朝ドラ「わろてんか」毎週のストーリー・次回のあらすじ【3】(随時更新)

わろてんか

スポンサーリンク
スポンサーリンク

NHKの連続テレビ小説「わろてんか」のあらすじ・ストーリー展開の第3弾(最終)でございます。
朝ドラ「わろてんか」毎週のストーリー・第一弾はこちらより・・。
朝ドラ「わろてんか」毎週のストーリー・第二弾はこちらより御覧願います。
ご覧願います。
「今後はのような展開になるか」と、あらすじをご希望される皆様に、ストーリーを掲載させて頂きます。

わろてんかのあらすじは、最終回まで掲載させて頂こうと存じます。
ただし、放送を楽しみたい方は読まない方が良いかも知れません。

スポンサーリンク



第21週・2018年2月19日から

伊能(高橋一生さん)は、北村笑店で本物のマーチン・ショウをアメリカから呼んで、日本公演を実現させようと提案します。
隼也(成田凌さん)が、偽マーチン・ショウの詐欺被害にあったショックもあり、てんと風太(濱田岳さん)はその提案に難色を示します。
再び北村笑店で下働きを始めた隼也は、懸命に寄席の雑用をこなしていたが、亀井(内場勝則さん)から、マーチン・ショウをやるかもしれないという話を聞くと大喜びしました。

てん(葵わかなさん)は、北村笑店でマーチン・ショウを興行するかどうか、決めかねていましたが、いずれにせよ隼也(成田凌さん)には一切関わらせないと言明します。
母の厳しい決定に、隼也は落胆しますが、それまで収集していたショウの資料を、伊能(高橋一生さん)に託し、自分は新たな企画を考えようと気持ちを切り替えるのでした。
ある日、高座から下りてきた、リリコ(広瀬アリスさん)が、四郎(松尾諭さん)に漫才のダメ出しをしていると、突然四郎が倒れたため、楽屋が騒然となります。

隼也(成田凌さん)に、ショウの資料を渡そうと、つばき(水上京香さん)が風鳥亭を訪ねて来ました。
てん(葵わかなさん)は、つばきに対する隼也の慌てぶりを見て、なぜか心穏やかでいられません。
風太(濱田岳さん)は、隼也が作った企画書を読んで、ようやく北村笑店でマーチン・ショウの公演を行うことを、前向きに考え始めました。
四郎(松尾諭さん)のことが気になって仕方ない、リリコ(広瀬アリスさん)は、てんに相談しますが、それは恋だと言われてハッとします。

てん(葵わかなさん)と、伊能(高橋一生さん)は、マーチン・ショウの日本公演を実現しようと広く出資を募りますが、巨額な誘致費用と新しい試みに対して、賛同する会社は少なく資金は集まりません。
そこで北村笑店と伊能商会にて、莫大な制作費を折半する決断をするのです。
隼也(成田凌さん)は、つばき(水上京香さん)と頻繁に会うようになり、好意を募らせるが、ある日突然もう会うことができないと言われてショックを受けます。
そんな隼也に四郎(松尾諭さん)が相談事を持ちかけるのでした。

てん(葵わかなさん)は、雨でびしょ濡れになって玄関に立つ隼也(成田凌さん)を見て驚きますが、その後ろにも、濡れている、つばき(水上京香さん)が立っているのに気づき、何も言わず二人を家に上げます。
つばきは近々、許婚(いいなずけ)と結婚することになり、その前に隼也に、きちんとお別れをしたかったと打ち明けました。
つばきが、北村笑店のメインバンクである中之島銀行の頭取の娘だと知った風太(濱田岳さん)は、隼也をつばきから引き離そうとします。

隼也(成田凌さん)と、つばき(水上京香さん)は、お互い好きだという気持ちにフタをしたまま、精一杯の明るい別れをしました。
てん(葵わかなさん)は、北村笑店の跡取りである隼也が、会社としては正しい判断をしたと安心する一方で、隼也の気持ちを個人的に思うと、自分勝手な親だと泣きたい気分になります。
互いに相手のことが気になる、リリコ(広瀬アリスさん)と、四郎(松尾諭さん)は、何の進展もないままでしたが、ついに四郎が意を決してリリコに告白しようとします。

スポンサーリンク



第22週・2018年2月26日から

※続きは、適時追記して参ります。

朝ドラ「わろてんか」毎週のストーリー・次回のあらすじ【1】
葵わかなさん~NHK朝ドラ「わろてんか」のヒロイン藤岡てんの役どころなど
吉本せい~吉本興業の創業者で「おせいさん」と親しまれた明治の女興行師とは
わろてんか~キャスト・出演者一覧リスト【NHK朝ドラ】
岡本玲さんが演じる「杉田楓」の役どころ~朝ドラ「わろてんか」
堀田真由さんの魅力がたっぷり見れそう~NHK朝ドラ「わろてんか」にて妹の藤岡りん役に決定
徳永えりさんが演じる「トキ」のやくどころ~NHK朝ドラ「わろてんか」
葵わかなさん プロフィールと経歴 どんな笑顔を見せてくれるの

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Twitter

ページ上部へ戻る