凪のお暇・TBS系列、金曜日22時より放映中!あらすじ・出演者随時更新中!

 
凪のお暇

凪のお暇(なぎのおいとま)】

空気を読んで無難に生きるのもうやめよう。
28歳・凪の「人生リセットストーリー」

(参考元:公式サイトより)

【放送日時・放送局】

【TBS系列】:2019年7月金曜日午後10時より

【制作スタッフ】(順不同・敬称略)

【原作】コナリミサト「凪のお暇」(秋田書店「Eleganceイブ」連載)
【脚本】大島里美
【プロデューサー】中井芳彦
【演出】坪井敏雄・山本剛義・土井裕泰
【音楽】パスカルズ
【主題歌】
miwa 「 リブート 」 (ソニー・ミュージックレーベルズ)
【制作著作】TBS

【主要キャスト】

(順不同・敬称略)
大島凪(おおしまなぎ)⇒黒木華(くろきはる)
<常にその場の空気を読み、他人に合わせて生きており、
日々何事もなく過ごすことを目標としている
真面目で気が弱く優しく良い人代表の女性。
しかし、とうとう過呼吸で倒れてしまう。
そして自分を見つめ直し、人生のリセットを決意。
会社を辞め、住んでいたマンションも解約し、
付き合っていた彼氏もろとも、
関わっていたすべての人たちとの連絡も絶ち、
コンプレックスだった天然パーマもそのままに、
幸せになるため人生の再生を図ろうとする>

我聞慎二(がもんしんじ)⇒高橋一生(たかはしいっせい)
<凪と同じ会社で働く営業部のエース。
その場の空気を瞬時に読み、臆することなく人の懐にスッと入ることができる。
営業成績は常にトップで会社では完璧な男性。
けれども、凪に対しては恐ろしく不器用で、
感情に言動が伴わず、人生リセットを決断した凪を心配するも、
その言動で余計に嫌われていく不憫さを持つ>

安良城ゴン(あらしろごん)⇒中村倫也(なかむらともや)
<凪が新たな生活先に選んだアパートの隣の部屋に住む男性。
出会う全ての女子が彼を好きになるという人たらしのイベントオーガナイザー。
腕には入れ墨があり、毎晩クラブ仲間と部屋で飲み騒ぐという
どこか危険な匂いのする男。
その風貌に最初は警戒する凪だが、
ゴンが持つ優しく温かい空気に次第に心を許していく>

坂本龍子(さかもとりょうこ)⇒市川実日子(いちかわみかこ)
<凪がハローワークで出会う。
成績優秀で高学歴だが凪とは正反対で空気が読めない>

足立心(あだちこころ)⇒瀧内公美(たきうちくみ)
<凪が務めていた会社の同僚>

江口真央(えぐちまお)⇒大塚千弘(おおつかちひろ)
<凪が務めていた会社の同僚>

織部鈴(おりべすず)⇒藤本泉(ふじもといずみ)
<凪が務めていた会社の同僚>

エリィ水谷果穂(みずたにかほ)
<ゴンと仲の良いパフォーマー>

タカモクタール
<ゴンの仲間のパフォーマー>

ノリ松永拓野(まつながたくや)
<ゴンの仲間のパフォーマー>

市川円(いちかわまどか)⇒唐田えりか(からたえりか)
<大阪支店から異動してきた慎二の後輩>

白石うらら(しらいしうらら)⇒白鳥玉季(しらとりたまき)
<白石みすずの娘で小学生5年生>

ママ武田真治(たけだしんじ)
<慎二の行きつけのスナック 「バブル」 のオーナー>

(あん)⇒中田クルミ(なかたくるみ)
<慎二がよく訪れるスナック 「バブル」 のスタッフ>

小倉康明(おぐらやすあき)⇒谷恭輔(たにきょうすけ)
<慎二の同僚>

井原亮(いはらりょう)⇒田本清嵐(たもとそらん)
<慎二の同僚>

大島夕(おおしまゆう)⇒片平なぎさ(かたひらなぎさ)
<北海道で一人で暮らす凪の母>

白石みすず(しらいしみすず)⇒吉田羊(よしだよう)
<うららの母親で、働きながら一人娘を育てるシングルマザー。
凪の引っ越し先のアパートの隣の部屋に住む>

吉永緑(よしながみどり)⇒三田佳子(みたよしこ)
<凪と同じアパートに住み、他人の目を全く気にせず日々の生活を謳歌している>

(引用元:公式サイトより)

