下町ロケット「ヤタガラス」編へ! 出演者・キャスト一覧~TBS系列日曜21時より放映・~随時更新中!12/16最終回前スペシャル15分拡大!

 
下町ロケット1

スポンサーリンク
スポンサーリンク

TBS系列日曜ドラマ「下町ロケット(したまちろけっと)」キャスト、出演者リストです。
2015年に放送された「下町ロケット」の続編となります。
前作からの主要キャストは引き続き出演となります。
下町ロケット(したまちろけっと)>の放送はTBS系列日曜日・21時からとなります。

今回のテーマは、宇宙(そら)から大地へ、となります。
窮地の連続で絶体絶命のピンチを切り抜けるために、
社長である佃 航平は大きな決断をして、転換期を迎えるそうです。
佃製作所の新たな戦いの幕が上がります。

【主要キャスト】

(順不同・敬称略)
佃 航平(つくだこうへい)⇒阿部 寛(あべひろし)
<主人公。佃製作所の経営者でエンジニア>

佃 利菜(つくだ りな)⇒土屋太鳳(つちやたお)
<佃の娘で帝国重工でロケット開発をしている>

立花洋介(たちばなようすけ)⇒竹内涼真(たけうちりょうま)
<佃製作所技術開発部の若手エース>

山崎光彦(やまさき みつひこ)⇒安田 顕(やすだけん)
<佃製作所の社員。技術開発部長。>

江原春樹(えばら はるき)⇒和田聰宏(わだそうこう)
<佃製作所の社員。営業第二部係長>

迫田 滋(さこた しげる)⇒今野浩喜(こんのひろき)
<佃製作所の社員。経理部係長>

津野 薫(つの かおる)⇒中本 賢(なかもとけん)
<佃製作所の社員。営業第一部の部長>

唐木田 篤(からきだ あつし)⇒谷田 歩(たにだあゆみ)
<佃製作所の社員。営業第二部の部長>

加納アキ(かのう あき)⇒朝倉あき(あさくらあき)
<佃製作所で数少ない女性エンジニア>

軽部真樹男(かるべまきお)⇒徳重聡(とくしげさとし)
<佃製作所の孤高のエンジニア>

上島友之(うえしまともゆき)⇒菅谷哲也(すがやてつや)
<佃製作所の技術開発部。ロケットチームのバルブを担当>

佐伯文也(さえきふみや)⇒松川尚瑠輝(まつかわなるき)
<佃製作所の技術開発部。バブル開発チーム>

本田郁馬(ほんだいくま)⇒山田悠介(やまだゆうすけ)
<佃製作所の技術開発部。バブル開発チーム>

島津 裕(しまづ ゆう)⇒イモトアヤコ(いもとあやこ)
<トランスミッションメーカー・ギアゴーストの副社長であり、天才エンジニア>

柏田宏樹(かしわだひろき)⇒馬場徹(ばばとおる)
<トランスミッションメーカー・ギアゴーストのエンジニア。
伊丹と島津を信頼している>

坂本菜々緒(さかもとななお)⇒菅野梨央(かんのりお)
<<トランスミッションメーカー・ギアゴーストのエンジニア>

伊丹大(いたみまさる)⇒尾上菊之助(おのえきくのすけ)
<ギアゴーストの社長。
帝国重工の元社員で機械事業部で事業企画を担当経験あり>

氷室彰彦(ひむろあきひこ)⇒高橋努(たかはしつとむ)
<伊丹がスカウトしたエンジニア>※※第6話以降登場

堀田文郎(ほったふみろう)⇒宮尾俊太郎(みやおしゅんたろう)
<「ギアゴースト」のエンジニア、中堅社員>※※第8話より登場

戸川譲(とがわゆずる)⇒甲本雅裕(こうもとまさひろ)
<ベンチャー企業「キーシン」の社長>※※第6話以降登場

神田川敦(かんだがわあつし)⇒内場勝則(うりばまさのり)
<大手トランスミッションメーカー・ケーマシナリーの知財部長>

末長孝明(まつながたかあき)⇒中村梅雀(なかむらばいじゃく)
<ギアゴースト社の顧問弁護士。実は内通していた>

辰野(たつの)⇒六角精児(ろっかくせいじ)
<大森バルブの営業部長。佃製作所とコンペで競う>

蒔田(まきた)⇒山本圭祐(やまもとけいすけ)
<大森バルブの営業部員>

蔵田慎二(くらたしんじ)⇒坪倉由幸(つぼくらよしゆき)お笑いトリオ・我が家
<「ヤマタニ」の調達部長。佃製作所の大口取引先のひとつ>

入間直人(いるまなおと)⇒丸一太(まるいった)
<ヤマタニ製作所の工場長>

