夏空-なつぞらー~キャスト・出演者一覧リスト【NHK朝ドラ】

 
夏空-なつぞらー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年(平成31年)年度前期のNHK連続テレビ小説(第100作)の制作発表がありました。
ドラマタイトルは「夏空-なつぞらー」で、脚本家の大森寿美男さんによるオリジナル作品となります。

ストーリーとしては、太平洋戦争が終り、北海道・十勝にやってきて育った主人公(ヒロイン)の「奥原なつ」が、やがて漫画映画(アニメ映画)の魅力を教えられ、上京してアニメーターになると言う内容になります。

放送開始予定は、2019年4月から9月までの全156回を予定しています。

出演者・キャスト一覧

撮影の制作スケジュールは、2018年(平成30年)夏にクランクインしました。
ロケ地は、北海道十勝地方などになります。



※順不同・敬称略
※子役は子役コーナーにまとめて収録

奥原なつ~父の戦友・柴田剛男(たけお)に引き取られて、北海道の十勝に移り住むヒロイン、上京するとアニメーターとして才能を開花する。
広瀬すず

奥原咲太郎(おくはら-さいたろう)~なつの兄で、両親を亡くしてから妹を懸命に育て、そのあとしばらく孤児院にいたが家出して行方不明になる。
岡田将生

奥原千遥(おくはら-ちはる)~なつの妹
まだ不明

柴田泰樹(しばた-たいじゅ)~酪農をしている十勝のガンコじいさんだが、深い愛をもち、なつに生きるすべを教える。
草刈正雄

柴田剛男(しばた-たけお)~富士子と結婚して婿となった、なつの父との戦友で、義父の泰樹にはいつも頭があがらない。
藤木直人

柴田富士子(しばた-ふじこ)~泰樹の娘・剛男の妻で、なつの母代わりとなる芯の強い女性。
松嶋菜々子

柴田照夫(しばた-てるお)~剛男と富士子の長男で、要領が悪く、なつにいつも先を越されるも、なつとの将来一緒になることを願っている。
清原翔

柴田夕見子(しばた-ゆみこ)~剛男と富士子の長女で、読書が大好きな生意気盛りのツンデレな女の子。
福地桃子

柴田明美(しばた あけみ)~剛男と富士子の次女
平尾菜々花

戸村悠吉(とむら-ゆうきち)~柴田家の農園で務める頼りになる従業員で、泰樹の情熱にひかれて居座っている。
小林隆

戸村菊介(とむら-きくすけ)~悠吉の息子だが酪農の先生で、のちに照男の後見役となり、柴田牧場の発展に大きく貢献する。
音尾琢真



お菓子屋「雪月の人びと」

ドラマに登場する「雪月」は、北海道の道東で有数の製菓メーカーになると言う設定ですので、モデルは、マルセイバターサンドで有名な「六花亭」さんでしょうか?
違うとは存じますが、執筆している私が日本製で一番大好きなお菓子でございます。
これを食べる前に、死んではいけない、おいしい物です。


マルセイバターサンド

小畑雪之助(こばた-ゆきのすけ)~泰樹のバターや牛乳を生かした創作菓子を開発、帯広で北海道有数の製菓メーカーへと発展させる。
安田顕

小畑とよ~雪之助の母で、生き字引のような存在。
高畑淳子

小畑妙子(おばた たえこ)~雪之助の妻。雪次郎の母。
仙道敦子

小畑雪次郎(ゆきじろう)~雪之助の息子でお調子者、日本一の菓子職人になるべく修業のため、親友のなつと一緒に上京する。
山田裕貴



戦後に東京から入植した「山田家の人びと」

山田天陽(やまだ-てんよう)~アニメーターを目指すなつに絵心を教え、大きな影響を与えるが、貧しく進学できず農業を手伝う。
吉沢亮

山田正治(やまだ まさはる)~天陽の父で、戦争で家屋を失ったため移民してきたが、開墾は難航し郵便配達をして生活費を稼ぐ。
戸次重幸

山田タミ~天陽の母で、アルバイト収入で家計を支えるが、同じ東京育ちの「なつ」と話が合う。
小林綾子

山田陽平(やまだ ようへい)~天陽の兄。
犬飼貴丈



田辺政人~農協の組合長
宇梶剛士

阿川弥市郎(あがわ よいちろう)~十勝の深い森に住んでいて、民芸品を作っている。吹雪で倒れていた「なつ」を助けた。
中原丈雄

阿川砂良(あがわ さら)~弥市郎の娘。
北乃きい

居村良子(いむら よしこ)~十勝農業高校でのなつのクラスメイト。
富田望生

太田繁吉~十勝農業高校の先生
ノブ(千鳥)

