螢草「菜々の剣」NHK-BS時代劇BS3・金曜日は20時より<最終回> あらすじ・出演者随時更新中!

 
蛍草

螢草 奈々の剣(ほたるぐさ ななのけん)】

奉公先の主人を陥れようとする敵は、父を死に追いやった男!
孤立無援の危機が迫る中、風変わりな仲間たちの助けを得て、
主家の主人とその子供たちを守るヒロインの戦いが今、始まる!

(引用元:公式トピックスより)

【放送日時・放送局】

【NHK・BS3】2019年9月6日(金)午後8時より<最終回>
【BS4K】2019年9月4日(水)午後6時より
<全7回>
【第6回再放送】【NHK・BS3】2019年9月1日(日)午後6時45分より
【最終回再放送】【NHK・BS3】2019年9月8日(日)午後6時45分より

【制作スタッフ】(順不同・敬称略)

【原作】
葉室麟
【脚本】
渡邉睦月、森脇京子
※渡邉睦月さんの“邉”は1点しんにょうです。
【音楽】
Evan call
【演出】
岡田健、黛りんたろう、鹿島悠
【制作統括】
陸田元一(NHKエンタープライズ)、
土屋勝裕(NHK)

【主要キャスト】

(順不同・敬称略)
菜々(なな)⇒清原果耶(きよはらかや)
<風早家の奉公人で、もとは武士の娘。
市之進が陥れられ、
それを仕組んだのが父を切腹に追い込んだ男だと知った時、
市之進と子供たちを守るため強大な敵に大勝負を挑む。>