斎藤あゆみ(さいとうあゆみ)⇒原アンナ(はらあんな)
<帝国重工社員>

野木博文(のぎひろゆき)⇒森崎博之(もりさきひろゆき)
<佃の大学時代の同級生で大学教授。
無人農業ロボットの研究をしている>※※第6話から登場

奥沢靖之(おくさわやすゆき)⇒福澤朗(ふくざわあきら)
<帝国重工、機械製造部長。次期社長候補・的場俊一の側近>

仁科美咲(にしなみさき)⇒ぼくもとさきこ
<佃製作所の事務員>

一村隼人(いちむらはやと)⇒今田耕司(いまだこうじ)
<北陸医科大の心臓外科医>

和泉沙耶(いずみ さや)⇒真矢ミキ(まやみき)
<佃の元妻。宇宙科学開発機構の研究員>

神谷修一(かみや しゅういち)⇒恵 俊彰(めぐみとしあき)
<佃製作所の命運を一身に背負って闘う敏腕弁護士>

中川京一(なかがわ きょういち)⇒池畑慎之介(いけはたしんのすけ)
<ライバル企業のイヤミな顧問弁護士>

青山賢吾(あおやまけんご)⇒中山優貴(なかやまゆうき)
<中川京一の助手の若手弁護士>

水原重治(みずはら しげはる)⇒木下ほうか(きのしたほうか)
<帝国重工の宇宙航空部本部長>

重田登志行(しげたとしゆき)⇒古舘伊知郎(ふるたちいちろう)
<小型エンジンメーカー「ダイダロス」の社長。佃製作所のライバル企業>

北堀哲哉(きたぼりてつや)⇒モロ師岡(もろしおか)
<重田の公立進学校の同級生。テレビ制作会社「北堀企画」社長>
※※第6話以降登場

重田登志信(しげたとしのぶ)⇒中尾彬(なかおあきら)
<「ダイダロス」の社長・重田登志行の父で重田工業の会長。失意の中他界。
帝国重工の会長と同窓。>

佃 和枝(つくだ かずえ)⇒倍賞美津子(ばいしょうみつこ)
<佃航平の母。航平と孫娘の利菜と3人で暮らしている>

殿村直弘(とのむら なおひろ)⇒立川談春(たてかわだんしゅん)
<佃製作所の経理部長。父親が倒れる。300年続く農家であり、
今作で大きな鍵を握る>

吉井浩(よしいひろし)⇒古川雄大(ふるかわゆうた)
<新潟の大農家の三男坊で農林業協同組合勤務。
殿村にことごとく反発する>※※第6話から登場

稲本彰(いなもとあきら)⇒岡田浩暉(おかだこうき)
<殿村の同級生。田んぼを売ってくれと頼む>

殿村咲子(とのむらさきこ)⇒工藤夕貴(くどうゆうき)
<殿村直弘の妻。義父が倒れたのち週末ごとに実家のコメ作りを手伝う>

殿村正弘(とのむらまさひろ)⇒山本學(やまもとまなぶ)
<殿村直弘の父。米農家で倒れてしまう>

殿村恭子(とのむらきょうこ)⇒立石涼子(たていしりょうこ)
<殿村正弘の妻で殿村直弘の母>

財前道生(ざいぜん みちお)⇒吉川晃司(きっかわこうじ)
<帝国重工の宇宙航空開発部部長であり、佃の盟友>

的場俊一(まとばしゅんいち)⇒神田正輝(かんだまさき)
<帝国重工次期社長候補>

藤岡会長(ふじおかかいちょう)⇒品川徹(しながわとおる)
<帝国重工の会長>

藤間秀樹(とうま ひでき)⇒杉 良太郎(すぎりょうたろう)
<帝国重工の絶対的な存在である社長>

<<第3話ゲスト>>

安本年男(やすもととしお)⇒古坂大魔王(こさかだいまおう)
<帝国重工の審査部信用管理室所属。
佃製作所へと派遣され執拗に追い込む>

<<第5話ゲスト>>

照井(てるい)⇒プチ鹿島(ぷちかしま)
<帝国重工・機械事業部課長。伊丹の企画書を酷評しつっかえした>

<<第8話>>

石井亮次(いしいりょうじ)<CBCアナウンサー>

<<第9話>>

若き日の的場俊一(まとばしゅんいち)⇒神田穣(かんだじょう)
<30年前の的場俊一>

的場俊一(まとばしゅんいち)の母⇒星奈優里(ほしなゆり)
<的場が若かった30年前の回想での母親>

的場俊一(まとばしゅんいち)の父⇒木下政治(きのしたせいじ)
<的場が若かった30年前の回想での父親>

黒崎貴之(くろさきたかゆき)<BSNアナウンサー>

三石佳那(みついしかな)<BSNアナウンサー>

麦島侑(むぎしまたすく)<BSNアナウンサー>

(引用元:公式サイト「下町ロケット」「下町ロケット2015版」より)



