トクサツガガガ 出演者キャスト一覧と次回のあらすじ~主題歌は金爆!NHK総合毎週金曜夜10時放送開始!名言だらけ!!もう最終回なんです!はスゴイ!随時更新中

 
トクサツガガガ

【トクサツガガガ】

【放送日時】

2019年1月18日(金)より
毎週金曜日午後10時~10時44分(連続7回)

【第7回放送】
3月1日(金)夜10時
再放送:3月6日(水)午前1時30分(火曜深夜)

【第6回再放送】
2月27日(水)午前1時30分(火曜深夜)



【チャンネル】

NHK総合

【制作スタッフ】

(順不同・敬称略)
原作
丹羽庭
「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で2014年37・38合併号より連載中。

主題歌
ゴールデンボンバー 「ガガガガガガガ」
※※初のドラマ書き下ろし主題歌※※

脚本
田辺茂範
音楽
井筒昭雄
演出
末永創 新田真三 小野見知
制作統括
吉永証
ナレーション
鈴村健一

【主要キャスト一覧】

(順不同・敬称略)
仲村叶(なかむらかの)⇒小芝風花(こしばふうか)
<ヒロイン。特撮をこよなく愛している隠れオタク。
現在の追いかけは「獅風怒闘ジュウショウワン」「シシレオー」推し。>
小学生着時代⇒神谷杏奈(かみやあんな)
幼少期⇒外村紗玖良(そとむらさくら)

吉田久美(よしだ ひさみ)⇒倉科カナ(くらしなかな)
<特撮オタクの商社の先輩、やがて仲間になる。
「獅風怒闘ジュウショウワン」を追いかけ「トライガー」推し>

北代優子(きたしろゆうこ)・北代さん(きたしろさん)⇒木南晴夏(きなみはるか) 
<叶の同僚、人に対する物の言い方が厳しい。やがて仲間になる。>

川島直太朗(かわしまなおたろう)・チャラ彦⇒森永悠希(もりながゆうき) 
<叶の職場の同僚で、ムードメーカー。
おしゃべり好きで、やや思い込みが激しい>

小野田隆(おのだたかし)・小野田くん
本田剛文(ほんだたかふみ)(BOYS AND MEN)
<叶の職場の後輩で、優しく控えめな性格。先輩の叶を慕っている>

白濱幸(しらはまゆき)・ユキちゃん⇒武田玲奈(たけだれな) 
<叶の職場の後輩で、穏やかで明るい。イケメン俳優が好き>

白石マイ(しらいしまい)・マイちゃん⇒内山命(SKE48)
<仲村の職場の同僚で、現実的。プライベートを大事にするリア充女子>

田宮拓(たみや たく)・ダミアン⇒寺田心(てらだこころ)
<特撮好きの小学3年生。真面目で塾通い。
「獅風怒闘ジュウショウワン」では、「トライガー」推し。
見た目によらず、鋭い名言を言ったりする> 

松本昌明(まつもとまさあき)・任侠さん(にんきょうさん)⇒竹内まなぶ
<菓子店・おかしのまつもとの息子。
大柄で風貌が任侠映画の俳優のようだが、心優しい青年。
実は美少女アニメオタク> 

宮根奈津貴(みやねなつき)・みやびさん⇒吉田美佳子(よしだみかこ)
<北代と同じ趣味を持つ大学生。今は疎遠となった>

仲村望(なかむらのぞむ)⇒渡部豪太(わたべごうた)
<叶の兄。結婚し妻と娘と3人で暮らす。バンド活動が趣味>

仲村望の少年時代青木琉斗(あおきりゅうと)

