おかえりモネ キャスト・出演者一覧リスト ロケ地情報も【NHK朝ドラ】

おかえりモネ キャスト・出演者





MHKの朝ドラ104作目(渋谷放送局制作43作目)、2021年前期スタートの連続テレビ小説 「おかえりモネ」の出演者・キャスト情報です。
朝ドラ「おかえりモネ」の放送予定は、2021年4月頃から2021年9月までの放送予定となっています。
クランクインは2020年秋頃の予定です。

ドラマのあらすじとしては下記の通りです。

おかえりモネの舞台は、宮城県気仙沼市を中心に、宮城県登米市、東京都などでロケが行われる予定です。 
ヒロインの永浦百音(ももね)は、気仙沼湾の沖にある自然豊かな島で、両親・祖父・妹と暮らしていました。
2014年春からの設定と言いますので、東日本大震災があった2011年から3年後と言えます。
永浦百音は、大学受験に失敗し、高校卒業と同時に気仙沼を離れて、祖父の知り合いで登米(とめ)の山主である、名物おばあさんがいる登米市に住みはじめます。
そして、林業や山林ガイドの見習いの仕事をはじめました。



東京から、お天気キャスターとして人気を博している気象予報士がやって来ると、一緒に山を歩く中で、「天気予報は未来を予測できる世界」と教えられます。
そして、永浦百音は「自分も未来を知ることができたら」と、気象予報士の資格を取るため猛勉強をはじめました。
気象予報士の合格率は僅か5%でもあるため、なかなか合格できず、くじけそうになりますが、登米で地域医療に携わる若手医師や地元の人たちに支えられ、ついに合格を果たします。
東京に行くと、民間の気象予報会社で働きはじめた百音は、この天気予報の仕事が多岐に渡ることを知ります。
日々の天気や防災はもちろん、漁業、農業、小売業、インフラ、スポーツ、さまざまな事情を抱えた個人など、天候次第で人生が大きく左右されることを痛感した彼女は、個性的な先輩や同僚に鍛えられながら、失敗と成功を繰り返し、成長して行くと言うストーリーです。
そして、数年後の2019年、大型台風が全国の町を直撃する可能性を知り、何とか故郷の役に立てないかと、家族や友人が待つ気仙沼へと向かう決意をすると言う物語です。
なお、タイトルの「モネ」は、百音(ももね)の愛称との事です。

放送開始時期

新型コロナウイルスの外出自粛などの影響がありますが、今のところ、予定通り放送したいと発表されています。
ただし、これは執筆時点での話でして、情勢の変化次第では、更に変更となる可能性があるかと存じます。

おかえりモネ出演者・キャスト・役柄

(敬称略・順不同)

永浦百音(ながうら-ももね)~家族は、銀行員の父、元中学教師の母、二歳年下の妹、漁師の祖父。スポーツが得意で、音楽好き。ただ勉強はやや苦手。
清原果耶 (きよはら-かや)

他の出演者は、分かり次第、適時、追記させて頂きます。



脚本:安達奈緒子
制作統括:吉永証 須崎岳 
プロデューサー:上田明子
広報プロデューサー:川口俊介 
演出:一木正恵 梶原登城 桑野智宏 津田温子 ほか 

新しい情報や追加の出演者さまがわかりましたら、適時、追記・更新させて頂く所存です。

螢草「菜々の剣」NHK-BS時代劇BS3 あらすじ・出演者情報一覧
おちょやん~キャスト・出演者一覧リスト ロケ地情報も【NHK朝ドラ】

たかだドラマ研究家

投稿者プロフィール

テレビドラマ研究家のたかだと申します。
このかた、30年以上、ドラマの研究を行っております。

この著者の最新の記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



Twitter

ページ上部へ戻る