マッサンで出征した森野一馬は無事に帰って来るのか? あらすじ


スポンサーリンク
スポンサーリンク

秀吉 豊臣秀吉じゃ~。
 皆の者、元気にしておったかの?

 さて、今回は「番外編」として、NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」が、だいぶクライマックスになってきおったからの、気になるあらすじを少し、ご紹介したいと思うぞ。

 イマイチ、森野一馬くんが出征した時期が良くわからなかったのじゃが、どうやら終戦の2年以上前に出征したようじゃな。

 ドラマでは余市に空襲がある場面があるそうじゃが、北海道にも空襲があったとは意外じゃった。
 調べてみると、アメリカ海軍第38任務部隊が、登別市沖合などに展開していたという。
 航空母艦はなんと13隻も所属していたそうじゃ。
 そして、グラマンやカーチスなどの艦載機が、北海道に無差別爆撃と機銃掃射を浴びせたと言う。
 青函連絡船は10隻も沈没したそうじゃ。

スポンサーリンク



 実際に昭和20年7月15日には、余市の水産試験場付近に爆弾が投下されて、機銃掃射も浴びたと言うぞ。
 幸いにも死傷者は出なかったと言うがの。

 そんな中、ついに森野一馬くんの戦死通知が届き、エリーの発案で「おかえりなさいの会」が開催されるようじゃ。
 そして、終戦を迎えるが、エリーの気持ちは複雑じゃったようだぞ。

 と言う事で、簡単じゃがの、いよいよ大詰めの「マッサン」のあらすじ、お分かり頂けたかの?
 もし、好評じゃったら、また記載するかも知れんぞ?

 と言う事で、皆の者、最後まで読んで頂き感謝申し上げるぞ。

 マッサンとエリーの実在人物についてはこちらにてご確認下され。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

ページ上部へ戻る