おんな城主直虎のあらすじ~第42話と第43話【NHK大河ドラマ2017】

浜松城

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年NHK大河ドラマ「おんな城主・直虎」ですが、新展開で益々見逃せません。
ストーリー(あらすじ)の第42話と第43話です。

スポンサーリンク



おんな城主・直虎~第42話のあらすじ

浜松城に残って留守を守っている井伊万千代らをよそ目に、長篠では大量の木材を使用して「馬防柵」(ばぼうさく)が造営されていました。
徳川が武田に勝てないのは、武田と同じ戦い方をしているかだと考えた、織田信長は、大量の鉄砲も使用すると計画を明かします。

やることが少ない万千代らは、暇な時間を使って、草履を保管する棚の改良を始め、留守居で取り返すことを思いつきます。
そんな暇を見計らってか、小姓頭の小五郎が武具の手入れをするようにと仕事を押し付けてきても、完璧にしてやると引き受けるのです。
※小五郎は酒井忠次の嫡男・酒井家次の設定。

鉄砲を駆使した長篠の戦で、武田勝頼は大敗を喫しました。
そして、武田の諸城を攻めるのに、追加で武具が必要だと言う事になり、小五郎が自分がきちんと用意しておきましたと手柄を訴えます。
そのため、井伊万千代が、それは自分がやったと言っても「潰れた家が、ウソをつくな」と言う話となり、悔しさをにじませます。

本多正信はそんな井伊万千代を見て「向こうが重臣の家格を強みとするのであれば、こっちは潰れた家を強みとすればよい」とアドバイスします。
さすが、潰れた家だと言わせるようにすれば良いというのです。
その言葉が胸にしみた井伊万千代は、わずかに残った槍の手入れを行いました。

徳川勢が浜松城に戻り、酒宴が行われると、榊原康政がやってきて、寝所の殿が呼んでいると伝えます。
井伊万千代は、男色と勘違いしましたが、寝所を訪れると、あの槍と弓を整えたのは、そちらか?と尋ねられました。
なんでも、いつもより綺麗に準備されていたので、小姓頭・小五郎せの作業ではないと見抜いていたのです。
そうです。
徳川家康は、日頃の行いを見ていたのです。
明日からは小姓として仕えよとの達しがでた瞬間でした。

本多正信~智謀を振るった徳川家の名参謀
本多忠勝~名槍が似合う戦国の豪将・徳川四天王としての生涯
榊原康政とは~武勇と知勇を馳せた徳川家の重臣
石川数正~徳川家康の家老職を捨て、豊臣秀吉に寝返った智将
大久保忠世~無骨一辺倒である蟹江七本槍の徳川重臣
小五郎は酒井家次~古参の譜代名門で徳川四天王筆頭の子
井伊直虎とは~おんな城主になった訳と次郎法師のまとめ
井伊直政~井伊の赤鬼の異名を誇る徳川四天王
中野直由・中野三孝・中野直之・松下一定【井伊家の一族で家老職を務めた中野家】
奥奥山六左衛門と「しの」の奥山家とは
松下常慶とは~謎の山伏も井伊家復興に大きく貢献する
松下源太郎とは~井伊直政の母が再嫁した松下清景と井伊家の関係
昊天と傑山~龍潭寺の僧で南渓和尚の弟子の井伊家での活躍
「龍潭寺」みどころと南渓和尚と呼ばれた南渓瑞聞とは~井伊家発祥の井戸も大河ドラマで注目
瀬戸方久と井伊谷徳政令とは?【おんな城主・直虎】
浜松城(引馬城、曳馬城、引間城)の観光攻略&訪問記・写真集
井伊直虎ゆかりの地を楽しく観光~お勧めスポットベスト10【おんな城主・直虎】



おんな城主・直虎~第43話のあらすじ

小姓となった井伊万千代と小野万福の初仕事は、恩賞を受けるため浜松城に来た、武将らの世話でした。
しかし、ノブ(本多正信)が、たくさんの来客に、てんてこ舞いとなっており、井伊万千代は、客人に頭を下げ、紙に名前を書いてもらえるよう、頼んで回るなどし、ここでも能力を発揮します。

ただし、いざ、徳川家康の身の回りの世話をする小姓役となっても、すでに、他の小姓がそれぞれの役割を担っており、自分たちがやる仕事がありません。
それだったら、仕事を自ら作り出そうと、井伊万千代は考えました。
徳川家康に疲労回復の「薬」を差し上げる役目をしようと試みて、まずは家康のそばにいれるようにしようとしたのです。
すると、徳川家康は、手柄を立てた武将記録を見て、どのように比較すればよいのか、悩んでいました。
そこで、井伊万千代は「私が一覧表にしましょう」と申し上げて、見事、仕事を得たのでした。
また、常に「薬」を殿に差し上げる仕事をしたいと考え、井伊谷の龍潭寺から仕入れることにしますが、お金は出せないので、一計を講じます。

井伊谷は木を切りすぎて、山が崩れるなどしていたため、徳川家は工事の指揮を頼まれており、松下常慶は、絵がうまい井伊万千代に依頼しました。
この絵図を作る代わりに、万千代は薬を送ってもらうのです。

徳川家康は、諏訪原城今川氏真に与えようて考えていたこともあり、岡崎衆の他の武将らとの恩賞支給予定で釣り合いが取れないことを悩んでいました。
そして、薬を持ってきた井伊万千代に「そなたなら、どのようにするか?」と、恩賞の分配について意見を聞き、万千代は岡崎城に一度行って、様子を探ってくる役目を申し受けるのです。
こうして岡崎城にて、松平信康(徳川信康)に面会し、心の内を聞くのでした。

諏訪原城(諏訪之原城、牧野城)の歴史と諏訪原城の戦い
松平信康と徳姫~小田原・万松院にある松平信康の供養塔
本多正信~智謀を振るった徳川家の名参謀
小五郎は酒井家次~古参の譜代名門で徳川四天王筆頭の子
井伊直虎とは~おんな城主になった訳と次郎法師のまとめ
井伊直政~井伊の赤鬼の異名を誇る徳川四天王
松下常慶とは~謎の山伏も井伊家復興に大きく貢献する
松下源太郎とは~井伊直政の母が再嫁した松下清景と井伊家の関係
昊天と傑山~龍潭寺の僧で南渓和尚の弟子の井伊家での活躍
「龍潭寺」みどころと南渓和尚と呼ばれた南渓瑞聞とは~井伊家発祥の井戸も大河ドラマで注目
瀬戸方久と井伊谷徳政令とは?【おんな城主・直虎】
岡崎城とは~徳川家康誕生の城を一度は見よう・駐車場情報など
井伊直虎ゆかりの地を楽しく観光~お勧めスポットベスト10【おんな城主・直虎】

第44話と第45話はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Twitter

ページ上部へ戻る