【原作】

池井戸 潤
「下町ロケット ゴースト」
「下町ロケット ヤタガラス」
小学館刊

【スタッフ】

(敬称略)
脚本:丑尾健太郎
   槌谷健
   神田優

プロデューサー:伊與田英徳・峠田 浩

演出:福澤克雄・田中健太

音楽:服部隆之

劇中歌:LIBERA(リベラ)
「ヘッドライト・テールライト」

ナレーション:松平定知

【あらすじ・ゴースト編】

帝国重工の純国産ロケット開発計画
「スターダスト計画」により実現するなど、順調な佃製作所。
ある日、帝国重工の社長交代により、
スターダスト計画は次回で終わるかもしれない――
と帝国重工から告げられてしまいます。
ロケット製造に関わることは佃の夢であるとともに、
佃製作所社員たちの精神的支柱にもなっていたのでした。
更に、追い打ちをかけるように、
大口取引先の農機具メーカーから小型エンジンの取引削減を告げられます。
理由は性能よりもコスト重視でした。
技術力が売りの佃製作所は
存在意義が揺らぎ始め、佃は強い危機感を抱きます。
そうした中、佃製作所の経理部長・殿村の父親が倒れます。
殿村の実家は300年続く農家でした。
週末ごとに帰省する殿村を見舞う佃と山崎。
トラクターを運転する殿村をじっと見て、
佃はあることに気づき、それは、
佃自身の中に新たな夢が生まれた、瞬間でした。
(引用元:公式サイト「下町ロケット」より)

【第2話あらすじ・ゴースト編】

殿村の実家へ行き、【トランスミッション開発】という新たな夢を持った佃です。
ギアゴーストのコンペで大森バルブに勝利し、
順調そうな佃製作所でありましたが、
ギアゴーストが
ライバル企業のケーマシナリーから特許侵害の指摘を受け、
コンペの話が白紙になろうとしていました。
特許侵害を指摘したケーマシナリーに話を持ち掛けたのは、
佃製作所とも因縁のある弁護士・中川京一でした。
そこで、佃は自社の顧問弁護士である神谷修一に相談すると、
予想外な答えが返ってきましたた。
ギアゴーストに全面協力することにした佃製作所でしたが、
度重なるトラブルに難航し、社内は不穏な空気になります。
特許侵害訴訟からギアゴーストは逃れることができるのでしょうか?
新たな挑戦に向け、歩きだす佃たちは果たして!
(引用元:公式サイト「下町ロケット」より)

【第3話あらすじ・ゴースト編】

ギアゴーストの協力のもとで
新作バルブシステムの開発も順調に進み、
最後の難関である燃焼実験のみとなっていました。
そうした中、帝国重工の水原に呼ばれた佃は、
信用調査を受け入れなければならないと告げられます。
その背景には、ギアゴーストとの買収話が関わっていました。
信用調査の当日、殿村が自宅を出ようとすると、
父・正弘が倒れ、緊急手術になりました。
殿村不在のなか、
帝国重工の審査部信用管理室の
安本に詰められる佃製作所メンバーは、
指示された覚えのない書類の不備で
窮地にたたされてしまいます。
果たして佃製作所はこのピンチをどう乗り切るのか!
そして、実はこれには・・・・?
(引用元:公式サイト「下町ロケット」より)

【第4話あらすじ・ゴースト編】
帝国重工の信用調査をなんとか乗り越えた佃製作所でしたが、
ギアゴースト買収問題の裏に存在する
宿敵の存在が明らかになり、
裁判へと持ち込まれることになってしまいました。
そうした佃製作所がピンチを迎えている一方で、
番頭・殿村がある重大な決意を心に決めていたんでした。
(引用元:「下町ロケット」公式サイトより)

