「MIU404」TBS系列4月金曜日午後10時より放送開始!初回は15分拡大!あらすじ・出演者随時予定!

MIU404





【MIU404】


「MIU404」(ミュウ ヨンマルヨン)

「唯一の武器は機動力。誰よりも早く、犯人を追え!」

(引用元:公式サイトより)

一話完結のオリジナルドラマとなります。
脚本を担当されるのは
「掟上今日子の備忘録」(2015年)、
「逃げるは恥だが役に立つ」(2016年)、
「アンナチュラル」(2018年)、
「獣になれない私たち」(2018年)、
「フェイクニュース」(2018年)
などを手掛けた野木亜紀子氏です。
はい、上記のドラマ、全て見ていました!!

【タイトルの【MIU404】とは?】
【MIU】とは、
Mobile Investigative Unit(機動捜査隊)の頭文字であり、
【404】とは綾野剛さんと星野源さんが演じる
機動捜査隊員の二人を指すコールサインということです。

【概要】
警視庁には現在3つの機動捜査隊が存在しています。
この作品は、
警視庁の働き方改革の一環で作られたという
架空の設定の臨時部隊
「警視庁刑事部・第4機動捜査隊」が舞台となります。
主人公の2人はその第4機捜に所属し、
第1〜3機捜のヘルプ、
捜査1課などの各部署のヘルプも行うことになります。
普段は覆面パトカーで地域をパトロールし、
110番通報があれば事件現場に急行し、
迅速に初動捜査を行います。
勤務は24時間制で、次の当番勤務は4日後、
というシフトです。
初動捜査で事件が解決できない場合は
専門の課に捜査を引き継ぎ、
継続捜査は行いません。
つまり、街中で勃発する各事案に対し、
24時間でできうる限り対処するのが彼らの仕事となるのです。

【放送日時・放送局】

【TBS系列】2020年4月10日(金)午後10時より放送開始予定
⇒放送開始日が延期となりました。
新しい情報が出次第、随時更新いたします。

【制作スタッフ】(順不同・敬称略)

【原作】
野木亜紀子氏によるオリジナル脚本

【脚本】
野木亜紀子

【編成】

【音楽】
得田真裕

【主題歌】
米津玄師
「感電」

【プロデューサー】
新井順子

【演出】
塚原あゆ子

【製作】
TBS

【主要キャスト】

(順不同・敬称略)
伊吹藍(いぶき あい)⇒綾野剛(あやのごう)
<警視庁刑事部・第4機動捜査隊所属の隊員。
機動力と運動神経はお墨付き、
しかし刑事としての常識に欠ける。
考えるより先に身体が動く「野生バカ」。>

志摩一未(しま かずみ)⇒星野源(ほしのげん)
<警視庁刑事部・第4機動捜査隊所属の隊員。
常に先を見通せる抜群の観察眼を誇る。
が、他人そして自分も信用しない節あり。
伊吹とバディを組む。>

九重世人(ここのえ よひと)⇒岡田健史(おかだけんし)
<警視庁刑事部・第4機動捜査隊所属の隊員。
警察庁幹部を父に持つキャリア出身者。
何事も上手くこなす自信から少し上から目線。>

陣馬耕平(じんば こうへい)⇒橋本じゅん(はしもとじゅん)
<警視庁刑事部・第4機動捜査隊所属の隊員。
キャリアやエリートが苦手。
面倒を見るために九重とバディを組む。>

特派員REC(とくはいんレック)⇒渡邊圭祐(わたなべけいすけ)
<WEB動画チャンネルの運営者。
興味のあるネタを妄想を交えて配信。
やがて第4機動捜査隊のことを知り、深く関わるようになる。>

糸巻貴志(いとまき たかし)⇒金井勇太(かないゆうた)
<警視庁刑事部・第1機動捜査隊所属の隊員。
防犯カメラの解析やSNSのリアルタイムによる監視を行っている。>

我孫子豆治(あびこ とうじ)⇒生瀬勝久(なませかつひさ)
<警視庁刑事部のトップ。
第4機動捜査隊の設立を認可した重要人物。>

桔梗ゆづる(ききょう ゆづる)⇒麻生久美子(あそうくみこ)
<機動捜査隊隊長。
捜査一課から警察署長を経て、
女性初の機動捜査隊隊長に就任。>

(引用元:公式サイトより)



<第1話ゲスト>
平野文(ひらのふみ)
<第1話で巻き起こる事件のキーパーソン>

【あらすじ】

警視庁の働き方改革の一環で、
刑事部・機動捜査隊(通称:機捜)の部隊が
3部制から4部制に変更となりました。
臨時部隊として新設された
「第4機捜」の隊員として
招集された志摩一未でしたが、
とある人事トラブルから
バディとなる隊員が見つからないという
事態になってしまいます。
やむを得ず、候補段階で落としていた
奥多摩の交番勤務員であった
伊吹藍を招集し、
バディを組むよう命じられるのでした。
伊吹がどんな人物なのか、
不安になった志摩は情報収集をしますが、
「とにかく足が速い」というだけで、
短期間で次々と部署を異動していたり、
かつての同僚刑事たちが
「彼については話したくない」
「二度と顔を見たくない」といい、
調べれば調べるほど不安になるのでした。
そして、ついに迎えた第4機捜任務初日。
初対面の伊吹は意外にも礼儀正しく、
好印象を抱く志摩でしたが!?

(引用元・公式サイトより)

【放送前の独り言】

野木亜紀子さんが脚本をされたドラマは
よく見ていました。
中でも印象深いのは
「掟上今日子の備忘録」です。
あの続編またやって欲しいと願うばかりです。
「時効警察」の麻生さん、
思わず配属異動で大出世??
そしてキャラ変更?かと妄想したり、
主人公の一人の伊吹が勤務していた
「奥多摩」では、もしやあの「駐在刑事」で
江波さんと一緒に勤務していたのでは??
とまたまた妄想してしまいます。
始まる前から、あり得ないはずの「スピオフ」を
あれこれを想像してました。
ひょっとしたら、
今後放送中に、
過去に放送された刑事ドラマのオマージュとして
色々出てくるかもしれませんね。
密かな楽しみ方が増えそうです。
放送日を待ちましょう。

※新しい情報など判明しましたら、
随時更新いたします。

「私の家政夫ナギサさん」TBS系列4月火曜日午後10時より放送開始!あらすじ・出演者随時予定!

エール キャスト・出演者一覧リスト
ハケンの品格 出演者・キャストの一覧リスト
半沢直樹2 出演者・キャスト一覧リスト
麒麟がくる キャスト・出演者一覧リスト

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



Twitter

ページ上部へ戻る