映画「引っ越し大名」 出演者キャスト一覧リストと簡単あらすじ

引っ越し大名





映画「引っ越し大名」は、2019年8月30日、全国公開予定の劇場映画です。

超高速!参勤交代シリーズでもお馴染み土橋章宏さん原作の時代小説「引っ越し大名三千里」を映画がしたものとなります。
主演は星野源さん、そして高橋一生さん、高畑充希さんの共演であり監督は「のぼうの城」の犬童一心監督のメガホンで映画化されました。

映画の舞台は姫路城で、姫路藩が幕府から豊後・日田への国替を命じられてピンチになるも、なんとかくり抜ける内容のようです。
藩主として描かれる松平直矩は、実際に7回も転封となった大名で、引っ越し費用が財政を圧迫していました。



出演者(出演キャスト)一覧

片桐春之介~引っ越し奉行になる書庫番
–星野源

鷹村源右衛門~武芸の達人で春之介の幼なじみで御刀番
–高橋一生

於蘭~前任の引っ越し奉行の娘で春之介に指南する
–高畑充希

松平直矩(姫路城主)
–及川光博

山里一郎太~リストラされる姫路藩士
–小澤征悦

中西監物~勘定頭で春之介に協力する
–濱田岳

藤原修三~姫路藩の次席家老で春之介の足を引っ張る
–西村まさ彦

本村三右衛門~姫路藩の国家老で引っ越しに失敗したら切腹だと春之介を脅す
–松重豊

仲田小兵衛~姫路藩の江戸留守居役
–山内圭哉

佐島竜五郎~勘定奉行で引っ越し費用の工面を春之介に丸投げする
–正名僕蔵

北尾俊蔵~リストラされて帰農した藩士
–ピエール瀧容疑者
※出演場面は、再撮影・再編集は行わず映画公開。

高橋四郎~リストラされる姫路藩士
–飯尾和樹

田中衆三郎~隠密(忍者)の頭
–和田聰宏

和泉屋新吉(和泉屋若旦那)~海鮮問屋の若旦那
–岡山天音

綾瀬主水
–松岡広大

波津~春之介の母
–富田靖子

蛭田源右衛門
–中村靖日

戸田采女
–矢野聖人

音松~於蘭の子
–鳥越壮真(子役)

小野田真之
–斉藤暁

大野の妾
–丘みどり(特別出演)

柳沢吉保~江戸幕府の小納戸役
–向井理(友情出演)

ナレーション
–立川志らく

その他、役名や俳優さんは、判明しましたら、その都度、追記させて頂く予定です。



原作・脚本:土橋章宏「引っ越し大名三千里」(ハルキ文庫刊)
監督:犬童一心

ストーリー

引っ越しは・・・戦でござる!

姫路藩書庫番の片桐春之介(星野源)は、人と話すのが苦手で、いつも書庫にこもりっきりで本ばかり読んでいるので、周囲から「かたつむり」とあだ名される引きこもり侍だった。あるとき、藩主の松平直矩(なおのり)は、江戸から国替えを言い渡される。これまでの度重なる国替えで藩の財政事情は苦しいというのに、減封まで言い渡された上、行先は遠く離れた豊後(大分県)の日田。藩まるごとの引っ越しという、参勤交代をはるかに上回る莫大な金額が必要な一大事業。これを成し遂げるには、引っ越し奉行の手腕にかかっている。しかし前任者はその激務が原因で亡くなっていた。お国最大のピンチに、いつも本ばかり読んでいるのだから引っ越しの知識があるだろうと、なぜか春之介に白羽の矢が立ってしまう。国替えと減封による人減らし。無理難題とも言える大役に怖気づく春之介だったが、幼馴染で武芸の達人・鷹村源右衛門(高橋一生)の説得もあり、嫌々引き受ける羽目になる。しかし、引っ越しの経験がない春之介は、どこから手をつけて良いか見当がつかない。そこで、前任の引っ越し奉行の娘である於蘭(高畑充希)に助けを借りに行く。最初は父親の死の原因を作った藩に恨みを持っていた於蘭だが、春之介の優しさと頼りなさが放っておけずに手を貸すことになる。こうして源右衛門たち仲間の協力や於蘭の厳しい引っ越し指南に助けられて引っ越しの準備が始まった!与えられた期限は3か月。果たして春之介はこの一生一大の大仕事を知恵と工夫で無事に成し遂げ、国を救うことができるのだろうか?!

引っ越し大名のロケ地は、ロケ地は淡路島、丹後町屏風岩、伊賀・上野城彦根城姫路城、松竹京都撮影所です。
実際に、映画を拝見いたしましたところ、姫路城からの出発シーンなどは、彦根城など。
高畑充希さんが乗馬して城に到着する場面や、藩士が坂道を走って城に向かうような場面も彦根城です。
引っ越し道中の風光明媚な海岸シーンは、丹後の屏風岩。
隠密と戦うシーンは、淡路島の慶野松原。
伊賀・上野城でもロケが行われました。
あとは、役者さんがロケにて赴いてはいませんが、転封先の城として、福知山城、篠山城も出ていたと推測致します。

映画鑑賞の感想(奥さん)

笑いどころもたくさんあり、犬童一心監督らしい作品で、楽しめました。

藩主・松平直基・松平直矩が実際に引っ越ししたお城の順番は下記の通り。

越前・勝山城(3万石)→越前・大野城(5万石)→山形城(15万石)→姫路城(15万石)→豊後・永山城(日田陣屋)(7万石)→山形城(10万石)→白河小峰城(15万石)

姫路城の歴史と見どころ【国宝・世界遺産】~焼夷弾直撃も不発にて現存した奇跡の城
松平直矩 引っ越し大名と呼ばれた姫路藩主

たかだドラマ研究家

投稿者プロフィール

テレビドラマ研究家のたかだと申します。
このかた、30年以上、ドラマの研究を行っております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA




Twitter

ページ上部へ戻る