毛利家奥の国島・鞠・潮とは


スポンサーリンク
スポンサーリンク

shinsaku 高杉晋作でございます。
 さて、2015年7月以降の大河ドラマ花燃ゆ」には、杉文殿が毛利家の奥に仕えると言う事で、だいぶ華やかな感じになってくるでございます。
 今回は、そんな毛利家の奥に仕える、国島殿、殿、殿をご紹介申し上げたく存じます。

目次 Contents

国島

 国島(くにしま)殿は、50年以上、毛利家の奥に仕えた御蔵番です。
 園山殿が奥御殿総取締役ですので、園山殿の部下と言う事になりますね。
 国島殿は、主に毛利都美子さまや、銀姫(毛利安子さま)の道具などを管理していましたが、もうだいぶ高齢のようでして、病で伏せかちとなります。

 長州藩主・毛利敬親さまが、萩城から山口藩庁に移る際には、当然、奥も移動するのですが、その際に「人員削減」が決定します。
 その人員削減に当たったのが、久坂文(杉文)殿でして、最初は強く抵抗しますが、やがて、文殿の意気込みに感じ入ると、人員削減に協力して、自らも奥から去ると言う、人情溢れる女性でございました。

 花燃ゆでは、白石加代子さんが演じておられます。

スポンサーリンク



 鞠(まり)殿は、奥に入った久坂文(杉文)殿が、長州藩を朝敵にした張本人である久坂玄瑞の妻でしたので、園山殿から文殿を見張るよう命を受けます。
 鞠殿も奥での出世欲があったようで、その命を忠実に守りますが、四国艦隊との講和交渉に向かう高杉晋作に、儀礼の装束を届ける際に、久坂文(杉文)殿と一緒に向かいました。
 この時、奇兵隊の隊士に久坂文(杉文)殿が気丈な態度で臨んだことから、この事を園山殿に報告します。
 その報告を受けた園山殿は感心して、久坂文(杉文)殿を銀姫(毛利安子さま)の女中に付けるのです。
 花燃ゆでは、石橋杏奈さんが演じておられます。
 その後は、奥での理解者として久坂美和を陰ながら支えて行きます。

 潮(うしお)殿は、銀姫(毛利安子さま)に仕える忠実な女中です。
 そんな所に女中として加わった久坂文(杉文)殿が、ものおじせずに銀姫(毛利安子さま)に色々と意見を言うので、余りいい顔しません。
 また、奥の人員削減が、若くて美しい女中を増やして、毛利元徳さまの世継ぎをもうけると言う意図があったのを知ると、人員削減を指揮していた久坂文(杉文)殿を責めます。
 しかし、銀姫(毛利安子さま)が久坂文(杉文)殿の人柄を認めるように、やがて潮殿も文殿を認めるようになって行きます。

 花燃ゆでは、鷲尾真知子さんが演じておられます。

 だいぶドラマも華やかにもなってきますので、視聴率も少しは上がるのではないかと存じます。

 →大河ドラマ「花燃ゆ」のキャスト一覧
 →意地悪な「日出」に関してはこちら
 →園山殿に関してはこちら
 →毛利都美子(都美姫)の生涯
 →毛利安子(銀姫)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

Twitter

ページ上部へ戻る