朝ドラ「わろてんか」毎週のストーリー・次回のあらすじ【2】(随時更新)

わろてんか

スポンサーリンク
スポンサーリンク

NHKの連続テレビ小説「わろてんか」のあらすじ・ストーリー展開の第2段でございます。
第一弾はこちらよりご覧願います。
「今後はのような展開になるか」と、あらすじをご希望される皆様に、ストーリーを掲載させて頂きます。

わろてんかのあらすじは、最終回まで掲載させて頂こうと存じます。
ただし、放送を楽しみたい方は読まない方が良いかも知れません。

スポンサーリンク



第11週・2017年12月11日から

てん(葵わかなさん)は、勝手に団真(北村有起哉さん)を高座に上げたことで、てんと藤吉(松坂桃李さん)は、口もきかない状態となります。
藤吉は、思いやりのつもりで、仕事はもう休むようにしはて、子育てに専念するようにと、てんに言います。
しかし、てんはショックを受け、さらに夫婦の中は悪くなりました。
てんがいなくなった風鳥亭では、藤吉が経理から雑用まで引き受けますが、慣れない仕事で思うようにいきません。
そんな時、リリコ(広瀬アリスさん)が、てんを訪ねて来ました。

てん(葵わかなさん)は、藤吉(松坂桃李さん)が借金してまで、団吾(波岡一喜さん)を風鳥亭の専属にしたいのか?、その理由を理解し、風太(濱田岳さん)に頼んで、団吾に出演の直談判をしに行くことにしました。
ところが、団真(北村有起哉さん)を見捨てた、お夕(中村ゆりさん)が、団吾の家にいたため、てんは驚きます。
藤吉は、ストライキを続ける万丈目(藤井隆さん)たちが、芸をさらに磨こうと稽古もせずに、フラフラしているのを見て、もっと真剣に努力をしろと怒鳴ります。

仲違い状態が続くてん(葵わかなさん)と、藤吉(松坂桃李さん)のため、トキ(徳永えりさん)と、風太(濱田岳さん)が、なんとか二人の仲を取り持ち成功します。
てんが、久しぶりに仕事に戻り、いつもの風鳥亭になりました。
藤吉に怒られたことで奮起したキース(大野拓朗さん)と、アサリ(前野朋哉さん)は、コンビを組んで新しい芸に挑戦します。
万丈目(藤井隆さん)も、後ろ面をもっと究めたいと稽古に励むのでした。

藤吉(松坂桃李さん)と、仲直りをした、てん(葵わかなさん)は、別居状態の団真(北村有起哉さん)と、お夕(中村ゆりさん)も、本心では戻りたがっていると違いないと感じて、仲を取り持とうとします。
しかし、2人は別れるの一点張りで、団吾(波岡一喜さん)を訪ねることにしました。
すると、団吾という落語家の芸に対する恐ろしいまでの執念を目の当たりにし、さらに、お夕を団真の元に返さないと言われてしまうのです。

てん(葵わかなさん)と藤吉(松坂桃李さん)は、姿を消した団真(北村有起哉さん)を必死に探しました。
そのことを知ったお夕(中村ゆりさん)は、団吾(波岡一喜さん)の制止を振りきって風鳥亭に駆けつけます。
夜半、亀井(内場勝則さん)が、川をぼーっと眺めていた団真を見つけて連れ戻しますが、お夕は、姿を消すことなんかせず、しっかり落語の稽古をしろと団真を責めます。
二人の仲を取り持ちたい、てんは、藤吉(松坂桃李さん)にあるお願いをするのでした。

てん(葵わかなさん)と、藤吉(松坂桃李さん)の計らいで、団真(北村有起哉さん)は風鳥亭の高座に上がることになります。
その日突然、客席に団吾(波岡一喜さん)が現れ、それを知ったお客さんが、大勢、風鳥亭に駆けつけました。
たちまち大入り満員となり、その様子に驚いた団真は高座を下りようとします。
しかし「やれるもんならやってみろ」と団吾にけしかけられ、団真は覚悟を決めて落語を始めるのでした。
客席からはお夕(中村ゆりさん)も、団真の落語をハラハラしながら聞くのです。



第12週・2017年12月18日から

藤吉(松坂桃李さん)は、団吾(波岡一喜さん)を念願の専属芸人に迎えることができ、寄席は連日大入り満員となります。
てん(葵わかなさん)も、忙しさにうれしい悲鳴を上げるのでした。
ある日、寺ギン(兵動大樹さん)がのとこに芸人が怪我をして、その妻・富(宮嶋麻衣さん)が藤吉に借金を頼み込みます。
しかし、寺ギンの芸人に、お金を貸すのは筋違いだと藤吉は断るのでした。
一方、伊能(高橋一生さん)は、大阪郊外で宅地開発を進め、映画館を中心にした娯楽施設を作る構想を進めます。

アサリ(前野朋哉さん)が、突然、芸人をやめると言い出します。
てん(葵わかなさん)と、藤吉(松坂桃李さん)が事情を聞くと、近々訪ねて来る祖父の治五郎(佐川満男さん)に自分が芸人だということを知られたくないと言うのです。
そこで、伊能(高橋一生さん)の力を借りて、アサリを一時的に「会社員」に見せかけることにしました。
一方、てんが、寺ギン(兵動大樹さん)の芸人に、お金を貸したことが発覚し、引き抜きみたいな真似はやめろと、寺ギンが怒鳴り込んできます。

寺ギン(兵動大樹さん)から芸人の派遣をしてもらえなくなった風鳥亭は、出演者が足りなくなり窮地に追い込まれます。
藤吉(松坂桃李さん)は、アサリとキース(大野拓朗さん)を別々の高座に出し、寺ギン以外から芸人を何とかかき集めて急場をしのぎます。
てん(葵わかなさん)は、寄席を駆け回るアサリに代わって、祖父・治五郎(佐川満男さん)の相手をすることになりますが、アサリが会社員でないことを見抜いた治五郎に詰め寄られ、答えに困ってしまいました。

※続きは、適時追記して参ります。

朝ドラ「わろてんか」毎週のストーリー・次回のあらすじ【1】
葵わかなさん~NHK朝ドラ「わろてんか」のヒロイン藤岡てんの役どころなど
吉本せい~吉本興業の創業者で「おせいさん」と親しまれた明治の女興行師とは
わろてんか~キャスト・出演者一覧リスト【NHK朝ドラ】
岡本玲さんが演じる「杉田楓」の役どころ~朝ドラ「わろてんか」
堀田真由さんの魅力がたっぷり見れそう~NHK朝ドラ「わろてんか」にて妹の藤岡りん役に決定
徳永えりさんが演じる「トキ」のやくどころ~NHK朝ドラ「わろてんか」
葵わかなさん プロフィールと経歴 どんな笑顔を見せてくれるの

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Twitter

ページ上部へ戻る