菜々・幼少期(なな・ようしょうき)⇒西冨あさ希(にしとみあさき)
<幼少期の菜々>

風早市之進(かざはやいちのしん)⇒町田啓太(まちだけいた)
<風早家の主。乱れた藩政の刷新を目指すが、そのために疎まれ、罪を着せられてしまう。>

佐知(さち)⇒谷村美月(たにむらみづき)
<市之進の妻。菜々を妹のように優しく導くが病に倒れ、菜々に市之進と子供たちを託す>

正助(しょうすけ)⇒山下心煌(やましたうちか)
<市之進と佐知の子供>

とよ田中乃愛(たなかのあ)
<市之進と佐知の子供>

轟平九郎・幼少期(とどろきへいくろう)⇒小岸洸琉(こぎしひかる)
<幼少期の轟平九郎>

壇浦五兵衛(だんのうらごへえ)⇒松尾 諭(まつおさとる)
<鏑木藩の士官を目指している浪人。剣の達人というが>

桂木仙之助(かつらぎせんのすけ)⇒高田翔(たかだしょう)
<市之進を師のように仰ぐ若者>

宗太郎(そうたろう)⇒松大航也(まつだいこうや)
<菜々の従兄>

鏑木勝豊(かぶらぎかつとよ)⇒中山麻聖(なかやまませい)
<鏑木藩の現藩主だが先代のいいなり>

秀平(しゅうへい)⇒阿南健治(あなんけんじ)
<菜々の叔父で農家>

(かつ)⇒黒田こらん(くろだこらん)
<秀平の妻で菜々の義理の叔母>

田所与六(だどころよろく)⇒中村育二(なかむらいくじ)
<市之進の叔父。金の無心に来る>

(たき)⇒阿知波悟美(あちわさとみ)
<与六の妻。佐知を疎ましく思い蔑視している>

安坂長七郎(あさかちょうしちろう)⇒川口覚(かわぐちさとる)
<菜々の父で武士であったが、轟平九郎の策略により切腹させされた>

五月(さつき)⇒奥貫薫(おくぬきかおる)
<菜々の母親。
武家の娘の誇りを教えて他界する>

(ふね)⇒濱田マリ(はまだまり)
<質屋「升屋」を営む女将。
元芸者でいかさまをやって金を貸し渋る処があるが根っからの悪ではない>

甚兵衛(じんべえ)⇒苅谷俊介(かりやしゅんすけ)
<風早家の家僕>

雪江(ゆきえ)⇒南沢奈央(みなみさわなお)
<破談になった再婚話の相手>

湧田の権蔵(わくたのごんぞう)⇒宇梶剛士(うかじたかし)
<菜々に因縁をつけるもやがて親しくなる>

鏑木勝重(かぶらぎかつしげ)⇒中原丈雄(なかはらたけお)
<鏑木藩の前藩主だが実権はいまだに掌握中>

柚木弥左衛門(ゆずきやさえもん)⇒イッセー尾形(いっせーおがた)
<鏑木藩の老臣。市之進を助ける>

椎上節斎(しいがみせっさい)⇒石橋蓮司(いしばしれんじ)
<儒学者。菜々と共に父の遺品から不正の証拠を発見する>

日向屋孫右衛門(ひゅうがやまごえもん)⇒本田博太郎(ほんだひろたろう)
<轟平九郎をよく知る男。轟と共に菜々の父を陥れ
死に追いやった張本人>

轟 平九郎(とどろきへいくろう)⇒北村有起哉(きたむらゆきや)
<藩内で隠然たる力をふるう。
藩政に異を唱える市之進を巧妙な手口で罪に追い込むが、
実は風早家と、ある因縁があった>

(引用元:公式サイトより)

【あらまし】

16歳の菜々が奉公に上がった風早家には、
優しい奥様の佐知と
身分の分け隔てなく接してくれる主の市之進、
そして二人の子供たちが居ました。

菜々は実は武家の出。
藩内の不正を明らかにしようとした父が
無実の罪で切腹に追い込まれた後、
出自を隠し母方の実家に身を寄せていたのでした。

やがて佐知は結核で亡くなり、奈々は後を託されます。
藩内の不正を正そうとする市之進にも魔の手が迫ります。
その中心人物・轟が父の仇と知ったとき、
市之進とその子供たちを守って戦うことを決意します。
市之進の仲間たちまでもが敵に篭絡される中、
菜々の味方になったのは
一筋縄でいかない風変わりな連中ばかりです。
けれども、彼らの助けと
父が遺した藩内の不正の証拠を切り札に、
菜々は強大な敵に大勝負を挑んでいくことを決意。

(引用元:公式サイトより)

【第1回その他の出演者】
野添義弘・岡田優
池田健一郎・優志
野杁俊希

【第1回の感想と第2回にむけて】
清原果耶さんにとにかく引き込まれます。
重く哀しい過去を背負い健気にひっそりといきてきた菜々。
けれども、その心の中には凛としたものを宿していました。
これから始まる波乱の日々に向けて、
第1回は、菜々の生い立ちと立場、
菜々を取り囲む人間模様の紹介でしたが、
菜々の視点を中心に丁寧に描かれています。
特に佐知とのやりとりは、
今後のひびにおける絆と心の支えとなっていくので
特に丁寧にそして纏う雰囲気は
あくまでも穏やかで優しいものでした。
何だかじんとくるものがあります。
さて、次回、いよいよ波乱の日々の幕開けです!!

【第2回「乳の仇}・あらすじ】

ついに姿を現した父の仇(かたき)。
しかもその男・轟平九郎は、
今度は奉公先の主である風早市之進に
魔の手を伸ばそうとしたのでした。
果して、菜々はどうすべきか?
市之進の建白書が突き返された裏に居たのは、
やはり轟だったのでした。
父を陥れた男の姿を初めて見た菜々は、
かつて団子をご馳走して助けた壇浦五兵衛が
剣術指南役になったことを知り、剣の指導を願い出ます。
一方、佐知が結核に冒されていることがわかり、
薬代をつくるため市之進の頼みで
質屋に向かった菜々でしたが、
その間に子どもたちがかどわかしに遭ってしまうのでした。

(引用元:公式サイトより)

【第2回その他の出演者】
岡田優・池田健一郎・優志
石田尚巳・にわつとむ・水野智則・岡山和之

【第2回の感想と第3回へ】
壇浦氏は本当に剣術指南役となっていました。
菜々がだんご60本おごったお陰で
菜々は剣術を教わり始めます。
まだ決意が固まらず、本人も自覚をしていませんが、
少しずつ菜々の秘めた力が出てきます。
見ただけで型を覚え、自分の体で再現できる。
はったりがきいて商売向き。

で、ちょっと相手の名前を間違えるのはご愛敬。
「お骨さん」に「だんご兵衛」さん。
でも、この方が確実に
顔と名前を覚えますものね。
相手がきちんと訂正して
また名乗ってくれるかもしれないし。

と、話を戻して・・・
そして、奉公先のお坊ちゃんとお嬢ちゃんが
浪人にかどわかされ、
病の中、母親の佐知が身を挺して
わが子を守ろうとします。
菜々は教わったことを早くも実践します。
恐怖を鎮め、強気者に突く!!
見事成功します。
菜々の力が必要な時が
すぐそこまで迫ってきています。

【第3回「忍び寄る影」・あらすじ】

病の身で子供たちを守ろうとした佐知の運命は?
そして菜々が佐知から託された約束とは?
一方、市之進の身辺には轟の罠が迫ります!

