4Kテレビ放送 実際に行った4K視聴作戦 どうすれば安く見れるのか?

 
4Kテレビ放送

スポンサーリンク
スポンサーリンク

4kテレビ放送、4K8Kのテレビ番組を見たいけど、必要なテレビや機材は?
まだまだ8Kテレビじたいが高額で、手が出ませんし、そもそも、4Kのテレビ番組を見るためには、どうすればよいのか、よくわかりませんよね。
2018年12月1日より正式に放送開始されますが、そんな4Kテレビ放送を見るために必要な物、不要な物、簡単に見る方法を、実際に私自身が試した方法を含めて、分かりやすく手短に解説したいと存じます。

4K放送受信

まず、4Kテレビ放送の電波を受信する方法は、大きく分けて2系統あります。
ケーブルテレビと、BSパラボラアンテナの2とおりです。

ケーブルテレビにて現在テレビを視聴なさっている場合には、ケーブルテレビ会社が4Kに対応すれば見れます。
詳しくは「ケーブルテレビで4K放送」にて解説させて頂いております。

下記では、ご自宅やマンションの屋根などに設置されているBSアンテナから4Kテレビ放送を見る方法としてご説明致します。

まず、4Kテレビ放送を見るためには、4K放送の電波を受信する装置・機材が必要です。



4Kアンテナ

すでに、BSアンテナを設置されている場合には、ちょっと古いBSアンテナですと、下記のような制約があります。

右旋円偏波だけのBSアンテナの場合、4K放送が受信できても、右旋円偏波で放送されているBS右旋の下記のテレビ放送しか受信できません。
・NHK-BS4K
・BS日テレ-4K※2019年9月1日(予定)より
・BS朝日-4K
・BSジャパン-4K
・BS-TBS-4K
・BSフジ-4K

なお、テレビ電波も周波数を増やせる余裕がないので、衛星から発信する電波を、左旋円偏波する方法で増やすことになり、BS左旋が適用されるのは下記のテレビ放送です。
・ショップチャンネル-4K
・4K-QVC
・ザ・シネマ4K
・NHK-BS8K
・WOWOW-4K※2020年12月1日(予定)
・110度CS放送

私が自宅に設置しているBS/CS110度アンテナは、3年前に購入したもので、わりと新しいのですが、それでも、右旋円偏波だけです。
よって、2018年12月1日放送開始予定の新4K8K衛星放送のチャンネルにて、NHK-BS8KなどBS左旋の放送も見る場合には、BSアンテナも最新型に買い替える必要性があります。
しかし、建物内のテレビ配線(屋内配線)や、増幅器(ブースター)や分配器などの宅内設備が、4Kに対応していないものであれば、これらも交換が必要となる可能性があります。
※まだ4Kでの視聴を始めていないため、分かり次第、記事内容を更新させて頂く予定です。

要するに、BS右旋による4K放送を見たいだけであれば、ほとんどの家庭や、共同受信しているマンションなどの集合住宅では、BSアンテナ変更しなくても、受信はできそうと言う事になります。
左旋の放送波を使用するチャンネルを含めて、すべての4Kチャンネルを受信したい場合には、4K対応のパラボラアンテナやブースターに交換する必要があります。

今までの家庭用アンテナ・ブースター機器は周波数が2600Mhzまでの帯域がほとんどでしたが、BS右旋は大丈夫です。
しかし、4K放送になると周波数は3200Mhzまでの帯域が必要になるため、古いブースターですと、BS左旋に対応していないのです。

新たにBSアンテナやブースターなどを購入する場合には「SHマーク」がついていると新4K8K対応と言う事になります。

次は、受信した4Kのチャンネル切り替え「チューナー」の部分の説明です。



4Kチューナーが必須

普通のテレビで毎日テレビ放送をご覧になっている分には、こんなことは気にしないと思いますが、テレビには映像を移す画面だけでなく、受信した電波を映像化したりチャンネル切り替えできる「チューナー」と言うものが内蔵されています。
例えば、パソコン用の液晶モニターには、テレビチューナーは必要ないので、入っていないとご説明すると、わかりやすいでしょうか?

これと同じで、テレビ視聴用の液晶テレビ、有機ELテレビにも、チューナーが入っているタイプと、入っていないタイプの2種類あります。
まあ、ほとんどにおいては、テレビの場合、チューナーが最初から入っていますが、4Kテレビに関しては「4K対応」とだけ記載があると、4Kチューナーが入っていない液晶テレビが多いです。
安い4Kテレビは、4K対応でも、4Kチューナーが入っていないので、注意が必要です。
4Kテレビに最初から4Kチューナーが入っているものは「4Kチューナー内蔵」と表記されています。

屋根の上などに衛星放送(BS)のアンテナを設置されている場合は、その設備にて4K放送を受信する方法です。

なお、2018年12月の4K放送開始時点では、地上波のテレビ放送は2K(フル・ハイビジョン=フルHD)のままですので、しばらくは、衛星からのテレビ電波が4Kになると言う事になります。

外付け4Kチューナー+現在のテレビ(2K=フルHD)で見る方法

現在お持ちのハイビジョンテレビ(2K)にて、画質は2Kのままで良いけど、4K放送のテレビ番組を見たいと言う方もおられるかと存じます。
繰り返しますが、放送は4Kでも、フルハイビジョン(4Kではない)テレビで、4K放送を見ることができるのか?、画質はHD(2K)で良いと言う場合の攻略法です。

もちろん、新しく外付け4Kチューナーは、購入が必要になります。
しかし、4Kのテレビデータを2Kテレビに映し出す際には、下記の点に注意する必要があります。

フルHDテレビへのダウンコンバート出力が、4Kチューナーにあるかどうか?

