かぶき者慶次 4月9日スタート あらすじ前田慶次・晩年の物語


スポンサーリンク
スポンサーリンク

真田幸村 真田幸村にございます。
 いよいよ、前田慶次の物語となる「かぶき者慶次」の放送が開始されます。

 放送日は毎週木曜日の夜20時からで、NHK総合となります。
 もし、見逃した場合でも、次の週の木曜午後2時5分から再放送がありますので、録画でもしてください。

スポンサーリンク



 第1回放送のストーリー・あらすじとしては下記の通りです。

 関ケ原の戦いの後、徳川家康の天下に変わっていく中「戦国一のかぶき者」と称された前田慶次は、石田三成の遺児・前田新九郎を息子と偽り、上杉景勝の米沢にてひっそりと暮らしていた。
 前田慶次を実の父親と信じている前田新九郎は、徳川家が上杉取りつぶしを画策しているという噂があるにもかかわらず、風流三昧にて思いのまま過ごす前田慶次に反発を覚えていた。
 そんなある日、前田新九郎は、前田慶次の命を狙う伊達家の牢人・北川次右衛門と行き合うと言う話から始まります。

 放送は11回連続ですが、果たして、前田新九郎は本当の父の名を知る事になるのでしょうかね?
 あと、加賀の前田本家にいた前田慶次の娘・前田佐乃も、父がなかなか戻ってこないのを心配して、米沢にやってきて、米沢藩士の安田勝之進が恋心を抱くなど、多少のロマンスも含まれるようです。

 いずれにせよ、この木曜時代劇は久しぶりに実在した人物を題材にしたものでして、楽しみなところです。

 → 前田慶次に関してはこちら
 → 前田新九郎
 → その他の「かぶき者慶次」キャスト・出演者情報など

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

ページ上部へ戻る