土屋恭介(つちやきょうすけ)
吉原雅斗<BOYS AND MEN>(よしはらまさと)
<俳優であり、現在はトライガー役で出演している>

徳永あさ(とくながあさ)⇒犬塚あさな(いぬづかあさな)
<叶が働く職場の同僚>

五月詩織(さつきしおり)⇒詩織(しおり)
<叶が働く職場の同僚>

仲村志(なかむふみ)⇒松下由樹 (まつしたゆき)
<ヒロインである叶の母親。
シングルマザーとして、叶と叶の兄を育てる。
特撮が嫌いで、かわいいものが大好き。>

【主な登場キャラクター】
獅風怒闘ジュウショウワン(獣将王)
毎週日曜に放送されている特撮ヒーロー番組。
動物をモチーフにオリエンタルな雰囲気が特徴。
シシレオー>カラー:赤
ジュウショウワンのリーダー。真面目で、優しく面倒見が良い。
声:土屋神葉(つちやしんば)

トライガー>カラー:青
ジュウショウワンのメンバー。短気で気が荒いが、筋を通す熱いやつ。
声:吉原雅斗<BOYS AND MEN>(よしはらまさと)

チェルダ>カラー:黄
ジュウショウワンのメンバー。泣き虫だが、根は明るく無邪気な性格。
声:西浦希(にしうらのぞみ)

セロトル>カラー:銀
ジョウシュウワンのメンバー。他人に対して心を開かず、攻撃的。
声:中原聡太<<BOYS AND MEN研究生>
(なかはらそうた)

ゲンカ将軍
ジュウショウワンの敵の大将。
不死身の肉体でよみがえるたびに強くなる。
声:関智一(せきともかず)

救急機 エマージェイソン
仲村叶が小さい頃に見ていた、特撮ヒーロー番組。

エマージェイソン
反ロボット社会に現れた正体不明の人型ロボット
声:鈴村健一(すずむらけんいち)



<スーツアクター>
岡元次郎
森 博嗣
藤田洋平
和田三四郎
中井絢子
須賀昭二
ジャパンアクションエンタープライズ
名古屋アクションクラブ

<第1話及び第4話・カラオケ怪人>
声:稲田轍(いなだてつ)

<第3話・寿司屋のイケメン>
マイケル富岡

<第5話・海の家の主人>
佃典彦(つくだのりひこ)

<第5話・海の家の主人の孫>
渡邉瑠海(わたなべるな)

<第5話・シシレオーのおまけが欲しかった女の子>
小崎蘭(こざきらん)

<第5話・上記の女の子の母親>
小松あゆ里(こまつあゆり)

<第6話>
任侠さんの母(にんきょうさんのはは)⇒天野ひさ英(あまのひさえ)
<任侠さんの母。母子家庭>

コピー機の営業さん(コピーきのえいぎょうさん)⇒土屋神葉(つちやしんば)
<シシレオー役の人にそっくりなため、叶がときめく>

吉田さんの彼氏(よしださんのかれし)⇒浅井雄一(あさいゆういち)
<吉田さんの彼氏。映画館でばったり出くわす>

小学生の任侠さんの友人佐藤志平太(さとうしんぺいた)

(引用元:NHKドラマ公式サイトより)

※※新しい情報など出次第、随時更新していきます※※

【あらすじ】

商社勤めのOL・仲村叶は特撮をこよなく愛する隠れオタクです。
でも、その仲村の母親は、叶には女の子らしくなってほしいと願い、
特撮のことは嫌っています。
なので、母はもちろん、
職場の同僚たちにも特撮オタクであることは
一切秘密にして日々暮らしています。
そうした叶ですが、日々の生活の中でさまざまなピンチに陥ります。
すると、突然、仲村の脳内が特撮モードに切り替わり、
彼女にしか見えない特撮ヒーローが現れ、
彼らの言葉に勇気づけられた叶は、
次々にピンチを切り抜けていくのです。
やがて、特撮オタクの先輩や同僚、
小学生の男の子や任侠さんらと、
新しい仲間と出会い友情を育み、
特撮オタクOLとしてパワーアップしていきます。
日常生活で直面する「あるある!」な壁に葛藤しつつも
前向きに奮闘する叶の姿を描くコメディードラマ、だそうです。

(引用元:「トクサツガガガ」公式サイトより)

