「同期のサクラ」日テレ系10/9(水)午後10時より放送中!あらすじ・出演者随時更新中!

 
同期

同期のサクラ(どうきのさくら)】

北の小さな離島から1人上京した
ヒロインのサクラ。
サクラは大手ゼネコンに就職します。
サクラには大きな夢がありました。
それは自分の故郷と本土を結ぶ
大きな橋を架ける事。

自分の夢を社長に宣言するサクラ。

配属先を決める大事な新人研修にて、
社長の理不尽な言動に
サクラの「忖度できぬ」性格が、
思わぬ事態を引き起こしてしまいます。

どんな逆境にも己を貫いたサクラと
その同期たちとの10年間の物語です。

ヒロインの1年間を1話で描いていきます。

(引用元:公式サイトより)

【放送日時・放送局】

【日本テレビ系列】2019年10月9日(水)午後10時より

【制作スタッフ】(順不同・敬称略)

【原作】

【脚本】
遊川和彦
【音楽】

【演出】
明石広人
南雲聖一
【チーフプロデューサー】
西憲彦
【プロデューサー】
大平太
田上リサ
【制作協力】
AX-ON
【製作著作】
日本テレビ

【主要キャスト】

(順不同・敬称略)
北野サクラ(きたのさくら)⇒高畑充希(たかはたみつき)
<強い夢をもって大手ゼネコンに就職。
忖度できない性格で、どんな逆境でも
自分を貫く>

月村百合(つきむらゆり)⇒橋本愛(はしもとあい)
<多くの勇気をもって生きる女性。
サクラの同期。両親は土建業でハイソサエティに憧れている>

木島葵(きじまあおい)⇒新田 真剣佑(あらた まっけんゆう)
<サクラの同期。
将来は社長。そのためなら何でも忖度する>

清水菊夫(しみずきくお)⇒竜星涼(りゅうせい りょう)
<サクラの同期。
実家に毎月仕送りする熱血タイプ>

土井蓮太郎(どいれんたろう)⇒岡山天音(おかやま あまね)
<サクラの同期。
二浪している。努力型だが何でもネガティブ>

脇田草真(わきたそうま?)⇒草川拓弥(くさかわたくや)
<サクラの隣に住む夫婦。
この夫婦の10年間の軌跡がサクラの運命に大きく関わる>

中村小梅(なかむらこうめ)⇒大野いと
<サクラの隣に住む夫婦。
この夫婦の10年間の軌跡がサクラの運命に大きく関わる>

老女柳谷ユカ(やなぎやゆか)
<サクラが上京した際に見つけたレストラン。
頼めば何でも作ってくれる>

火野すみれ(ひのすみれ)⇒相武紗季(あいぶさき)
<サクラ達の先輩>

黒川森雄(くろかわもりお)⇒椎名桔平(しいなきっぺい)
<人事部長>

北野柊作(きたのしゅうさく)⇒津嘉山正種(つかやままさたね)
<桜の祖父。男手ひとつでサクラを育ててきた>

社長西岡徳馬(にしおかとくま)
<花村建設の社長>

阿部祐二

(引用元:公式サイトより)

<第2回>
桑原部長丸山智己(まるやまともみ)
<営業部の部長。
菊夫の先輩だが横暴で人の話を聞かず菊夫を倒れさせる。
評判は良くないが営業成績は良い>



【第1回あらすじ】

病院のベッドに横たわり、意識がもどらないまま
人工呼吸器に繫がれた女性・北野桜。
知らせを受けて、彼女の元に駆け付けたのは、
携帯電話にたった4人だけ連絡先が登録されていた
会社の同期である、
百合・葵・菊夫・蓮太郎でした。
4人の想いは皆一緒でした。
「サクラのいない世界に生きていてもしょうがない」

