夏空-なつぞらー~キャスト・出演者一覧リスト【NHK朝ドラ】

 
夏空-なつぞらー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年(平成31年)年度前期のNHK連続テレビ小説(第100作)の制作発表がありました。
ドラマタイトルは「夏空-なつぞらー」で、脚本家の大森寿美男さんによるオリジナル作品となります。

ストーリーとしては、太平洋戦争が終り、北海道・十勝にやってきて育った主人公(ヒロイン)の「奥原なつ」が、やがて漫画映画(アニメ映画)の魅力を教えられ、上京してアニメーターになると言う内容になります。

放送開始予定は、2019年4月から9月までの全156回を予定しています。

出演者・キャスト一覧

撮影の制作スケジュールは、2018年(平成30年)夏にクランクイン予定
ロケ地は、北海道十勝地方などになります。

スポンサーリンク



※順不同・敬称略

奥原なつ~父の戦友・柴田剛男(たけお)に引き取られて、北海道の十勝に移り住むヒロイン、上京するとアニメーターとして才能を開花する。
広瀬すず

奥原咲太郎(おくはら-さいたろう)~なつの兄で、両親を亡くしてから妹を懸命に育て、そのあとしばらく孤児院にいたが家出して行方不明になる。
岡田将生

奥原千遥(おくはら-ちはる)~
※未発表

柴田剛男(しばた-たけお)~酪農をしている十勝のガンコじいさんだが、深い愛をもち、なつに生きるすべを教える。
草刈正雄

柴田泰樹(しばた-たいじゅ)~富士子と結婚して婿となった、なつの父との戦友で、義父の泰樹にはいつも頭があがらない。
藤木直人

柴田富士子(しばた-ふじこ)~泰樹の娘で、なつの母代わりとなる芯の強い女性。
松嶋菜々子

柴田照夫(しばた-てるお)~泰樹と富士子の長男で、要領が悪く、なつにいつも先を越されるも、なつとの将来一緒になることを願っている。
清原翔

柴田夕見子(しばた-ゆみこ)~泰樹と富士子の長女で、読書が大好きな生意気盛りのツンデレな女の子。
福地桃子

戸村悠吉(とむら-ゆうきち)~柴田家の農園で務める頼りになる従業員で、泰樹の情熱にひかれて居座っている。
小林隆

戸村菊介(とむら-きくすけ)~悠吉の息子だが酪農の先生で、のちに照男の後見役となり、柴田牧場の発展に大きく貢献する。
音尾琢真

お菓子屋「雪月の人びと」

ドラマに登場する「雪月」は、北海道の道東で有数の製菓メーカーになると言う設定ですので、モデルは、マルセイバターサンドで有名な「六花亭」さんでしょうか?
執筆している私が日本製で一番大好きなお菓子でございます。


マルセイバターサンド

小畑雪之助(こばた-ゆきのすけ)~泰樹のバターや牛乳を生かした創作菓子を開発、帯広で北海道有数の製菓メーカーへと発展させる。
安田顕

とよ~雪之助の母で、生き字引のような存在。
高畑淳子

雪次郎(ゆきじろう)~雪之助の息子でお調子者、日本一の菓子職人になるべく修業のため、親友のなつと一緒に上京する。
山田裕貴

戦後に東京から入植した「山田家の人びと」

山田天陽(やまだ-てんよう)~アニメーターを目指すなつに絵心を教え、大きな影響を与えるが、貧しく進学できず農業を手伝う。
吉沢亮

山田正治(やまだ まさはる)~天陽の父で、戦争で家屋を失ったため移民してきたが、開墾は難航し郵便配達をして生活費を稼ぐ。
戸次重幸

山田タミ~天陽の母で、アルバイト収入で家計を支えるが、同じ東京育ちの「なつ」と話が合う。
小林綾子

※役者さんなどは発表がありましたら、追記して参ります。

あらすじ

昭和21(1946)年初夏、戦争が終わり、奥原なつ(9)は柴田剛男に連れられ、北海道・十勝にやって来た。戦災孤児のなつを受け入れた酪農一家・柴田家は、北陸からの開拓移民。剛男となつの父とは戦友で、もしもの時は、お互いの家族の面倒を見るという約束をしていた。

剛男の父・泰樹は偏屈者で知られていた。泰樹は、なつを厄介者と言いながらも内心、不憫に思っていた。子供ながらに覚悟を決めたなつは、牛馬の世話や乳絞りを懸命に手伝う。
なつの頑張りに心を動かされた泰樹は、生きる術をとことん叩き込む。なつも天真爛漫な子供らしさを取り戻していく。

やがて、なつは素敵な馬の絵を描く少年・山田天陽と出会う。天陽から当時、アメリカで流行っていた漫画映画の魅力を教えられ、〝絵が動く“夢のような世界があるのかと感動する。
高校生になり、なつは天陽の影響で、絵を描く仕事に夢を持ち始めていた。そんな折、生き別れていた兄が東京で働いていると知らされ…。なつに旅立ちの日が近づいていた―。



演出:木村隆文、田中正、ほか
プロデューサー:福岡利武
制作統括:磯智明

(参考)NHKドラマトピックス

広瀬すずさん プロフィールと経歴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク



 スポンサーリンク

Twitter

ページ上部へ戻る