「テセウスの船」TBS系列1月19日(日)午後9時より放映開始!あらすじ・出演者随時更新中!

 
テセウスの船

テセウスの船

「この謎に、涙する」

1989年⇔2020年。
時代を超えた父子の奇跡

平成元年に起きた謎の連続毒殺事件。
犯人は、父親なのか─!?
父が殺人事件を起こす直前の31年前に
タイムスリップ!タイムスリップした息子は
驚愕の真実に愕然とします!

(公式サイトより)

【テセウスの船】
テセウスの船は、ギリシャ神話をモチーフとした
パラドックス(逆説)の1つであり、
テセウスのパラドックスとも呼ばれています。
ある物体(オブジェクト)の全ての構成要素(部品)が
置き換えられたとき、
基本的に同じであると言える(同一性=アイデンティティ)のか、
という問題です。

(引用元:ウキペディアより)

【原作内容】
1989年6月24日、
北海道・音臼村の小学校で、
児童含む21人が毒殺されました。
逮捕されたのは、村の警察官だった佐野文吾。
28年後、佐野の息子・田村心は、
死刑判決を受けてなお一貫して
無罪を主張する父親に冤罪の可能性を感じ、
独自に調査を始めます。
事件現場を訪れた心は、
突如発生した濃霧に包まれ、
気付くと1989年にタイムスリップしていました。
時空を超えて「真実」と対峙する物語となっています。
(引用元:公式サイトより)

【放送日時・放送局】

【TBS系列】2020年1月19日(日曜)午後9時より

【制作スタッフ】(順不同・敬称略)

【原作】
東元俊哉
「テセウスの船」(講談社/モーニングKC)
【脚本】
高橋麻紀
【音楽】
菅野祐悟
【主題歌】
Uru
「あなたがいることで」
音楽プロデューサー:小林武史
【プロデューサー】
渡辺良介
八木亜未
【演出】
石井康晴
松木 彩
山室大輔
【製作】
大映テレビ
TBS

【主要キャスト】

(順不同・敬称略)
田村 心(たむらしん)⇒竹内涼真(たけうち りょうま)
<殺人犯の息子として31年間、息をひそめて生きてきました。>

佐野和子(さのかずこ)⇒榮倉奈々(えいくらなな)
<文吾の妻で心の母。明るく朗らかな肝っ玉母さん。>

車椅子の男(くるまいすのおとこ)⇒安藤政信(あんどうまさのぶ)
<鈴に寄り添う車いすのミステリアスな男性。>

田村 鈴(たむらすず)⇒貫地谷しほり(かんちやしほり)
<心の姉。
父を呪い、暗い人生を歩んできました。>

佐野 鈴(さのすず)⇒白鳥玉季(しらとり たまき)
<心の姉。明るく快活な女の子。>

佐々木 紀子(ささきのりこ)⇒芦名 星(あしな せい)
<メッキ工場でパート勤務をしています。
長谷川翼と婚約中。>

長谷川 翼(はせがわつばさ)⇒竜星 涼(りゅうせい りょう)
<村の新聞配達員。佐々木紀子と婚約中>

田中 正志(たなかまさし)⇒せいや(霜降り明星)
<父親の介護のために音臼村に通う青年。>

徳本 卓也(とくもとたくや)⇒今野浩喜(こんの ひろき)
<農業を営む口数が少ない男性。>

佐野 慎吾(さのしんご)⇒番家天嵩(ばんかてんた)
<心の兄。天真爛漫な男の子>
 
田村 由紀(たむらゆき)⇒上野樹里(うえのじゅり)(特別出演)
<心の妻。冤罪を主張する文吾を信じて欲しいと
心に助言します。>

金丸 茂雄(かねまるしげお)⇒ユースケ・サンタマリア
<辣腕刑事。心の正体を暴こうとします。>

刑事(もり)⇒加治将樹(かじまさき)
<金丸刑事の部下>

石坂英夫(いしざかひでお)⇒笹野高史(ささの たかし)
<音臼小学校の校長先生>

井沢 健次(いざわけんじ)⇒六平直政(むさか なおまさ)
<陽気な性格で村のまとめ役>

木村 さつき(きむらさつき)⇒麻生祐未(あそう ゆみ)
<音臼村の教師。
生徒からの信頼も厚い。>

佐野 文吾(さのぶんご)⇒鈴木亮平(すずきりょうへい)
<心の父親。
家族や村人に愛されている警察官でしたが、
殺人容疑で逮捕されてしまいます。>

(引用元:公式サイトより)