執筆時点で、4K放送を、HD画質にて出力してくれる4Kチューナーは下記しかありませんでした。


TT-4K100 東芝 4K放送対応チューナー レグザリンク対応

東芝の4Kチューナーですが、もちろん、東芝以外の液晶テレビにもHDMIにて接続可能です。
テレビ側では、入力1、入力2など、入力を切り替えて、視聴する形になります。

外付け4Kチューナー+4K対応テレビ(モニター)で見る方法

新4K衛星放送を4K画質で視聴するためには、4K対応テレビが「HDCP2.2」に対応している必要があります。
HDCP2.2と言うのは放送局側の著作権保護に対応していると言う事で、数年前に4K対応テレビを購入している場合、対応していない可能性があります。
ただし、HDCP2.2に対応していない4Kテレビは、各メーカーの救済処置で基盤を無償交換したり、ソフトをアップデートすることで対応してもらえることがありますので、ご確認願います。

もうひとつ、 新4K衛星放送をHDR(ハイダイナミックレンジ)で楽しむには、18Gbps対応のHIGH SPEED(カテゴリ2)HDMIケーブルが必要になります。

4Kチューナー内蔵液晶テレビ

なんだか、よくわからない場合には、素直に4Kチューナー内蔵型の4K液晶テレビを新しく買うのが手っ取り早いです。
各メーカー、少しずつ、ラインナップが増えてきています。
チューナーの説明部分に、必ず「BS/CS 4Kチューナー内蔵」と記載があるか、確認してください。
安いテレビには、4Kチューナーが入っていないことがあります。


4Kチューナー内蔵 液晶テレビ

なお、せっかく、4Kテレビを購入されるのであれば、チューナー部分だけでなく「HDR対応」だけは、チェックしたほうが良いです。
ダイナミックレンジがあげることで、映像の表現力が劇的に増します。
これが、8K解像度の場合には、精細なだけでなく、立体感も出るのです。

今後、プレステなどのゲーム機も4K対応ソフトになりますし、家庭用ビデオカメラでも4Kで撮影したものが、キレイに4Kテレビで見れると言う事になります。
YouTubeの動画も、4Kで撮影された動画が増えていますので、4K液晶テレビでユーチューブ動画を見たとしても、とても綺麗に視聴できてしまいます。
Blu-rayプレイヤーなどでも、HDR10方式に対応していると臨場感ある迫力映像になります。
と言う事で、HDR画質に対応している4Kテレビがお勧めです。

私の選択

ご参考までに、最終的に私が取った選択結果を明記しておきたいと存じます。
最初は、外付けチューナーでと考えましたが、東芝の4Kチューナーでも4万円くらいします。
そのため、4Kチューナー内蔵レコーダーを事実上のチューナー代わりにして、HDテレビで4K放送を視聴しようかと最初考えました。
4K画質で見たいと言うよりは、4Kテレビ放送のコンテンツ(番組)を視聴したいのです。
しかし、4Kチューナー内蔵のレコーダーは10万円前後でした。
まだ、高いですよね。
それでしたら、4Kチューナー内蔵テレビを購入して、別途、USBハードディスクを繋いで、録画したほうが、費用的にも少しの加算で4K画質で見ることもできると言う判断に至った次第です。
と言う事で、4Kテレビをアマゾンで注文させて頂きまして、2018年12月1日頃に届く予定となりました。
録画は、USBの外付けHDD(ハードディスク)で対応するとして、不要になった液晶テレビと、DVDレコーダーはヤフオクなどで売却することで、少しでも資金を回収する方法です。

地上波デジタルは4Kにいつなるのか?

地上波テレビ放送は、現在、ハイビジョン(2K)です。
しかし、結論から先に申し上げますと、地上波も4K放送になる見込みは立っていません。
技術的には、今すぐにでも地上波も4Kや8K放送にすることは可能です。
しかし、2Kから4Kになると言う事は、電波のデータ量も4倍になると言う事です。
となりますと、電波帯を4倍使用する必要性がありますが、電波の帯域に余裕がないので実現ができません。



衛星のBS-4K放送は、新しい圧縮方式HEVC(別名:H.265)で、データ量を4Kでも2Kと同じくらいにしているため、送信できます。
ただ、テレビ局側にて、新しく設備を更新する必要があり、地方のテレビ局まで、また新たな設備投資が必要になります。
NHKや大手民放各社はお金が出せても、地方の放送局はどこも経営が厳しいので対応が困難なのです。
もちろん、圧縮方式HEVCになると、受信するテレビ・チューナー側でも、HEVCからの変換に対応している必要性がありますので、地上波も4Kにすると、日本に住むほとんどの世帯でテレビ全部、買い替えが必要にもなります。
そのため、地上波が4K放送になる時期は未定と申しましょうか、なんとも言えません。

テレビ放送も技術的には16Kも可能なのですが、データ容量が膨大になってしまうため、送信・受信にて、現状しては限界があると言う事なのです。

以上、少しでも疑問解決になれば幸いです。

4Kテレビ放送視聴方法解説「ケーブルテレビの場合」簡単に視聴する方法
ハイセンス4KテレビをGoogleHome(スマートスピーカー)に繋げる設定方法
4Kテレビ放送「用語集」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク



 スポンサーリンク

Twitter

ページ上部へ戻る