今から遡る事10年前の2009年の春。
大手ゼネコンである花村建設の新入社員となった桜。
入社式に急いで向かっていました。
通行の邪魔をする若者にも忖度はしません。
「皆さんの迷惑になるので道を開けてください」
珍しい建物を見ると、
時間を忘れて写真を撮ります。
ギリギリ何とか間に合った入社式でも、
社長のスピーチに
「話が長いと思いました」と
立場をわきまえない発言をして
周囲を唖然とさせるのでした。
人事部長の黒川のフォローで空気が和らぐものの、
桜の超マイペースな性格は、
同期の皆に強烈な印象を残したのでした。
式の後、
3週間の新人研修の最終課題として、
配属先の決定に影響する
「日本の未来に残したい建造物の模型作り」は
発表され、桜は班のリーダーとなりました。
クールながら場の空気を読む百合、
社長をめざす野心家の葵、
応援部出身でアツイ菊夫、
そしてネガティブ思考の蓮太郎でした。
4人を親睦会に誘った桜は、
志望部署を訪ねられ、
故郷の離島に橋をかける仕事に関わるため、
どうしても土木部に入りたい、ということでした。
「花村建設で出会った同期の仲間なので」と
記念写真を撮りますが、
サクラはさっさと帰ってしまいました。
表情はわかりにくいですが熱いような、
とらえどころがないマイペースな桜の性格に
4人は戸惑います。
その夜、桜は故郷の美咲島に住む祖父の
柊作にあてた手紙をファクシミリしていました。
その心の中は出会った仲間とこれから始まる
仕事に胸が高鳴っている様子でした。
翌日から桜たちは人事部の火野すみれの指導の下、
ビジネスマナーや現場研修など厳しい新人研修を受けます。
皆がクタクタになる中、桜は空気を読まず、
最終課題の建造物の模型作りの打合せをしようと
持ちかけるのでした。
けれども課題に向けたみんなの意見はバラバラでした。
さくらはあるアイデアを出すのですが・・。

夢の為には決して信念を曲げない桜の言動は
「組織」を重んじる会社の中では
浮いた存在になってしまいます。
けれども歩の遅い亀が、
必死に東京のスピードについていこうとするその姿に、
同期の心は次第に変わっていくのです・・。
そんな桜と同期の仲間たちの10年間の物語が、
今、始まろうとしています。

(引用元:公式サイトより)

【第2回あらすじ】

眠り続けるさくら。
同期は入社2年目を回想していました。

2010年5月。
サクラは花村建設人事部で2年目を迎えていました。
忖度できない気性は相変らずでした。
修羅場中のカップルに空気を読まないクレームを入れたり、
社内エレベーター内で大きな声で電話する
上司風の男性に堂々と注意をしたり。
そして何より「故郷に橋を架ける仕事に携わる」
という夢も持ち続けていました。

人事部で「残業時間を減らせ」というお達しがでます。
経費削減のためです。
黒川がサクラとすみれにそのお達しを丸投げします。
面倒な仕事は何でも押し付ける黒川と
意見をはっきり主張するサクラの間でストレスを感じる
すみれでしたが、サクラと一緒に各部署に残業削減を
お願いして回ることになりました。
そもそも何故産業してはいけないのか・・・。

調子よく業務をこなす葵、
男性社会の中で不安と不満を隠しながら働く百合、
雑用ばかりで意見を聞いてもらえない蓮太郎、
と同期の仲間と再会したサクラ。
それぞれの労働環境をメモするサクラ。
そして営業部で多忙ながらもやりがいを感じている菊夫に
再会します。
そこに現れる菊夫の上司の桑原。
何とサクラがエレベーターで注意をした男性でした。
慌てたすみれが間に入るも、全く聞く耳を持たない桑原。
そして、サクラは明るく振舞う菊夫を不安げに見つめます。

その夜、
菊夫は担当する建設現場の工期を1か月早めるように
桑原からムチャぶりを受けてしまいます。
高圧的な桑原と
悲鳴をあげる下請け業者の板挟みになる菊夫。
落ち込み悩む菊夫はあの喫茶店に行き、
同期と再会し、同情されるもサクラだけは
さっさと帰ってしまいます。
やがて、営業部の残業時間が増えている事が問題になります。
苦手な桑原をさけて何も動こうとしない黒川に代わり、
自ら営業部に行くと申し出るサクラでしたが、
思わぬ騒動を巻き起こしてしまうのでした。
心身ともに追い詰められた菊夫を助けるため、
自分の夢を諦めないため、
忖度しないサクラが進む道とは??