<第1回>
木村敏行(きむらとしゆき)⇒不破万作(ふわまんさく)
<雪崩にあって落命する運命だったが、間一髪で心に救われる>

<第2回>
田中義男(たなかよしお)⇒仲本工事(なかもとこうじ)
<音臼村の住人。家が火事になると言うので警護に当たる>



【あらすじ】

生まれる前に父である佐野文吾が殺人犯として
逮捕された田村心は、
母である佐野和子と姉兄と共に、
加害者家族として
世間からの厳しい視線を浴び、暗闇の中を生きてきました。
人目を気にして笑うことも許されなかった人生でした。
けれども、心の過去を受け入れ、
いつも励まし支えてくれる
最愛の妻である田村由紀から、
自分の父親を信じてみてと言われ、
心は父に向き合う決意をするのでした。

そんな時、父が逮捕された
事件の現場となった村を訪れた心は、
突然、事件直前の平成元年にタイムスリップします。
そして、心はそこで生まれて初めて
父親である文吾と
31年前の母である和子に出会います。
過去で出会った家族は
優しさと笑顔が溢れる愛すべき者たちでした。

父親の文吾はなぜ殺人犯になったのか? 
本当に事件の犯人なのか?
心は過去の世界で、
父親の文吾の起こす事件の謎を解明し、
事件を阻止して過去を変えようと立ち向かいます。

(引用元:公式サイトより)

【第1回その他の出演者】

未来・佐藤タダヤス
黒岩司・津村和幸
柴崎楓雅・あんな・湯本廸子
御守花凛・田澤泰輝・高木波瑠
平野貴大・宮本賢一・桜川博子・大浦理美恵
倉沢学・興津知忠・柳田麟・目黒太陽
笹木祐良・小林有希・小熊萌凛

【第1回感想】
あっという間に時間が過ぎていってしまいました。
文吾役の鈴木さんの眼光が鋭く、
「良い人」なはずがない得体の知れない人になっています。
かと思えば、体を張って女の子を助けようとしたり・・。
文吾には犯人であるか否かよりももっと別の何かが
隠されているような気がします。
心はそれを暴くことができるのでしょうか?
そして幸せな家族の時間を手にすることができるのでしょうか?
けれどもその時、妻と子供の時間はどうなる???
まだまだ迷宮の入り口にしかすぎません。

個人的には榮倉奈々さんの老け役にビックリです!!

【第2回あらすじ】

平成元年にタイムスリップした田村心は、
木村さつきの計らいで事件が起きる
音臼小学校の臨時教員として働くことになりました。
そして、心は父である文吾と
村で起こる事件を阻止していくことで
父が逮捕される過去を変えようと決意するのでした。
由紀の事件ノートによると
3日後に田中義男の家が火事になるのです。
田中家の警戒に向かうと、
そこで気味の悪い少女二人の絵が描かれたノートを発見します。
これも音臼小事件に関連しているのでは…
という心の不安は的中し、
鈴が行方不明になったと村は大騒ぎになります。
想定外の事件に心は動揺し、
父親の文吾との仲に亀裂が入ります…。

(引用元:公式サイトより)

【ドラマ放送前の独り言】

原作は存じ上げませんでした。
出演される方々が豪華で、
鈴木亮平さんは「西郷どん」以来のドラマ出演となります。
上野樹里さんも女医役が記憶に新しいです。
竹内涼真さんは満を持しての主演となりますね。

題名から、ふと「JINー仁」を思い出しました。
過去にタイムスリップしたことで未来が変わっていく・・。
けれども根本は変わらない。
枝分かれの未来。
様々な選択肢がある未来。
1回見過ごしてしまうと
訳が分からなくなってしまうような
SFタッチのサスペンスですかね。
疱瘡を楽しみにしています。

※新しい情報など出ましたら随時更新する予定です。

「恋はつづくよどこまでも」TBS系列1月14日(火)午後10時より放映開始!あらすじ・出演者随時更新中!

「伝説のお母さん」NHK総合テレビより2月1日(土曜)午後11時30分より放映開始!あらすじ・出演者随時更新予定!

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。




Twitter

ページ上部へ戻る