倉田隆一(くらた りゅういち)~十勝農業高校の教師。演劇部顧問。
柄本佑

門倉務~十勝農業高校の3年生で番長で演劇部に入る
板橋駿谷

高木勇二–重岡漠
石川和男–長友郁真
橋上考三–山下真人

サツマイモをあげるおばあさん–北林早苗
郵便配達員–戸次重幸
警察官(帯広)–稲荷卓央



東京・新宿編

岸川亜矢美(きしかわ あやみ)~おでん屋「風車」の女将で元人気ダンサー
山口智子

前島光子/マダム(まえじま こうこ)~パン屋・川村屋のオーナーでマダムと呼ばれている
比嘉愛未

野上健也(のがみ けんや)~新宿の川村屋に勤めるギャルソン
近藤芳正

茂木一貞(もぎ かずさだ)~書店・角筈屋(つのはずや)の社長
リリー・フランキー

煙カスミ(けむり かすみ)~クラブ「メランコリー」で流行歌を歌う
戸田恵子

亀山蘭子(かめやま らんこ)~劇団「赤い星座」の看板女優で、アニメのアフレコも行う
鈴木杏樹

三橋佐知子(みはし さちこ)~川村屋の住み込みウエイトレス
水谷果穂

佐々岡信哉(ささおか のぶや)~なつの幼なじみ
工藤阿須加

島貫健太~浅草の芸人で、なつの兄から師匠と呼ばれている
岩谷健司

土間レミ子
藤本沙紀

ローズ・マリー~浅草・六区館、ムーランルージュの看板踊り子(ダンサー)
エリザベス・マリー

藤田正士~ムーランルージュの創設者である親分
辻萬長

松井新平~浅草の芸人で島貫の相方、博打好き
有薗芳記



アニメーション編

社屋外観のシーンは「婦人之友社」の社屋(豊島区西池袋)

仲努(なか つとむ)~「東洋動画」のアニメーターのリーダーで、日本初の長編アニメーションを作画した監督。
井浦新

大沢麻子(おおさわ あさこ)~通称はマコ。東洋動画の敏腕アニメーター。
貫地谷しほり

坂場一久(さかば かずひさ)~東洋動画の監督見習い、新人の演出助手。
中川大志

神地航也(かみじ こうや)~なつの後輩アニメーター。
染谷将太

三村茜(みむら あかね)~メガネをかけている女子で、なつと一緒に社内試験を受け、一足先に合格したアニメーター。
渡辺麻友

山根孝雄~仕上課(セル画のトレース・彩色)の課長
ドロンズ石本

石井富子~仕上課(セル画のトレース・彩色)の大先輩
梅舟惟永

森田桃代(もりた ももよ)~東洋動画のセル画の彩色担当。なつの親友。通称「モモッチ」。
伊原六花

下山克己(しもやま かつみ)~元警察官の異色アニメーター。
川島明(麒麟)

井戸原昇(いどはら のぼる)~東洋動画の作画監督。
小手伸也

露木重彦(つゆき しげひこ)~東洋映画のベテラン映画監督。
木下ほうか

堀内幸正~アニメーター、動画担当。
田村健太郎

山川周三郎(やまかわ しゅうざぶろう)~スタジオ所長。
古屋隆太

豊富遊声~アフレコに参加する元活動弁士
山寺宏一

大杉満(おおすぎ みつる)~東洋動画の親会社「東洋映画」の社長。
角野卓造

川谷幸一~妹・千遥が預けられた千葉県船橋にいる親戚のご主人
岡部たかし? ← 可能性です。出張から戻り次第、更新します。

役名不明~川谷幸一の娘? ← 可能性です。千遥役ではない模様
池間夏海?

