回まで掲載させて頂こうと存じます。
ただし、その後ですので、放送を楽しみたい方は読まない方が良いかも知れません。
長く記載していると、お読みいただくのも時間が掛かると言うご意見を受けて【3】からは簡潔に記載したいと存じます。

スポンサーリンク



2017年8月の放送

菅野美穂さんが演じる女優の川本世津子(菅野美穂さん)から、実(沢村一樹さん)に関する新たな事実知った、みね子(有村架純さん)は、衝撃が大きく落ち込みます。

赤坂に戻ると、周りの人たちは、傷ついたみね子を慰めます。
そして、母・美代子に父の情報・消息を知らせる手紙を書きました。

その手紙を読んだ美代子(木村佳乃さん)は、東京にやってきてます。
そして、実の記憶喪失について詳しいことを知り、美代子も呆然となりながらも奥茨城に戻り、進とちよ子にも話しました。

1967年(昭和42年)の春になります。
高子が抜けて、忙しいすずふり亭でしたが、みね子に元気になってもらうと、鈴子(宮本信子さん)と省吾(佐々木蔵之介さん)らはみね子に休みを与えて、田植えを手伝うために実家へ帰省させます。

アパート「あかね荘」に愛子が引っ越したしった、元向島電機の仲間たちは、また集まりますが、今度は、愛子(和久井映見さん)の部屋にです。
そしてパーティーとなり、みね子も、久しぶりに心の底から笑う事が出来ました。

その後、由香(島崎遥香さん)が、話をしたいと、みね子を、バー「月時計」に呼び出しますが、時子(佐久間由衣さん)と早苗(シシド・カフカさん)もいて、由香が家を出た理由も明らかになります。

また、みね子は、自分と島谷さん(竹内涼真さん)との恋が、坪内祐二(浅香航大さん)と新田啓輔(岡山天音さん)ふたりの少女漫画のモデルになっていたことを知るようになり、落ち込みます。
更に、漫画の編集者が、ヒロインが地味だと評価したため、みね子は更に深く傷つきます。

そこを励ましたのが、秀俊(磯村勇斗さん)で、その言葉によってみね子は元気を取り戻しました。

そのころ、茨城の谷田部家では、みね子が給料の大半を仕送りし、好きな事もできていないことから、みね子を自由にしてあげようと、家族会議が開かれていました。

2017年9月の放送

昔の恋人が亡くなったと富(白石加代子)が、葬式に出席すると言うので、昼間抜けられる由香(島崎遥香さん)が付き添おうとします。
しか、鈴子(宮本信子さん)が同行することになり、すずふり亭のランチタイムを由香(島崎遥香さん)が手伝う事になりました。
そのころ、世津子(菅野美穂さん)はスキャンダルが原因で窮地に立たされており、記者に囲まれた自宅から出ることできませんでした。
そのため、みね子は、一計を案じて、救出します。
そして、アパートのみんなも巻き込んで、雑魚寝の「お泊まり会」となりました。
茨城の谷田部家では、コメ以外に収入を産むべく生産物として、宗男(峯田和伸さん)と滋子(山崎静代さん)が「花」を提案します。
赤坂では、由香(島崎遥香さん)が働く柏木堂に、鈴子(宮本信子さん)と省吾(佐々木蔵之介さん)が訪ねます。

あかね荘の新しい住人になった世津子は、プロレス好きの愛子(和久井映見さん)と意気投合します。
ツイッギーコンテストの準備を進める時子(佐久間由衣さん)は、自分をどうアピールしたらよいか悩み、世津子に相談して良いものか、迷いつつも相談します。
その結果、目指すイメージも固まり、コンテスト前日、裏の広場に商店街や乙女寮の仲間、さらには由香(島崎遥香さん)も駆けつけて「女性たちだけのリハーサル」が行われました。
このリハーサルの話はかなり費やされまして、ミニスカート姿の時子が、ステージに颯爽と現れます。
集まった女性たちは時子の姿のに大興奮し「きっと優勝する!」とみんなが確信し、グラスを手に、時子の優勝を願って乾杯します。
そして翌日、時子はいよいよツイッギーコンテストの本番に挑みました。
みね子は、鈴子(宮本信子さん)から託された「新しい制服」のデザインを探そうと本を広げますが、一方で、新しいメニューを考えている、秀俊(磯村勇斗さん)が顔を出して、2人きりの時間を過ごすことになります。
さおり(伊藤沙莉さん)は、時子(佐久間由衣さん)のコンテストも一段落し、三男(泉澤祐希さん)へ新たなアプローチを考えていました。
みね子は2人きりのすずふり亭で、秀俊(磯村勇斗さん)から食事に誘われたて承諾しました。
店に電気修理の男性がくると、その人は何と、向島電機の元ライン長・松下明(奥田洋平さん)だったので、驚いたみね子は、愛子(和久井映見さん)を呼んできます。
そんなとき、早苗(シシド・カフカさん)は、なぜか怒った様子で、世津子(菅野美穂さん)や住人らを、月時計へと連れて行きます。

