西郷どんの展開とあらすじ第1回・第2回【2018年大河ドラマ】

西郷どん

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年NHK大河ドラマ「西郷ドン」(せごどん)で放送される予定のあらすじ・ストーリー展開です。
今回は第1回(第1話)と第2回(第2話)のストーリー(あらすじ)となります。

スポンサーリンク



西郷どん~第1話のあらすじ

2018年1月7日(日)放送開始分です。

第1回は物語は明治31年、上野に西郷隆盛の銅像が設置されたその「除幕式」から始まります。
西郷隆盛の3番目の妻・西郷糸が「あれは旦那様ではない」と言います。
そして、時代はさかのぼり、西郷隆盛の少年期の頃に話に入ります。

西郷隆盛(西郷小吉)の父は西郷吉兵衛で薩摩藩士ですが、城下士では下から2番目と言う低い身分で、生活は苦しい家柄でした。
母は満佐(まさ)と言い、7人の子供を産んでいます。

12歳の西郷小吉(西郷隆盛)は、3歳年上の年長者である有馬新七、そして2歳年下の大久保正助(大久保利通)や、村田新八郷中の少年らは、島津家の別邸「磯の御殿」に忍びこみます。
そこでは「天狗」が大砲の火薬の実験を行っていました。

西郷小吉は捕まった村田新八を見放して逃げようとしました。
そのことを天狗から咎められ「弱い者の身になれないやつは、弱い者以下のクズだ」と非難され、以後、西郷隆盛の心に残るようになりました。
なお、ここで見たことは誰にも言うなと言われ、口止め料のカステラをもらって帰ります。

そして、関が原の戦いでの島津義弘の武勇を称える妙円寺へのお祭りの日、郷中ごとの一番乗りの競争で、足の早い「イトウ」が1位となり下加治屋町が制します。
実は、このイトウは女の子の「糸」(岩山糸)で、みんなビックリします。
そんなところに、島津久光がやってくると、その近くに控えている藩士に、先の磯の御殿で見た「天狗」がいたのです。
その天狗は、世継ぎの島津斉彬で、その場にいた赤山靱負も「江戸にいるはずなのに」と驚くのでした。

そして、島津斉彬は西郷小吉の前で「お前たちのような者は、頼もしく思う」と述べたので、もう、加治屋町では「誉れ高いお世継ぎ様から直々に言葉をかけられた」と西郷家に近所の人も集まると言うお祝いモードになりました。

しかし、おなごが郷中にも入れず、悔しいと言う、岩山糸の気持ちを考えた、西郷小吉は、翌日には「女装」してみるのです。
そして、女の子になってみて、学問も剣術も習えない差に疑問を感じたのでした。

なお、先日の妙円寺のときに負けた尾田栄作らが西郷小吉を遅います。
西郷小吉は右肩に大怪我をおい、もう、剣も持てない体になってしまいました。

尾田栄作の父は、西郷家に詫びに来て、息子の尾田栄作に、ここで腹を切って詫びろと言います。
しかし、相手は上級藩士でもあり、西郷小吉の父・西郷吉兵衛も逆に謝るのはこっちだと、理不尽にも謝るじたいとなりました。

もう、武士としては活躍できなった西郷小吉でしたが、狩りに行く島津斉彬を見つけて追いかけ、事の子細を話します。
すると、島津斉彬は、驚くべきことを言いました。
「刀」の世はいずれ終わるから、弱き民の助ける、真の強い侍になれと、声をかけられたのです。

それから、ほどなくして、カステラを包んでいた外国語の意味がわかりました。
赤山靭負の屋敷にて世界地図を見せてもらうと、小さな島の下の方に、同じ外国語が記載されていたのです。
世界はこんなに広いけれども、世界は鹿児島も見ている・・。
西郷小吉は希望に燃えて、未来へと走っていくのです。

上野の西郷どんに会いに行こう~西郷隆盛の銅像が見すえる東京
西郷隆盛 【西郷吉之助】詳細版~薩摩藩が排出した幕末の英雄
仙巌園(磯の御殿)のみどころ ~世界遺産にも選ばれた仙巌園の素晴らしい庭園など
西郷隆盛の家族や両親兄弟など「西郷家」の一覧リスト【西郷どん】
西郷隆盛の魅力や人気の秘密は?なぜみんなから慕われるのか?
有馬新七と寺田屋事件とは~強硬に尊王攘夷を実現しようと
大久保利通(大久保正助、大久保一蔵)~詳細版~日本史上最高の政治家
西郷吉兵衛と西郷満佐子とは~西郷隆盛の父と母と使用人の熊吉も
有村俊斎の幕末~大きな出世にはならなかった海江田信義の生涯とは
島津斉興と自身の長男である島津斉彬との確執をわかりやすく
大山格之助【大山綱良】薩長同盟に調印した薩摩藩士
赤山靭負と島津久徴が目指した島津斉彬の擁立とお由羅騒動との関係
島津久光(島津忠教)とは 薩摩藩の実権を握り維新へと功績を残す
島津斉彬とは~西郷隆盛・大久保利通、そして島津久光と薩摩藩での関係
黒木華さんプロフィールと経歴「銀熊賞」も受賞している実力派
西郷隆盛ゆかりの地を効率よく巡る方法と見どころ紹介~鹿児島編
ロケ地情報(地図あり)「西郷どん」2018年NHK大河ドラマ