<第1話>
会社の会長森本レオ(もりもとれお)
<凪が勤めていたメーカーの会長>

【あらすじ】

都内にある家電メーカーで働く
サラサラストレートヘアが特徴的な28歳の大島凪は、
日々何事もなく平穏に過ごすために常に場の空気を読み
「わかる!」と周りに同調することで自分の平和を保ってきました。
いつもニコニコ、ビクビク、人の顔色を伺う凪の様子に同僚からは、
いじり、“良い意味で”のダメ出し、
そして理不尽な仕事をふられ放題の毎日でした。
そんな「なんだかなぁ〜」な生活を送っていたある日、
付き合っていた彼氏・我聞慎二からの一言がきっかけで
心がぽっきりと折れてしまいます。
それをきっかけに
「わたしの人生、これでいいのだろうか・・・」と
見つめ直した結果、凪は人生のリセットを決意するのでした。
会社を辞め、家も引き払い、
交際していた彼氏もろとも知り合いとの連絡を絶ち、
SNSをやめ、携帯も解約していまいます。
幸せになるために人生のリセットを図り、
東京郊外の六畳一間のオンボロアパートに引っ越した凪。
コンプレックスの天然パーマを隠すため、
毎朝1時間かけてアイロンをかけていた
サラサラストレートヘアもやめて、
天然パーマそのままに生きることを決意。
仕事もこれまでのつながりも予定もない、
誰にも縛られない 楽しいはずの自由な生活。
でもやっぱり人の目を気にしてしまい凪は空気を読んでしまいそうに・・・。
凪を追いかけてきた慎二やアパートの隣人・ゴン、
そして新しく出会った人たちに囲まれながら、
凪の人生リセットストーリーが今、始まります。

(引用元:公式サイトより)

【第1話・その他の出演者】
八百屋のアニキの新人レジ係⇒ファーストサマーウィカ
足立智充・コトブキ・ツカサ・滝沢恵
沖中玲平・もろいくや・園田裕樹・北野まゆ
毛利愛美・北村海歩
小林希唯(声の出演)
土田大(声の出演)

【第1話の感想と第2話】
ナイーヴで壊れそうで可愛らしい凪を
黒木華さんが演じています。
ドラマの最初に出てくるイヤ~な女子従業員に
イジワルをされても反撃もせず、
ただにこにこ・・・・。
でも、心の中はぐらぐらに揺れていて、
とうとう真実を知ってしまい、
更に追い打ちをかける
恋人の冷たくとげのあるセリフで
壊れてしまった凪・・・。

そうか凪だもん・・・。
なんて繊細でかわいらしくて
いじらしいのでしょうか。
どこかで反撃を・・をなんて、
それは今までの黒木華さんが
演じてこられたキャラクターであって、
凪ではありません。
ある意味、今まで演じてこられた
キャラクターとは真逆である
凪をどう黒木さんが演じ、
凪特有の風を表現していくのか楽しみです。
そして、登場人物たちは
それぞれ独特の風をまとっています。
空気、かもしれませんが、
私は風と思うのです。
だって、風は動いて変化しますものね。
ゆるふわ系でどこか「まーくん」を感じさせるゴンと、
冷たい空っ風のような慎二。
その狭間でまさしく「凪」状態の凪。
ずっと「凪」のまんまなのか、
どう変化していくのか・・・次回も楽しみです。

【第2話あらすじ】

全てを捨てて人生のリセットを決意した
アラサー女子の 凪は、
東京郊外にある6畳一間のアパートで
再出発を図ろうとしていました。
しかし、突然訪ねてきた
元カレ・慎二からの 「お前は絶対、変われない」
という言葉に、凪の心は激しく荒れていました。
そんな時、ふと目に入ったのは様々な支払い用紙。
生きているだけで
お金が減っていく現実に凪は危機感を覚え、
失業保険の給付を受けるためにハローワークへ行きます。
そこで、なにやら担当者ともめている
坂本龍子 と出会います。
落ち込んでいる様子の龍子に、
凪は勇気を出して話かけてみたものの?
一方、慎二は行きつけのスナック「バブル」で
ママ や 杏から
“女心が分かっていない”
と説教を受け、
凪との復縁はないと言われてしまいます。
ヤケをおこした慎二は、
凪のアパートへ行き
執拗にチャイムを鳴らすも凪は留守。
そんな慎二に声を掛けたのは
上の階に住む 吉永緑でした。
その頃、凪は隣人の ゴンと一緒に
近所の公園でバーベキューをしていました。
ゴンが持つ、
ゆるっとやわらかな空気に癒される凪でしたが、
ゴンと家に戻ったところで、
慎二と出くわしてしまいます。
凪は隣に住む うららと予定があると言い
慎二を避けますが、
なぜか凪の部屋で慎二とうらら、
緑、ゴンとトランプをする羽目になるのでした。

