おんな城主直虎のあらすじ~第48話と第49話【NHK大河ドラマ2017】

安土城

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年NHK大河ドラマ「おんな城主・直虎」ですが、新展開で益々見逃せません。
ストーリー(あらすじ)の第48回と第49回です。

スポンサーリンク



おんな城主・直虎~第48話のあらすじ

武田を滅ぼした織田信長は、帰り道に遠回りして、浜松城に立ち寄るとの知らせが徳川家にもたらされます。
徳川家康は、そそうが無いようにと、街道の道を広げ、途中には休憩所となる陣屋や神社を豪華に整備するなどし、大騒ぎとなります。

織田信長が浜松城に入ると、庭では相撲も取り組みされ、織田信長は徳川家の接待に大いに満足し、安土城に徳川家康だけでなく徳川家の重臣も招待することになります。

井伊谷では、明智光秀の子・自然(じねん)に、今川氏真が付き添っているのが龍潭寺で発見されます。
なんでも明智光秀は、家康ら一行の殺害を織田信長から命じられ、そのことを考えているうちに、織田信長も殺害することを思いついたと、今川氏真に明かしたと言います。
しかし、徳川勢がのこのこと安土にきては、織田信長殺害の策が成り立たないため、我が子を徳川家へと人質に出す訳だが、人目につかないところと言う事で井伊谷になったと言う事なのです。
その明智光秀からの仲介に応じた直虎は浜松城へと向かうのでした。

既に、明智光秀が人質を龍潭寺に送ったと知っていた徳川家康は、明智につくか、それとも織田信長にこの企みを知らせるか、悩んでいました。
そこを直虎は、今のうちに織田信長を亡き者にして、戦の無い世の中を徳川殿に築いてほしいと訴えるのでした。

井伊直虎とは~おんな城主になった訳と次郎法師のまとめ
井伊直政~井伊の赤鬼の異名を誇る徳川四天王
明智光秀とは?数奇なその生涯~本能寺の変と最後の地「明智藪」
本多忠勝~名槍が似合う戦国の豪将・徳川四天王としての生涯
酒井忠次~徳川四天王、徳川十六神将の筆頭格
「龍潭寺」みどころと南渓和尚と呼ばれた南渓瑞聞とは~井伊家発祥の井戸も大河ドラマで注目
井伊直虎ゆかりの地を楽しく観光~お勧めスポットベスト10【おんな城主・直虎】



おんな城主・直虎~第49話のあらすじ

1582年5月、徳川家の一行は安土城に入るころ、井伊直虎は京に滞在して、茶屋四郎次郎と面会していました。
井伊万千代から頼まれて、何か発生した際に、徳川家の一行を三河へと返すための手はずを整えるためです。
そのひとつの方法が、堺から船で知多半島へ逃れると言うことで、堺にいる中村屋と龍雲丸にもあたってみることにします。

明智光秀の策は、本能寺で行われる茶会の際に、討ち取るというものでしたが、そこに、備中・高松城の清水宗治に手こずっていると、羽柴秀吉からの援軍要請が届きます。
そのため、急きょ、明智光秀に急ぎ向かうようにとの命が下されました。
そして、徳川一行は、堺の見物をするようにと言う事で、堺に向かいます。
しかし、その間にも、徳川家のみなみなが襲撃されるようなことはなく、そもそも織田信長が徳川家康らを殺害しようとは考えていなかったのでとの憶測も成り立つようになりました。
そんなおり、本能寺の変で、織田信長と織田信忠が討たれたと知らせが届き、陸路、伊賀を越えて三河を目指す一行となりました。

安土城~それは織田信長が天下に示した最新のアトラクションだった
井伊直虎とは~おんな城主になった訳と次郎法師のまとめ
井伊直政~井伊の赤鬼の異名を誇る徳川四天王
明智光秀とは?数奇なその生涯~本能寺の変と最後の地「明智藪」
本多忠勝~名槍が似合う戦国の豪将・徳川四天王としての生涯
酒井忠次~徳川四天王、徳川十六神将の筆頭格
茶屋四郎次郎とは~京都の豪商で徳川家康を多方面にて支援
「龍潭寺」みどころと南渓和尚と呼ばれた南渓瑞聞とは~井伊家発祥の井戸も大河ドラマで注目
井伊直虎ゆかりの地を楽しく観光~お勧めスポットベスト10【おんな城主・直虎】

最終回はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Twitter

ページ上部へ戻る