西郷どん、初回放送の平均視聴率(ビデオリサーチ調べ)は、関東15.4%、関西で19.8%、BSプレミアム4.9%、鹿児島34.9%。

参考として過去の大河ドラマの初回番組平均世帯視聴率/初回~最終回の平均視聴率は下記の通り。
※すべて関東地区

2018年『西郷どん』 15.4%
2017年『おんな城主 直虎』 16.9%/12.8% 
2016年『真田丸』 19.9%/16.6%
2015年『花燃ゆ』 16.7%/12.0%
2014年『軍師官兵衛』 18.9%/15.8%
2013年『八重の桜』 21.4%/14.6%
2012年『平清盛』 17.3%/12.0%
2011年『江・姫たちの戦国』21.7%/17.7%
2010年『龍馬伝』 23.2%/18.7%
2009年『天地人』 24.7%/21.2%
2008年『篤姫』 20.3%/24.5%
2007年『風林火山』 21.0%/18.7%
2006年『功名が辻』 19.8%/20.9%
2005年『義経』 24.2%/19.5%
2004年『新選組!』 26.3%/17.4%



第2話のあらすじ

2018年1月14日(日)放送開始分です。
1846年秋、西郷小吉は18歳となり、元服して西郷吉之助と名前を変えます。
そして、薩摩藩では郡方書役助(こおりかた-かきやくたすけ)と言う、年貢徴収を担当する上司・井之上を補佐するのが仕事となりました。

この年は不作で、農民・平六の娘、ふきが、借金取りに連れて行かれそうになるのを、西郷吉之助は有り金をすべて渡して助けます。
そして、お腹をすかしている、ふきらに、自分の弁当もあげました。
しかし、自分の給料もこのように農民のために使ってしまった西郷吉之助は、自宅に帰ると父・西郷吉兵衛から当然、叱られます。
西郷家も貧しく生活は苦しいのです。

仲間の大久保正助は、優秀な能力を認められて、記録所書役助と言う役目になり、西郷どんは、我がことのように喜びます。
その頃、磯の別邸では、島津斉彬が父・島津斉興に大規模な軍事訓練をしたいと申し出ていました。
しかし、藩政改革の巧者である調所広郷からも反対されます。

その夜、大久保正助の就任祝いを行っている西郷家に赤山靱負もお祝いに駆けつけてくれました。
その赤山靱負は、下女として少女になった岩山糸を伴っていました。

そして、次の年貢の取り立ての際に、農民の窮状をなんとかしたい西郷吉之助は、思い切って、調所広郷に対し、毎年一定の年貢を取るのではなく、米の取れ高に応じて年貢の両を決めるべきだと提案します。
そんなことをすれば、今よりも賄賂が横行すると言う調所広郷の見解に、西郷は今でも不正金があると反対意見を述べます。
しかし、多少の不正があっても、年貢の取り立てがうまくいくのが、薩摩藩のためだと調所広郷は改めて諭しますが、西郷は納得いきません。
「そこまで言うならやってみればよい」
調所広郷の許可を得て、迫村にて西郷隆盛は、これで年貢が楽になるだろうと、平六らに説明します。
しかし、農民らはあまり良い顔をしません・・。
一定の料ではなく、それぞれの田んぼにて収穫した量から、割合を決めていこうと現地に赴くと、藩には申告していない「隠し田」があったのです。
そして、農民らは、どうか、以前と同じように一定の量だけ納めたいと、西郷に懇願するのでした。
調所広郷は、そんなことをしても、うまくいくはずがないと、わかっていたのを悟り、西郷吉之助は愕然とします。

鶴丸城では、島津久光が藩主名代に指名されたことから、島津斉彬は父を隠居させようと幕府に訴え出ることを決意します。

途方に暮れた西郷吉之助は、赤山靱負に出会うと、島津斉彬は明日、江戸へ出発するから百姓を救ってもらえるよう意見書を書いてみてはどうかと提案します。
そして、翌朝、その書状を届けようとすると、岩山糸が走ってきて、平六の娘・ふきが、売られてしまうと助けを求めてきました。
そのため、西郷吉之助は島津斉彬へ届けるのは諦めて、ふきを助けに向かいします。
しかし、どうしようもなく、ふきが売られていくのを救えず、西郷は悔し涙を流すのでした。

第3回以降は下記より。

西郷どん「来週のあらすじ」第3話・第4話・第5話
西郷どんの展開とあらすじ(予想)最終回(第50回)



西郷どんの出演者キャスト速報【NHK大河ドラマ2018年
西郷隆盛の家族や両親兄弟など「西郷家」の一覧リスト【西郷どん】
郷中教育とは~相撲から剣術稽古など行い日頃より鍛錬した教育制度
仙巌園(磯の御殿)のみどころ ~世界遺産にも選ばれた仙巌園の素晴らしい庭園など
磯田屋で西郷吉之助と再開する「ふき」や「タマ」役の柿原りんかさん、高梨臨さん、田中道子さん
西郷菊次郎~西南戦争にて右足負傷で切断するも京都市長などを歴任
西郷吉兵衛と西郷満佐子とは~西郷隆盛の父と母と使用人の熊吉も
御年寄「幾島」とは~篤姫に仕えて大奥に入った薩摩の女性
側室「喜久」は島津斉彬の寵愛を受けていた伊集院須磨か?
西郷琴とは~西郷隆盛の妹で西郷家の長女である西郷コト・市来琴の生涯
お由羅騒動とお由羅の方を簡単にわかりやすく解説
愛加那と西郷菊次郎・菊草~西郷隆盛が奄美大島で愛した家族のその後
奄美大島にある西郷隆盛の史跡~西郷松と西郷南洲謫居跡への行き方
岩山糸~西郷糸子とは 西郷隆盛3番目の妻の生涯~武町屋敷跡と南洲野屋敷跡
二階堂ふみさんプロフィールと経歴「演技力はすごい」
黒木華さんプロフィールと経歴「銀熊賞」も受賞している実力派
東京にある西郷隆盛と勝海舟の関連史跡10選~便利な行き方や地図も

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Twitter

ページ上部へ戻る