おんな城主直虎のあらすじ~第15話と第16話【NHK大河ドラマ2017】

大河ドラマ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年NHK大河ドラマ「おんな城主・直虎」のストーリー(あらすじ)の第15話と第16話です。
徳政令を求める農民と和解した井伊直虎でしたが、さらなる試練が訪れます。

スポンサーリンク



おんな城主・直虎~第15話のあらすじ

今川家より、虎松(井伊直正)の後見に小野政次を充てること、また徳政令を出すことなど、再三の命を無視する理由を述べに、駿府に来るようにとの命が届きます。
全身から血の気が引く井伊直虎ですが、行くしかなかろうと、小野政次に伝えます。

奥山六左衛門は、すっかり井伊直虎の立場にたつようになっており、病を理由に断ったほうが良い、影武者を立てようなど言いますが、直虎はもはや逃げ場はないと決意します。
しかし、中野直之は、すぐに後見を小野政次に譲るべきと今川寄りで、井伊直虎とも口喧嘩になってしまいます。

井伊家の守りを固められるのは、中野直之以外にはいないと判断した井伊直虎は、中野直之に託すと、龍潭寺傑山昊天ら僧侶を護衛につけて、駿府へと向かう手はずを整えました。

奥山六左衛門と母・祐椿尼にも、挨拶をして、井伊直虎は、寿桂尼が待つ駿府に歩き出すのです。

奥山親朝とは~奥山朝利と娘・しの【井伊家一族】奥山六左衛門と奥山孫一郎も
瀬戸方久と井伊谷徳政令とは?【おんな城主・直虎】
井伊直盛と祐椿尼【今川義元の家臣で井伊直虎の父】桶狭間での討死~おんな城主直虎
小野政直・小野政次・小野玄蕃・小野朝之【井伊家の重臣である小野家】
中野直由・中野三孝・中野直之・松下一定【井伊家の一族で家老職を務めた中野家】
昊天と傑山~龍潭寺の僧で南渓和尚の弟子の井伊家での活躍
「龍潭寺」みどころと南渓和尚と呼ばれた南渓瑞聞とは~井伊家発祥の井戸も大河ドラマで注目
寿桂尼~今川家の政務を行った駿河の女大名
今川氏真と言う武将の才覚~今川氏真に足りなかったものは?

おんな城主・直虎~第16話のあらすじ

直虎(柴咲コウさん)は、駿府から無事に井伊へ戻ります。
瀬戸方久(ムロツヨシさん)は、井伊家の財政を立て直すため、新たな産業として「木綿」の栽培をしようと提案します。
乗り気になった直虎は、さっそく瀬戸村の百姓・甚兵衛(山本學さん)に相談しますが、井伊領では深刻な人手不足と言う事で、木綿作りに手がまわる人材がいないことがわかります。
そのため、村々を探して人を見つけようとした直虎でしたが、ある日水浴びをする若い男(柳楽優弥さん)と運命的な出会いを果たします。

関口氏経とは~井伊家へ目付として送られた謎が多い今川家臣
井伊直虎とは~おんな城主になった訳と次郎法師のまとめ

第17話はこちらです。

井伊直虎 戦国武将甲冑護符ストラップ
戦国浪漫「戦国グッズ販売」好評通販

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

注目の情報

  1. 2017年の大河ドラマ「おんな城主直虎」の主人公で、柴咲コウさんが熱演する井伊直虎(いい-なおとら)…



 スポンサーリンク

Twitter

ページ上部へ戻る