エール~キャスト・出演者一覧リスト ロケ地情報も【NHK朝ドラ】

 
エール キャスト・出演者一覧リスト

MHKの朝ドラ102作目(渋谷放送局制作42作目)、2020年4月スタート、平成32年度前期の連続テレビ小説 「まんぷく」の出演者・キャスト情報です。
朝ドラとしては初の4K映像で制作されるとの事ですので、大河ドラマのように、BS-4Kで先行放送もされるでしょう。
制作スケジュールは、2019年初秋からクランクインを予定しているとの事ですが、主な舞台は福島県になる見込みとの事です。
なお、ヒロインに関しては、2019年3月~4月にかけて、今回は、オーディションを行うとのとこですので、これまた楽しみです。
→2802名がオーディションを受けて、見事、二階堂ふみさんが選ばれました。

と言う事で、ドラマの制作発表が行われました。



今回の主人公のモデルは、阪神タイガースの応援歌「六甲おろし」を作曲したことでも有名な古関裕而(こせき-ゆうじ)さんがモチーフとなっています。
日本人であれば、古関さんの音楽(曲)を、聞いたことがないという人は、おそらくいないでしょう。
古関先生と妻・内山金子(きんこ)夫妻の朝ドラ実現は、古関先生の出身地である福島市などが2020年の東京五輪・パラリンピックに合わせての放送を要望して活動していましたので、見事実現した形になります。

そのため、この朝ドラでは、ヒロイン(女性)を中心にした構成では無く、作曲家の古関裕而さんをモデルにした内容のため、主人公(古山裕一)を演じるのは、窪田正孝さんと言う男性の俳優さんになると言うのは、2014年のマッサン以来です。
ただ、最近の連続テレビ小説では、主人公が女性でも、その旦那さんが常時出演しているなど、あまり主役との差もありませんでしたので、これはこれで良いのではと存じます。

現時点でわかっている俳優さん・女優さんなどは下記のとおりとなりますりので、リストアップさせて頂きました。
下記以外にも、役者さん(出演者・キャスト)が発表されましたら、情報を追記致しております。

(敬称略・順不同)

古山裕一(こやま-ゆういち)~主人公
–窪田正孝(くぼた-まさたか)
古関裕而 日本人の心に残っている稀代の作曲家

関内音(せきうち-おと)~声楽家志望だったが古山裕一の妻になる
–二階堂ふみ
※モデル人物は古山金子(きんこ)さん

脚本:林宏司
制作統括:土屋勝裕
プロデューサー:小西千栄子、小林泰子
演出:吉田照幸、松園武大ほか

古関裕而 日本人の心に残っている稀代の作曲家【朝ドラ・エールのモデル】
古関金子(内山金子)  古関裕而の妻 おしどり夫婦に

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。




Twitter

ページ上部へ戻る