【第5話あらすじ・ゴースト編完結】

ついにギアゴーストは
ケーマシナリーとの特許侵害訴訟・第一回口頭弁論の日を迎えました。
伊丹、島津らギアゴーストの社員、
佃、退職を決めた殿村ら佃製作所の社員が見守る中、
運命の判決はどうなるのでしょうか?
一方、的場の指示で
スターダスト計画から離れることになった
財前は、次はロケットに関わる新事業開発の部署でした。
ひょんなことから、
佃製作所の社員たちと殿村家の稲刈りを手伝うことになった財前は、
改めて重要なことに気づかされるのでした。
(引用元:「下町ロケット」公式サイトより)

【第6話あらすじ・ヤタガラス編開始】

島津から、ギアゴーストはダイダロスと資本提携をしたと聞いた佃たち。
急いで伊丹のもとを訪れますが、
的場への復讐に燃える伊丹は、佃製作所からの恩義を忘れ、
「あなたたちとでは生き残ることはできない」と非情な宣告をしてしまいます。
それを聞いた佃は激昂しますが、伊丹は取り合わず……。
そんな折、財前が佃を訪ねてきます。
財前は新規事業として、
無人農業ロボットの開発を目指していると告げます。
それは、高齢化が進み、
深刻な労働力不足にあえいでいる日本の農業を救いたいという思いからでした。
そこで、新しく帝国重工が開発する農機具のエンジンと
トランスミッションを佃製作所に供給してもらいたいという申し出でした。
さらに財前はほかの協力者として、
北海道農業大学の教授で、
無人農業ロボット研究の第一人者である、野木の名前を挙げます。
野木は佃の大学時代の同期で、
互いを高めあった親友でした。
そんな野木を新規事業に協力するよう、
説得してくれと頼まれる佃でしたが……。
(引用元:「下町ロケット」公式サイトより)

【第7話あらすじ・ヤタガラス編】

ある日、財前が佃製作所を訪れました。
佃らは笑顔で迎え、試作中のトランスミッションの説明をします。
けれども、そこで財前が告げたのは、突然の取引中止でした。
聞けば、帝国重工の次期社長候補と目される的場により、
エンジンとトランスミッションの内製化の方針が
急きょ決定したということでした。
長年取引のあったヤマタニに仁義を通し、
社運を賭けた挑戦だっただけに、
佃をはじめ社員たちも抗議しますが、
板挟みの財前にはどうすることもできませんでした。
さらに財前は、
こんな状況でさらに厚かましいお願いを
しなければならないと切り出しました。
それは、佃製作所が離脱するなら
プロジェクトを降りると言う野木を
説得してほしいというものでした。
自分たちは梯子を外され、
そのうえ親友・野木の説得と、
さすがに虫がよすぎると激昂する佃でしたが?
(引用元:「下町ロケット」公式サイトより)

【第8話あらすじ・ヤタガラス編】

満を持して、記者会見の場で
無人農業ロボットの開発を発表した
帝国重工の次期社長候補・的場でした。
けれども翌日、朝のニュース番組で取り上げられていたのは
重田や伊丹らが手掛けた下町トラクター「ダーウィン」だったのでした。
さらに追い打ちをかけるように、
週刊誌に的場に関連する記事が掲載されます。
それは、今までいくつもの下請け会社を潰してきたという、
的場の暴露記事だったのでした。
怒りに震え、後のない的場は無人農業ロボット「アルファ1」の開発を急がせます。
一方、佃ら佃製作所のメンバーも、
敵ながら重田らの鮮やかな手腕に驚きを隠せません。
そうした時、野木から
大規模な農業イベントである「アグリジャパン」の開催を聞いた佃は、
殿村を誘い会場へ足を運ぶのでした。
(引用元:「下町ロケット」公式サイトより)

【第9話あらすじ・ヤタガラス編】

農業機械の展示会「アグリジャパン」という公の場で、
醜態を晒してしまった帝国重工の無人農業ロボット「アルファ1」。
信用回復のため原因究明に奔走する的場や奥沢たちは、
最初から自分たちの落ち度の可能性は認めず、
野木の自動走行制御システムに問題があったと結論づけてしまいます。
それだけれはなく、その原因を究明するにあたり、
開発コードをよこせと無理難題をふっかけて来る有様でした。
そんな時、親友である野木から
窮地の知らせを聞いた佃は怒りに震え、
財前にある提案をするのでした。
(引用元:「下町ロケット」公式サイトより)