(引用元:公式サイトより)



【私が28歳だったころ】

このお話は、全てではありませんが、読んだことがあります。
いつもアップアップして心がぽきっと折れてしまいそうなヒロイン。
感心したのは、毎朝1時間もかけてブローする髪。
本来はアフロのような天然ちりちりパーマですが、
そこを何とも見事なさらさらストレートヘアに仕上げるのです。
なので、このヒロインがいかに周囲に気を使い、
また自身も完璧を目指す女性であるかが把握できます。
私はその時点で「まあいいや」でしたので・・・。
片方はふわっと内巻き、もう片方及び後ろは常に、
外巻き外はねヘアでした。
でも、気にしない気にしない・・・。

28歳の時に転職し、やはりそれまでの人間関係を3分の2ですが、
リセットした経験があります。
「28歳」は女性にとって大切な時。
身体の方は、丁度28歳から30歳前後くらいが、
最も綺麗な時期とされています。
痩せ気味の人はふっくらとして、
太り気味の人はすっと体がしまる・・。
女性ホルモンの影響ともいわれていますが、
一番綺麗な時を迎えます。
そして仕事の方も、いろいろ覚えて学んで
どんどん吸収して上に上がって、
仕事そのものに興味を覚える時期。
そして、結婚やその先の子供を持つことを具体的に
描いていくときなのです。
そんな人生の大事な節目の時ですから、
やっぱり「これでいいのかな?」と思うのは
当然のこと。
私は「このままではいけない」と
転職し、通勤も全く違う方向になり、
地方都市から都会の真ん中になりました。
都会の雑踏はそのころの私にとっては
居心地のよいものとなりました。
住んでいる処は母一人をおいていけないので
残念ながら実家のままでしたが、
都会に通い、帰宅は21時から22時頃になる私に対して
小言の毎日でしたがそこは「馬耳東風」でした。
支配欲の強い母でしたので、
その時間に娘が帰宅することがNGでした。
姉が働いていたころは大体姉の帰宅は早くて23時過ぎ、
時には日付を過ぎていましたが、
将来は自分を養ってくれてずっとそばにいるものだと
思っていたのに、まさかの結婚でまさかの家を出ました。
(いや・・・当然なんですけど)
それが当時の母にとっては裏切り行為に等しく、
余計に私に回ってきたのでした。
でも、私にとっては姉が家を出たことで、
これまでがんじがらめで服装や髪型、
勤務先から家に入れるお金、付き合う人種まで事細かに
母と姉に決められていたので、
その「監視役」が一人減ったのは好都合でした。
これで母と一対一でようやく対等に話し合いができると・・・。
就職も自分でようやく働きたい地域で働きたい職種を決め・・。
なので、私にとっての「28歳・人生リセット」は
家族からのこころの自立でした。
(準備は2年間でした。「忍」の心で)
さて、凪ちゃんの場合は如何に??

※※新しい情報が出ましたら随時更新します※※

7月期のドラマです⇓⇓
偽装不倫・水曜日午後10時より日テレ系列放送!あらすじ・出演者随時更新中!

ノーサイド・ゲーム、TBS系列、日曜日21時より!あらすじ・出演者随時更新中!

これは経費で落ちません!NHK総合7月26日(金)22時より!あらすじ・出演者随時更新予定

螢草 奈々の剣・NHKBS時代劇BS3にて7月26日(金)20時より放送開始!あらすじ・出演者随時更新予定

サギデカ・NHK・BS4K8月28日(水)夜7時50分、NHK総合8月31日(土)夜9時より放映開始!あらすじ出演者随時更新予定

<戦争ドラマ>です。
岸恵子さん・渡辺美佐子さん・清原果耶さん。・安藤サクラさんが出演します⇓
マンゴーの樹の下で~ルソン島、戦火の約束~<戦争ドラマ>NHK総合8月8日(木)夜10時より放送予定、BSプレミアムは8月21日(水)の放送予定。

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。




Twitter

ページ上部へ戻る