役名不明~
益子慶太

役名不明~
柏木風太朗



子役 (子供時代)

奥原なつ
粟野咲莉

奥原咲太郎
渡邉蒼

奥原千遥
田中乃愛

佐々岡信哉(ささおか のぶや)~なつの幼なじみ
三谷麟太郎

柴田照男
岡島遼太郎

柴田夕見子
荒川梨杏

柴田明美
吉田萌果

山田天陽(やまだ てんよう)
荒井雄斗

山田陽平(やまだ ようへい)
市村涼風

小畑雪次郎(おばた ゆきじろう)
吉成翔太郎

大作
増田怜雄

実幸
鈴木翼

さち
伍藤はのん

花村和子~小学校の女性教諭
岩崎ひろみ

校長先生
大塚洋

語り~なつの亡き父
内村光良

※役者さんなどは発表がありましたら、追記して参ります。



主題歌

スピッツの新曲「優しいあの子」が、なつぞらの主題歌に決定しました。

主題歌:スピッツ「優しいあの子」(ユニバーサルJ)


優しいあの子 CD19
2019年6月19日発売予定

スピッツは、紅白出場の可能性もあるのではないでしょうか?

あらすじ

昭和21(1946)年初夏、戦争が終わり、奥原なつ(9)は柴田剛男に連れられ、北海道・十勝にやって来た。戦災孤児のなつを受け入れた酪農一家・柴田家は、北陸からの開拓移民。剛男となつの父とは戦友で、もしもの時は、お互いの家族の面倒を見るという約束をしていた。

剛男の父・泰樹は偏屈者で知られていた。泰樹は、なつを厄介者と言いながらも内心、不憫に思っていた。子供ながらに覚悟を決めたなつは、牛馬の世話や乳絞りを懸命に手伝う。
なつの頑張りに心を動かされた泰樹は、生きる術をとことん叩き込む。なつも天真爛漫な子供らしさを取り戻していく。

やがて、なつは素敵な馬の絵を描く少年・山田天陽と出会う。天陽から当時、アメリカで流行っていた漫画映画の魅力を教えられ、〝絵が動く“夢のような世界があるのかと感動する。
高校生になり、なつは天陽の影響で、絵を描く仕事に夢を持ち始めていた。そんな折、生き別れていた兄が東京で働いていると知らされ…。なつに旅立ちの日が近づいていた―。



演出:木村隆文、田中正、ほか
プロデューサー:福岡利武
制作統括:磯智明
題字・タイトルバック:刈谷仁美
アニメーション時代考証:小田部羊一
アニメーション監修:舘野仁美
アニメーション制作:ササユリ、東映アニメーション

(参考)NHKドラマトピックス

広瀬すずさん プロフィールと経歴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (8)

    • なつ
    • 2019年 4月 05日

    草刈正雄さんと 藤木直人さんの役名が逆になってます

    • 船原 博文
    • 2019年 4月 06日

    柴田剛男と柴田泰樹の個人紹介が逆になってます

    • たかだ
    • 2019年 4月 08日

    ご指摘助かります。
    役名が入れ替わっておりました件、大変失礼いたしましたこと、お詫び申し上げます。

    • たかだ
    • 2019年 4月 08日

    ご指摘助かります。
    役名が入れ替わっておりました件、大変失礼いたしましたこと、お詫び申し上げます。

    • 2019年 4月 22日

    柴田家の子供たちが泰樹さんと富士子さんの子供として紹介されてますよ

    • たかだ
    • 2019年 4月 26日

    ご指摘助かります。
    最初の段階で参考にした先(テレビ局)の表記が間違っていたようです。
    大変失礼いたしましたことお詫び申し上げます。

    • 渡邉 郁子
    • 2019年 5月 21日

    柴田富士子さんが剛男の娘として紹介されています。
    泰樹の娘或いは剛男の妻ですよね。

    • たかだ
    • 2019年 5月 24日

    ご指摘助かります。
    最初の段階で参考にした先(テレビ局)の表記が間違っていたようです。
    大変失礼いたしましたことお詫び申し上げます。

 スポンサーリンク



 スポンサーリンク

Twitter

ページ上部へ戻る