【第10話あらすじ・ヤタガラス編】

財前から再び
無人農業ロボットのエンジンとトランスミッションの供給を頼まれた佃製作所。
悩む佃でしたが、社員の中には、
失敗の許されないこの挑戦に後ろ向きの者たちもいました。
今までのノウハウを生かし、エンジンには絶対の自信があるのですが、
問題はやはり経験不足の感が否めないトランスミッションです。
そこで佃は、
大学講師のアルバイトとして働く島津のもとを訪れ、
改めて一緒に仕事をしないかと誘うのでした。
悩む島津でしたが、立て続けに伊丹(尾上菊之助)が訪れてきたのです。
(引用元:「下町ロケット」公式サイトより)



<第1話・その他の出演者>

庵原匠悟・倉田秀人・落合福嗣・原元太仁・中野英樹
上杉宗睦・小石周平・塩谷南・新見文規・谷手人・中谷栄輝・益田恵梨菜・森本竜馬
吉田洗史・生島翔・市原文太郎・伊東大地・えのきさりな・平野舞・三嶋健太・宮田竜介
匁山剛志・市原朋彦・鈴木浩文・森岡宏治・山田篤史

<第2話・その他の出演者>

上杉宗睦・小石周平・塩谷南・新見文規・谷手人
中谷栄輝・益田恵梨菜・森本竜馬・吉田洗史
生島翔・市原文太郎・伊東大地・えのきさりな・平野舞
三嶋健太・宮田竜介・匁山剛志・市原朋彦・鈴木浩文・森岡宏治・山田篤史
落合福嗣・中山優貴・山田拓也

<第3話・その他の出演者>

上杉宗睦・小石周平・塩谷南・新見文規・谷手人
中谷栄輝・益田恵梨菜・森本竜馬・吉田洗史・生島翔
市原文太郎・伊東大地・えのきさりな・平野舞・三嶋健太
宮田竜介・匁山剛志・市原朋彦・鈴木浩文・森岡宏治・山田篤史
林健太郎・伊藤亜斗武・橘ひかる・馬場啓介・佐々木徹
小佐田貢・阪本尚平・市川源・宮瀬彩加・立花廉・実由・渡貫太公

<第4話・その他の出演者>

佐藤裕
上杉宗睦・小石周平・塩谷南・新見文規・谷手人
中谷栄輝・益田恵梨菜・森本竜馬・吉田洗史・生島翔
市原文太郎・伊東大地・えのきさりな・平野舞・三嶋健太
宮田竜介・匁山剛志・市原朋彦・鈴木浩文・森岡宏治・山田篤史
寒川綾奈・石川啓介・曽根圭太・三浦祐介

<第5話・その他の出演者>

佐藤裕・岡安泰樹
上杉宗睦・小石周平・塩谷南・新見文規・谷手人
中谷栄輝・益田恵梨菜・森本竜馬・吉田洗史・生島翔
市原文太郎・伊東大地・えのきさりな・平野舞・三嶋健太
宮田竜介・匁山剛志・市原朋彦・鈴木浩文・森岡宏治・山田篤史
下川京子・村上翔也・桑原辰旺・櫻木綾

<第6話・その他の出演者>

日向丈・保田賢也
神戸誠治・古谷佳也・中村僚志
上杉宗睦・小石周平・塩谷南・新見文規・谷手人
中谷栄輝・益田恵梨菜・吉田洗史・生島翔・市原文太郎
伊東大地・えのきさりな・平野舞・三嶋健太・宮田竜介
匁山剛志・市原朋彦・鈴木浩文・森岡宏治・山田篤史
兼高主税・小川拓也・大屋悟

<第7話・その他の出演者>

古川枝里子・近藤丈靖
高島豪志・上村彩子
神戸誠治・原田裕章・長島慎治
上杉宗睦・小石周平・新見文規・吉田洗史

<第8話・その他の出演者>

辰巳蒼生・新井郁・笠松将
神戸誠治・兼高主税・小川拓也・大屋悟
山口森広・伊丹英寿・田森就太

<第9話・その他の出演者>

神田穣・神戸誠治・佐藤タダヤス

<10月開始予定のその他のドラマです>
10月10日放送開始の日テレ系列水曜ドラマです⇓⇓
獣になれない私たち・主要キャスト一覧~日テレ系水曜日22時、10月10日より放映開始。脚本は野木亜紀子さん。

10月11日(木)21時放送開始のテレビ朝日系列のドラマです⇓⇓
リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子、主要キャスト一覧~テレビ朝日系列10月11日木曜日21時放送開始

10月12日(金)放送開始のNHK金曜ドラマです⇓⇓
昭和元禄落語心中、主要キャスト一覧~NHK金曜ドラマ10月12日22時より放送開始

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク



 スポンサーリンク

Twitter

ページ上部へ戻る