(引用元:公式サイトより)

【第2回その他の出演者】
横山祥二・永倉大輔
大地泰仁・大宮将司
岩田竜二・海上学彦・源藤アンリ
蕪﨑俊平・川末敦・枦山真生

【第2回の感想】
桑原みたいなの、確かにいましたねぇ。
私がかつて働いていた職場にも確かに存在してました。
で、女子にも格付けして、
地味で大人しい女子に対して、
あからさまに「ブス」だの「トロイ」だの
「生意気」だの言いたい放題。
ろくろく知らない間柄なのに「てめえ」だの「お前」だの
馴れ馴れしくて下品で乱暴な言葉遣いも一緒でしたね。
よく言った菊夫!
そしてサクラをはじめ、
なんだかんだときにかけている同期の面々。
で、サクラはなにを言われも罵られても
前を向いてしっかり歩く。
何故なら夢や目標があるから。
で、カーテンがピンクで実は可愛い。

【第3回あらすじ】

2019年春。
眠り続けるサクラの見つめる百合。
赤ちゃんを抱っこしており、名前は「夢」。
それは夢を追い続けたサクラに影響されて名付けた名前でした。
入社3年目、東日本大震災の前日。
サクラは新規採用のパンフレットを作るため、
広報部の百合と協力をして各部署で3年目を迎える同期たちに
取材をすることになりました。
ミス広報ともてはやされ、
自分の想いや意思を押し殺して働く百合は、
黒川やすみれの指示でも自分がなっとくしなければ
従えない桜にあきれながらも一緒に取材に向かいました。
都市開発部で自信満々に働く葵、
一級建築士の資格をとるために、
終業後も勉強に励んでいる蓮太郎、
サクラの影響で一皮むけて、営業部で業務に励む菊夫。
一通り取材を終えたところで、
サクラは優秀と評判の百合にも
取材がしたいと申し込みます。
やりがいに満ちたコメントを出す百合に
感動したサクラでしたが、
取材が終わった途端に百合は本音を漏らします。
「寿退社した方がまし」
男社会のゼネコンにうんざりしていたのでした。
百合の携帯にメールが届きます。
それはクライアント先の年輩男性からの
しつこいくらいの食事の誘いでした。
クライアント先なので無下に断ることも出来ず、
百合はセクハラ防止のために桜に同行を頼みます。

その夜、百合と桜はクライアント先が待つ
高級レストランに行きます。
クライアントは百合が一人でないことに
不満を持ちますが、サクラはお構いなしに
美味しい食事に感動するのでした。
百合が席を外した時に、
百合と二人きりにして欲しいと頼まれたサクラでしたが、
忖度なしの発言にクライアントは怒ってしまい、
帰ってしまいます。
そのことに憤りを覚える百合は、
サクラのせいでクライアントが怒って帰り、
会社で問題になったらどうするとサクラを責めます。
いらいらしながら実家に帰った百合は
部下と共にカラオケでどんちゃん騒ぎをして
成金丸出しの父と
ホステスの様に甲斐甲斐しく世話をする母の姿にうんざりします。
さらに衝動買いで物が散らかった部屋に着くと
恋人会社らの返信を急がすメールにほとほとうんざりします。

会社でも家でも自分の居場所を見つけられない百合。
翌日の3月11日。
広報部長の葦田が百合を連れて人事部に押し掛けてきます。
サクラのせいで大切なクライアントを怒らせたと、
黒川を責め立てます。
黒川に促されたサクラが謝ろうとしたときに激しい揺れが襲いました。
その夜、家に帰れず、サクラの賃貸アパートに泊まった百合は
自分と違い、まっすぐに夢を追う桜の生き方を
眩しく思いながらもどこか暑苦しく感じてしまう・・。
女性として生き辛さを感じながら、
自分の居場所を探し続けて生きた百合は
会社から逃げるように
それほど愛していない彼との結婚を決めるのでした。

(引用元:公式サイトより)

※新しい情報が出ましたら随時更新いたします。

「令和元年版 怪談牡丹燈籠」NHKBSプレミアム10/6(日)午後10時より放送中!あらすじ・出演者随時更新中!

「G線上のあなたと私」TBS系列・10/15(火曜)午後10時より放送中!あらすじ・出演者随時更新中!

「4分間のマリーゴールド」TBS系列・10/11(金)午後10時より放送中!あらすじ・出演者随時更新中!

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。




Twitter

ページ上部へ戻る