間一髪飛び込んで来た菜々は、
五兵衛に習った突きの型で
かどわかしの犯人を倒します。
けれども無理がたたった佐知の命の灯は
燃え尽きようとしていました。
武家の出であることを告白した菜々に
市之進と子どもたちを託し、佐知はこの世を去ります。
その間に轟の罠で濡れ衣を着せられ、
市之進は謹慎処分となってしまいました。
怒った仙之助ら仲間たちは、
実力行使で轟を除こうと動き出すのでしたが?

(引用元:公式サイトより)

【第3回・その他の出演者】
野添義弘・岡田優・岡山和之
越村公一・池田健一郎・長谷川公彦
優志・松永大輔・野杁俊希

【第3回の感想と第4回】
とうとう佐知が亡くなってしまいました。
そして、市之進にも魔の手がのびます。
それは濡れ衣と言いがかり。
菜々の胸はざわつきます。
このドラマは菜々の目線で話が進んでいくので、
話の流れはとても穏やかで、
事柄の一つ一つ、菜々が納得をしたとき、
また話が進んでいきます。
お世話になりとても恩のある風早家が、
父と同じ目に遭ってしまう・・。
まだ、菜々にとってはそれは、
胸騒ぎと勘でしかありません。
次回、その胸騒ぎが、
確証になっていき、
次の行動を起こす時が来るのでしょう。
それにしても、
清原果耶さんの泣きの演技が本当に、何というか、
こちらまでもらい泣きしてしまう程です。

【第4回「別れ」あらすじ】

市之進の仲間たちによる轟への闇討ちは、
吉と出るのか凶と出るか?
これをきっかけに、事態は大きく動き始めます。
菜々は宿命とどう向き合うのか?

轟が襲撃されるのを目撃した菜々の報告で、
市之進は菜々と轟の因縁を知ります。
一方、破談になった再婚話の相手、
雪江が市之進を訪ねて来ます。
雪江の思いを知り気持ちがざわつく菜々は、
追放を覚悟して暇を言い渡す市之進に、
佐知との約束で自分が子どもたちを守ると誓うのでした。
やがて風早家は閉門となります。
菜々たちは屋敷を追い出され、
市之進は詮議のため江戸送りになると決まります。

(引用元:公式サイトより)

【第4回その他の出演者】
岡田優
池田健一郎
優志
松永大輔・野杁俊希

【第4回の感想と第5回】
前半の最後でとうとう
市之進は江戸送りになりました。
このままでは遅かれ早かれ、
菜々の父と同じ運命を辿ることになります。
どうする?菜々?
菜々は正助ととよを引き取り、
3人力を合わせて
生きていくことを選択します。
勿論、純粋に3人だけでは無理があるので、
菜々を支えてくれる人もいます。
更に、新たな頼もしい助っ人も登場します。
人の縁を大切にする菜々。
次回より、反撃の始まりです!



【第5回「希望の光」あらすじ】

江戸送りとなった市之進と引き裂かれた菜々。
子どもたちを守ってひとり奮闘しますが、
そんな菜々のもとに、
ひと癖もふた癖もある仲間たちが集まってきます。

野菜を売って生計を立て始めた菜々。
湧田の権蔵一家に因縁を付けられますが、
ひょんなことから親しくなっていきます。
一方、江戸での詮議で日向屋と轟の不正に触れ
怒りを買った市之進でしたが、
老臣・柚木の助けで沙汰は据え置きとなりました。
父の遺品を調べた菜々は、
儒学者である椎上節斎の協力で、
不正の証拠を発見します。
しかし、轟がそれを奪いに乗り込んで来るのでした。

(引用元:公式サイトより)