早苗は、月時計でみんなに「永遠の25歳」にこだわる秘密の恋の話をしました。
世津子も、実への思いや、スキャンダルの発端となった叔父夫婦に対する思いをなどを語って行きます。
やがて、みね子は、秀俊(磯村勇斗)とランチに行くデートの日がやってきます。
そして、思いがけない形で、みね子の方から、秀俊に愛の告白をすることになってしまいました。
しかし、秀俊から改めて「つきあって欲しい」と気持ちを伝えられ、みね子は、幸せな気持ちが止まらなくなります。
愛子(和久井映見さん)も「シェフ」様への思いを発展させようとし、省吾(佐々木蔵之介さん)から誘われて珈琲を飲んでいる時に、戦争で亡くした、今でもずっと好きな人の話をするのでした。

すずふり亭「新メニュー」の試食会が開催されましたが、そのころ、三男(泉澤祐希さん)は、さおり(伊藤沙莉さん)から、返事を催促されて、自分の気持ちをはっきり伝えようと考えます。
あかね荘に来て6ヶ月がたった世津子(菅野美穂さん)も、そろそろ別れの時が近づいており、みんなに感謝の気持ちを伝えます。
漫画家コンビの祐二(浅香航大さん)と啓輔(岡山天音さん)は、みね子をモデルにした漫画で、編集者から無理な提案をされたため、断ったと報告しました。
実(沢村一樹さん)から「見せたいものがある」と言われた、みね子(有村架純さん)は、急いで奥茨城に帰ると、ちよ子(宮原和さん)と進(高橋來さん)が迎えに来ていました。
中華料理屋の五郎(光石研さん)と安江(生田智子さん)は、養子にした女の子・茜(上杉美風さん)を連れて広場にやってますが、茜は、緊張している様子でした。
奥茨城に帰ったみね子は、畑に咲き乱れる花々を見て驚きます。
その夜、角谷家の高子(佐藤仁美さん)や助川家のみんなも訪ねてきて、谷田部家の新しい門出を祝います。
1968年9月。東京に戻ってきたみね子には、妹のちよ子(宮原和さん)から手紙が届きました。
テレビ番組「家族みんなで歌合戦」にこっそり申し込んだが、家族で上京する費用がないと言う話で、みね子の秘策で、なんとか東京に来ることができた谷田部家と宗男(峯田和伸さん)と滋子(山崎静代さん)はテレビに出ます。
そのあと、谷田部家の家族は、念願だった赤坂・すずふり亭を訪ね、ハヤシライスを頂きます。

スポンサーリンク



※実際の放送内容は修正されることがあるなど、上記記載内容とは異なる場合もありますので、ご確認申し上げます。

ひよっこ~キャスト・出演者一覧リスト【NHK朝ドラ】
有村架純さんが2017年春のNHK朝ドラ「ひよっこ」ヒロイン~舞台は茨城県
佐久間由衣とは~NHKひよっこで助川時子を演じるフレッシュな女優さん
ひよっこで兼平豊子を演じる藤野涼子さん~謎は多いが実力派期待の若手女優さん
夏井優子を演じる八木優希さんとは~NHK朝ドラ「ひよっこ」
松本穂香さんがNHK「ひよっこ」に青天目澄子の役にて出演
秋葉幸子を演じる小島藤子さんとは?~NHK朝ドラ「ひよっこ」情報
元AKB48の島崎遥香さんがNHK朝ドラ「ひよっこ」にて牧野由香役
伊藤沙莉さんが佐久間由衣さんと再び共演することに安部さおり役
シシド・カフカさんがNHK朝ドラ「ひよっこ」にて謎の女性・久坂早苗に

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Twitter

ページ上部へ戻る