桶狭間 OKEHAZAMA~織田信長 覇王の誕生~【出演者・キャスト一覧】

桶狭間 OKEHAZAMA~織田信長~ 出演者・キャスト一覧





市川海老蔵さんの13代目・市川團十郎白猿襲名を記念した特別企画ドラマ、桶狭間OKEHAZAMA~織田信長・覇王の誕生~が、2020年夏にフジテレビ系列にて放送される予定でした。
しかし、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、海老蔵さんの市川團十郎・白猿襲名披露公演が、延期となったため、時代劇ドラマ放送も延期になりました。
その後、2021年3月26日(金)、夜9時(21時)から、フジテレビ系で、放送されることが発表されています。

ドラマ桶狭間

「えびぞう」さんが演じられる「桶狭間」のあらすじ・物語・ストーリーですが、織田信長が今川義元の大軍を破った「桶狭間の戦い」を焦点にした戦国時代ドラマのようです。
市川海老蔵さんが、織田信長を演じるのは、2017年のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』以来になります。

それでは、キャスト・配役・出演者・キャストを分かりやすく明記させて頂きます。



出演者・キャスト

テレビドラマ「桶狭間」の出演者・キャストの一覧リストです。

※順不同・敬称略

織田信長~尾張の戦国大名
— 市川海老蔵

吉法師~織田信長の子供時代
— 堀越勸玄
— 川﨑皇輝(少年期) ※少年忍者/ジャニーズJr.

帰蝶(濃姫)~美濃の斎藤家から信長に嫁ぐ
広瀬すず
— 市川ぼたん (少女期)

今川義元
— 三上博史

土田御前~織田信長の母
— 黒木瞳

木下藤吉郎~尾張の貧しい生まれの商人
— 中尾明慶

堀田道空(どうくん)~信長と道三の仲を取り持つ斎藤家の重臣
— 竹中直人

織田信秀~尾張の虎と呼ばれる信長の父
— 北村一輝

柴田勝家~織田家の勇猛な武将
— 松田龍平

斎藤道三~美濃のマムシと呼ばれる帰蝶の父
— 佐藤浩市



織田信勝~織田信長の弟
— 馬場徹

服部小平太~今川義元に一番槍をつける
— 味方良介

毛利新介~桶狭間で今川義元を討取る
— 松村龍之介

千秋季忠~熱田神宮の宮司で織田家の武将
— 堀井新太

松平元康~桶狭間の戦いでは今川勢にいた徳川家康
— 鈴鹿央士
— 髙橋來(幼少期)



あらすじ

ドラマのあらすじ・ストーリーは下記のように発表されています。

1560年、清洲城。27歳の織田信長(海老蔵)が「敦盛」を舞っている。同じ時、今川軍の先鋒・松平元康(後の徳川家康)は織田軍の砦(とりで)の前で、その采配を振るう時を待っていた。駿河の総大将・今川義元(三上)が織田家の領地・尾張を我が物にするべく、二万の大軍をもって侵攻してきたのだ。
前夜、今川軍に対抗する策を訴える家老衆をあしらった信長は、翌早朝にたった五人の小姓を従えて清洲城から姿を消した。恐れをなして逃げたのだという生母・土田御前(黒木)に対して、濃姫は決して逃げたりはしないと言い切り信長の身を案じる。
信長は木下藤吉郎など信用できる者たちを動かし今川軍の情報を集め、義元が大高城に向かうのではなく、織田信長軍と戦う構えで桶狭間にいることを突き止めた。やがて、織田軍本陣に家老衆が軍勢を率いて現れたが、その数は二千ほどで、今川軍との差は圧倒的だった。
二万VS二千。果たして信長はどんな戦略でこの大軍に立ち向かうのか……。奇跡の戦いが今始まろうとしていた。

下記はTwitterにあった情報を共有表示させて頂きます。

スタッフ

脚本:大森寿美男 ~NHK連続テレビ小説『なつぞら』、大河ドラマ『風林火山』、『フジテレビ開局50周年記念ドラマ特別企画 黒部の太陽』他

主題歌:宮本浩次 「shining」

プロデュース:高井一郎~『SP(エスピー)』、『踊る大捜査線』シリーズ、『空から降る一億の星』他)

演出:河毛俊作~『フジテレビ開局60周年記念ドラマ 松本清張 砂の器』、『フジテレビ開局50周年記念ドラマ特別企画 黒部の太陽』、『きらきらひかる』、WOWOW『パンドラ』シリーズ他

桶狭間の戦いとは 桶狭間古戦場跡
服部一忠(服部小平太)~桶狭間にて今川義元に一番槍をつけるも豊臣秀次事件に連座した運命
毛利新助(毛利良勝)と毛利長秀(毛利秀頼)とは 織田家の毛利さん
忠義の士である岡部元信と岡部正綱とは~出世した岡部長盛も
今川義元は領国経営に優れた優秀な戦国大名だった
濃姫(帰蝶)~織田信長のナゾ多き正室で明智光秀の従兄妹~
清洲城 織田信長の居城ここにあり・清須城
麒麟がくる キャスト・出演者一覧リスト

たかだドラマ研究家

投稿者プロフィール

テレビドラマ・アマチュア研究家のたかだと申します。
時代劇などドラマの研究を行っております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


Twitter

ページ上部へ戻る