【第1回あらすじ】
24歳のOL仲村叶は隠れ特撮オタクです。
幼少から、母にその趣味を拒絶され、ずっと隠してきました。
会社では小野田やチャラ彦ら同僚にオタばれしないように、
女子力高めとして気を使って過ごしています。
そんなある日、同じ特撮好きの小学生と仲良くなります。
また、通勤途中に特撮のマスコットをかばんにぶら下げた、
年上の女性を見かけて、知り合いになる方法を探し始めるのでした。

(引用元:「トクサツガガガ」公式サイトより)

【第1回・その他の出演者】
勝又伸悟・秋田卓郎
ROY・岡﨑陽子・藤尾年樹
加藤祐子・石田たくみ

【第2回あらすじ】
仲村叶の母が突然会いにやって来ます。
特撮オタクを隠している仲村は、結婚について聞かれたり、
ショッピングに付き合わされたりして振り回されます。
気を取り直して、休日にヒーローショーに出かけた仲村は、
探していた年上の女性と再会し、
お互いに特撮オタクであることで意気投合します。
するとそこに会社の同僚のチャラ彦が現れ、
仲村はオタバレの危機に陥ってしまうのでした。

(引用元:「トクサツガガガ」公式サイトより)

【第2回・その他の出演者】
勝又伸悟・秋田卓郎
岡﨑陽子・須原麻衣
舟橋香里・川本麻里那・近藤久美子
岡元次郎・中井絢子・森博嗣・藤田洋平

【第3回あらすじ】
仲村叶はオタク趣味が会社の誰かにバレたのではと
不安な日々を送っていました。
会社の同僚ユキが特撮に登場した俳優のファンだと知って、
仲村と吉田は彼女を仲間に引き込もうと画策します。
ある日、ヒーローショーに行った仲村は、
同僚の北代に遭遇してしまいます。
いい年をした大人が見苦しいとなじられてしまう叶。
でも、そんな北代には実は人に言えない秘密の趣味があったのです。

(引用元:「トクサツガガガ」公式サイトより)

【第3回・その他の出演者】
・辻本達規・土田拓海・平松賢人
・小林豊・勇翔・田村侑久
・水野勝・田中俊介
<以上BOYS AND MEN>
勝又伸悟・秋田卓郎
岡﨑陽子・小笠原杏奈
石田たくみ



【第4回あらすじ】
仲村叶は北代に嫌われたと落ち込んでしまいます。
でも北代は、自分のオタク趣味をばらされて会社を辞めた過去があリ、
叶を不必要に敵視していたのでした。
やがて特撮番組に登場する追加戦士のように、
誤解が解けた北代と晴れて仲間になります。
北代はオタク趣味をばらした当人で
けんか別れしたみやびと仲直りしたいと思っていました。
そこで叶は、吉田や任侠を巻き込んで一肌脱ごうと決めたのでした。

(引用元:「トクサツガガガ」公式サイトより)

【第4回・その他の出演者】
・辻本達規・土田拓海・平松賢人
・小林豊・勇翔・田村侑久
・水野勝・田中俊介
<以上BOYS AND MEN>
勝又伸悟・秋田卓郎
岡﨑陽子・石田たくみ
ROY・池戸陽平・こじまけいこ
儘下笑美・川辺早紀子
高井泉帆・堀田美和・市野倖大
藤川瑠々・溝口嘉也・マイケル富岡

【第5回あらすじ】
仲村叶は、カメラに詳しい吉田や北代たちオタク仲間と共に、
撮影会と称して海に出かけます。
オタク趣味の楽しさ、難しさを語り合う叶とその仲間たち。
叶は、幼いころ絶対に特撮趣味を認めなかった
母・志への悔しさを皆に打ち明けるのでした。
数日後、ファストフード店で男の子用のオマケを欲しがる女の子を見た叶は、
自分の子供時代を思い出し、女の子を応援しようとある行動に出るのです。

(引用元:「トクサツガガガ」公式サイトより)