【第5回その他の出演者】
近江谷太朗・越村公一
長谷川公彦・天野はな
後藤剛範・瀬口寛之・香川正樹
伊東潤・福本鴻介・中松俊哉
天現寺竜・辰巳蒼生

【第5回の感想と第6回】
轟の魔手がいよいよ菜々の処にも迫り、
物語が緊迫してきました。
それまで、菜々を優しく見守ってきた
存在も、轟の手に落ち、
味方ではいてくれません。
じわりじわりと追い詰められていく菜々、
そして市之進。
やはり、菜々自身が
解決するほかなさそうです。
権蔵親分も、
轟の前ではまるで赤子の様です。
父が遺し、父と市之進の無実を証明する
証拠は轟の手に渡り、
処分されてしまうのでしょうか?
菜々は託された人たちを
どう守っていくのでしょうか?
物語はクライマックスへと進んでいきます。

【第6回「偽りの告白」あらすじ】

仙之助を脅して不正の証の存在を聞き出し、
ついに菜々たちの住まいに
乗り込んできた仇敵である轟平九郎。
果して菜々はどう対峙するのか?

轟に証拠を渡した菜々でしたが、
それは節斎に作ってもらった写しでした。
一方、市之進が罪を認めれば切腹を免れ、
恩赦で市之進を無罪に出来ると
轟に持ち掛けられた雪江は、
菜々を救うために
罪を認めるよう勧める手紙を市之進に送ります。
菜々の身を案じた市之進は苦悩の末、
無実の罪を認めることを決意するのでした・・・。
そして故郷の村に帰るよう
菜々に命ずる手紙を雪江に託します。

(引用元:公式サイトより)

【第6回その他の出演者】
天野はな
後藤剛範
瀬口寛之

【第6回の感想と第7回(最終回)へ】
轟の卑怯な手は容赦はしませんでした。
雪江は嫉妬心から闇落ちし、
市之進もとうとう轟に屈服し、
ある筈の無い罪を認めてしまうのです。
そして、子供たちは引き離され、
菜々は暇を出されてしまいます。
勝ち誇った雪江の蛇の様な表情。
菜々は哀しく清らかな涙を流すだけ。
これで心は決まるのです。
次回は菜々の決意の剣裁き。
父の無念、市之進の無実を菜々が晴らします。
そして、その胸のうちに秘めた想いとと共に。
最終回です!

【第7回(最終回)「いのちの剣」あらすじ】

すべてを失った菜々が
一矢を報いる秘策とは?
ついに訪れる轟との直接対決。
それぞれの思いが交錯する最終章です!

雪江に子どもたちを託した菜々は、
思い出残る家を離れることを決意します。
だが恩赦が轟の偽計で、
市之進が無実の罪を認めたのは
自分のためだと知った菜々は、
轟に御前試合での父の仇討ちを申し入れます。
菜々を始末する良い機会との
日向屋の思惑で仇討ちが許可されます。
菜々は轟との対決に臨むことになりました。
ひと太刀だけかわしたいと
仲間達に告げる菜々には、
ある勝算があったのでした。

(引用元:公式サイトより)



【放送に寄せて】

私の好きな女優さんのひとりである清原果耶さん。
まだ17歳なんですが、大人びてそれでいて清楚。
「精霊の守り人」「あさが来た」「透明なゆりかご」と、
現代の時間軸とは異なる時間設定のドラマが似合うかもしれません。
なので、時代劇は彼女によく合っていると思います。
もっとも、現代少女の役もなさっているそうなので、
時間があれば探して是非とも見てみたいです。
そのうち、朝ドラや大河ドラマの主人公に抜擢されるかもしれません。
「麒麟がくる」には出演するのかなぁ?
ガラシャ役とか???

※※新しい情報が出ましたら随時更新します※※

<戦争ドラマ>です。
岸恵子さん・渡辺美佐子さん・清原果耶さん。・安藤サクラさんが出演します⇓
マンゴーの樹の下で~ルソン島、戦火の約束~<戦争ドラマ>NHK総合8月8日(木)夜10時より放送予定、BSプレミアムは8月21日(水)の放送予定。

7月期のドラマです⇓⇓
偽装不倫・水曜日午後10時より日テレ系列放送!あらすじ・出演者随時更新中!

凪のお暇・TBS系列金曜日22時より!あらすじ・出演者随時更新中!

ノーサイド・ゲーム、TBS系列日曜日21時より!あらすじ・出演者随時更新中!

これは経費で落ちません!NHK総合金曜日22時より!あらすじ・出演者随時更新中!

サギデカ・NHK・BS4K8月28日(水)夜7時50分、NHK総合8月31日(土)夜9時より放映開始!あらすじ出演者随時更新予定

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。




Twitter

ページ上部へ戻る