花咲舞が黙ってない【第2期】第1話のあらすじ


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 日本テレビのドラマ「花咲舞が黙ってない」の第2期に関して、情報が入る限り「番外編」として追ってみたいと存じます。
 まずはご出演者(キャスト)ですが、下記の通りです。
 杏さん(花咲舞)、上川隆也さん(相馬健)、塚地武雅さん(芝崎太一)、石橋凌さん(堂島正吾)、成宮寛貴さん(松木啓介)、榎木孝明さん(辛島伸二朗)、甲本雅裕さん(児玉直樹)、大杉漣さん(花咲幸三)、生瀬勝久さん(真藤毅)、ほか。

 第1話としては、下記のようなあらすじです。

東京第一銀行本部・臨店班の舞(杏)と相馬(上川隆也)がコンビを組み、全国の支店で起こる様々な問題を解決し始めて1年余りが過ぎた。 一方、2人の天敵とも言える真藤毅(生瀬勝久)は常務取締役に昇進し、「次期頭取候補」としてますます行内での勢いを強めていた。
ある日舞と相馬は、「投資信託トラブル」を起こした日本橋支店へ臨店を命じられる。顧客の諸角産業社長・諸角博史(佐藤B作)が、3000万円の投資信託を購入し、半年後に解約したところ、元本割れをして300万円の損失が出た。だが諸角が言うには、購入時に渉外課の北原有里 (片瀬那奈)から「元本は保証する」「損はしない」と説明されていたという。有里から話を聞く舞と相馬。有里は「元本保証するとは言ってない」と主張し、舞はそんな有里の冷静過ぎる態度に違和感を覚える。そして、真藤派閥の支店長・橋爪藤一(寺脇康文)もまた、「ただの言いがかり。損をしたのが悔くて、難癖をつけて来てるだけだ」と聞く耳を持たない。
舞と相馬は、諸角社長の話を聞くため諸角産業へ向かう。だが、諸角は銀行の対応に怒り心頭で、すでに東京第一銀行を訴える旨の訴状を提出してしまっていた ―― 。

スポンサーリンク



 全体としては、メガバンクの東京第一銀行を舞台に「あきらめないヒロイン」である花咲舞と、「あきらめたオジサン」の相馬健の凸凹コンビが活躍する、痛快ドラマです。
 今回も2人は、全国の支店で発生した事件や不祥事である、現金紛失、横領、情報漏洩、粉飾決算、計画倒産などの場面で活躍します。
 しかし、宿敵の真藤常務の頭取争いもあり、巻き込まれていくようです。

 →2期・第2話のあらすじはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

注目の情報

  1. 2017年の大河ドラマ「おんな城主直虎」の主人公で、柴咲コウさんが熱演する井伊直虎(いい-なおとら)…



 スポンサーリンク

Twitter

ページ上部へ戻る