【第5回・その他の出演者】
・土田拓海<BOYS AND MEN>
・野々田奏・寺坂頼我
<以上祭nine.>
・勝又伸悟・秋田卓郎
・岡﨑陽子・石田たくみ
・藤巻あつ子・深海和代

【第6回あらすじ】
仲村叶は任侠の母が息子のオタク趣味を容認している様子を見て、
自分と母との関係を考えます。
年が明け、北代と一緒に行った映画館で叶は
偶然吉田と出くわし、吉田は男の人といっしょでした。
恋愛はオタク趣味とは相容れないと思っていた叶はショックを受けてしまいます。
その直後、叶の兄から電話で、母・志が叶に会いに向かったことを知らされるのでした。
こ、これは一大ピンチ!の予感です・・・。
(引用元:「トクサツガガガ」公式サイトより)

【第6回・その他の出演者】
・吉田真由(大阪ことばも指導)
・勝又伸吾・秋田卓郎
・岡﨑陽子・森島久美子・岩井翔太郎
・大平ゆず

【第7回(最終回)あらすじ】
仲村叶は大切なフィギュアをお母ちゃんに壊され、
ビンタを食らわせて大喧嘩をしてしまいます。
その上、吉田さんとは気まずくなり、
ダミアンには嘘つきと呼ばれ落ち込んでしまいます。
そんなある日、兄ちゃんから渡された
古いエマージェイソンのビデオを見て、
叶は自分が幼少期からどんなに特撮が好きだったかを思い出すのでした。
北代さんの計らいで吉田さんとも仲直りできました。
さあ、残るはお母ちゃんとの関係です・・・。

(引用元:「トクサツガガガ」公式サイトより)



<<特撮モノの思い出>>

私も小さいころ、特撮ものをよく見ていました。
子供の頃は、食がかなり細く、病気がちでもあったので
外で遊ぶことは中々叶わず、青白く、がりがりに痩せて
みるからに「もやしっこ」でした。
体調が良いときに外で遊ぶと、
当然、近所の丈夫で逞しい子供達がやってきて
「イジメ」の対象になりましたが、
そんな時は、テレビで見ていた「仮面ライダー」シリーズや
「ウルトラマン」シリーズ「ゴレンジャー」を思い出して、
自分を奮い立たせて立ち向かっていきました。
小学2年生までは
体格の良い男の子にも決して負けませんでした。
(小学3年以降は頭脳で勝負するようになっていきましたが・・)
「身体は弱くても心はヒーロー、全ては修行」と
当時の自分に言い聞かせていました。
その思いは、大人になって社会人になっても
忘れずに、ピンチの際に立ち向かう勇気となっていきました。
なので、ヒロインはどことなく、
自分と重なる部分があるかもしれません。

大人になると・・・
特撮モノは子供が生まれるまでは見ていませんでしたが、
子供がテレビを見るようになると再び、
「仮面ライダー」シリーズや、
アニメの「プリキュア」シリーズ、
「セーラームーン」「ヤッターマン」を見るようになりました。
「ヤッターマン」は実写化もされて、
子供と一緒に楽しく見ました。
ドラマが始まるのが今から楽しみです。

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (3)

    • たぁさん
    • 2019年 2月 11日

     キャストの名前に「詩織」さんとあるのですがどの役なのかわかりません?
    毎回登場しているようなんですが。

    • たかだ
    • 2019年 2月 11日

    たぁさんさま、お問い合わせを賜りまして誠にありがとうございます。
    当方でも実際にドラマと照らし合わせたりもしていたのですが、当方でも、詩織さんと言う女優さんが、何役を演じられているのかが不明な状態です。
    お問い合わせを賜りまして、改めて、今一度調べてみましたが、やはりわからない状態でした。
    もし、今後、判明いたしましたら、本文などに追記させて頂く所存です。
    以上、お役に立てず、謹んでお詫びを申し上げます。

    • みんみんま
    • 2019年 2月 11日

    新たに判明したことがありましたので、追記いたしました。
    念のため、ご報告申し上げます。




Twitter

ページ上部へ戻る