昭和元禄落語心中、主要キャスト一覧~NHK金曜ドラマ~随時更新中!

昭和元禄1

スポンサーリンク
スポンサーリンク

NHK金曜ドラマ「昭和元禄落語心中」主要キャスト、出演者リストです。
放送は、NHK金曜ドラマ22時から放送中です。
再放送/総合は翌週水曜日(火曜深夜)です。
第1回の再放送は2018年10月24日(水)午前1時40分(火曜深夜)
※※通常より10分遅い放送です※※

大きなテーマは「落語」ですが、その中に見え隠れする
「友情」「対照的な才能」「情愛」「嫉妬」「別れ」「ミステリー」といった
ヒューマン・ドラマだそうです。

原作は漫画で、現在は既に連載は終了していますが、
2013年には、
第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞
2014年には、
第38回講談社漫画賞一般部門、
2017年には、
第21回手塚治虫文化賞新生賞を
受賞しているそうです。

テレビアニメとしてTBS系列で、
第1期が2016年1月~3月、
第2期が2017年1月~3月にかけて放送されていました。

主要キャスト】(順不同・敬称略)
八代目 有楽亭八雲(菊比古)(はちだいめ ゆうらくていやくも・きくひこ)
⇒岡田将生(おかだまさき)
<戦前から戦後、平成まで長く活躍した落語家で芸風はクールで孤高。
前座名「菊比古」で、そのまま真打ちに昇進しその後、「八雲」を襲名。
弟子を取らない主義だが、何故か与太郎だけ、弟子入りを許す。10代から老年まで演じる>

有楽亭与太郎(ゆうらくてよたろう)⇒竜星涼(りゅうせいよう)
<刑務所に服役中、八雲の落語に触れて、弟子入りを決意。
弟子を取らないことで有名な八雲に、体当たりで入門を直訴した。
刑務所に入る前はヤクザと付き合いがあったとも>

小夏(こなつ)⇒成海璃子(なるみりこ)
<八雲の養女。八雲のかつての親友で早世した天才落語家、有楽亭助六の娘。
子供の頃、両親が事故死。八雲のことを「親の仇」と憎んでいる>

みよ吉(みよきち)⇒大政絢(おおまさあや)
<小夏の母で芸者。八雲が、菊比古の名前だった時代に知り合った芸者。
菊比古のことを献身的に支えながら、
菊比古の親友である助六と添い、一人娘の小夏を生み、
助六とともに、若くして事故死した>

松田(まつだ)⇒篠井英介(ささいえいすけ)
<八雲と小夏の身の回りの世話している。先代の八雲から仕えていた>

アマケン(あまけん)⇒夙川アトム(しゅくがわあとむ)
<落語評論家>

イネ(いね)⇒宍戸美和公(いしどみわこ)
<寄席の場内係>

アキコ(あきこ)⇒しるさ
<寄席の場内係>

円屋 萬歳(つぶらや ばんさい)⇒平泉成(ひらいずみせい)
<100人の弟子を持つ落語界の重鎮。>

円屋 萬月(つぶらや まんげつ)⇒川久保拓司(かわくぼたくじ)
<萬歳の弟子であり息子。八代目八雲の落語に惚れ込んでいる>

お栄(おえい)⇒酒井美紀(さかいみき)
<小夏が勤めている料亭の女将。小夏の母・みよ吉とはかつての芸者仲間だった>

席亭(せきてい)⇒俵木藤汰(たわらぎとうた)
<寄席(よせ)の主人>

兄貴(あにき)⇒永岡祐(ながおかたすく)
<与太郎のヤクザ時代の兄貴分。
ヤクザ復帰を唆すが、八代目八雲に無理やり寄席に連れていかれ、
与太郎の落語に対する情熱を理解して去っていった>

七代目有楽亭八雲(ななだいめゆうらくていやくも)
⇒平田満(ひらたみつる)
<菊比古と初太郎(二代目助六)の師匠>

木村屋彦兵衛(きくらやひこべえ)⇒柳家喬太郎(やなぎや きょうたろう)
<若き日の八代目八雲(菊比古)大きな影響を与える落語家>
⇑⇑このドラマの落語監修をされております⇑⇑

有楽亭助六(初太郎)(ゆうらくていすけろく・はつたろう)
⇒山崎育三郎(やまざきいくさぶろう)
<少年の頃、八雲と同じ師匠に、同じ日に弟子入りした
聞かせて笑わせる天才落語家。
八雲の親友であり、憧れの落語家であり、永遠のライバルでもある。
前座名は「初太郎」。みよ吉との間に小夏をもうけるも、若くして事故死>
(引用元:「昭和元禄落語心中」公式サイトより)

スタッフ】(敬称略)
原作:雲田はるこ「昭和元禄落語心中」
脚本:羽原大介(映画「フラガール」、連続テレビ小説「マッサン」など)
音楽:村松崇継(映画「メアリと魔女の花」、「8年越しの花嫁 奇跡の実話」など)
演出:タナダユキ 清弘誠 小林達夫
落語監修:柳家喬太郎
落語指導:入船亭扇辰
主題歌:ゆず「マボロシ」(書き下ろし新曲)
(引用元:「昭和元禄落語心中」公式サイトより)

あらすじ
昭和初期、落語の世界に入った八雲は、
同期入門の落語の天才・助六と、固い友情で結ばれます。
八雲は助六の芸に憧れ、嫉妬し、追いつこうともがき、
芸者・みよ吉にも支えられ、成長していくます。
やがて、助六とみよ吉とが結ばれ、
一人娘の小夏をもうけますが、
ふたりは謎に満ちた事故死を遂げてしまいます。
八雲はその死を巡る秘密を抱いたまま、
ふたりの遺児・小夏を引き取り育てます。
小夏は、八雲を「親の仇」と恨んで成長し、
やがて八雲の弟子・与太郎とともに、
八雲がひた隠す「助六とみよ吉の死の真相」に迫っていのです…。
(引用元:「昭和元禄落語心中」公式サイトより)

<その他の出演者>
吉見幸洋・大西利空・庄野凛

【第2話あらすじ】
八雲と助六が、落語の世界に入ったのは昭和10年代でした。
前座として寄席に出る頃には、日本は戦争のまっただ中だったのです。
不安に満ちた日々を経て、昭和20年の夏、終戦。
そして、彼らの運命を変える、孤独な芸者・みよ吉が現れました…。

<10月開始予定のその他のドラマです>
10月10日放送開始の日テレ系列水曜ドラマです⇓⇓
獣になれない私たち・主要キャスト一覧~日テレ系水曜日22時、10月10日より放映開始。脚本は野木亜紀子さん。

10月11日(木)21時放送開始のテレビ朝日系列のドラマです⇓⇓
リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子、主要キャスト一覧~テレビ朝日系列10月11日木曜日21時放送開始

10月14日(日)放送開始のTBS系列のドラマです⇓⇓
下町ロケット・主要キャスト一覧~TBS系列日曜21時10月14日放送開始!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク



 スポンサーリンク

Twitter

ページ上部へ戻る